2020年11月10日、ホンダは欧州で2021年モデルを一挙に7台も発表しました。合わせてこれまで発表されてきたホンダの新型車を紹介します!

怒涛のニューモデルラッシュ! ホンダの勢いが止まらない!

例年9月から11月は、欧米やアジアで大々的なショーイベントが開催されるニューモデルの季節。今年は残念ながら新型コロナウイルス感染症の影響により、軒並み中止に。

でも、メーカーは世界中のライダーたちをワクワクさせる2021年モデルをちゃんと用意しています。「いつ何が発表されるか分からない」という点においては、この秋から冬、常にドキドキ感がありますね。

さて、ホンダが今年最大ともいっていい大々的な発表を11月10日に欧州で行ないました。

なんと7機種をオンラインで同時公開!

画像: 怒涛のニューモデルラッシュ! ホンダの勢いが止まらない!

2020年11月10日に発表されたのは、下記の機種となります。

【写真左から】
 
・SH MODE 125
 
・SH350i
 
・PCX125
 
・X-ADV
 
・NC750X
 
・CB1000R
 
・CB125R

いずれも2021年モデルとして大きな進化を遂げています。

スクーターのSHシリーズは、日本の正規ラインアップとして現行モデルがありませんが、そのほかは馴染み深いモデルばかりで、2021年中の国内販売も大いに期待できます。

2021年は、欧州の新たな排ガス規制EURO5が施行されるため、各社のラインアップが大きく変わる時代の節目。この機に消えゆくモデルもあれば、新たに誕生するモデルも。そして、排ガス規制に負けじとモデルチェンジを果たす機種もあります。

今回の7台はもちろんすべてEURO5に対応。しかもパワーを上げて、電子制御装備を盛り込むなど、大きく進化した機種も多くなっています。

ホンダが11月10日に発表した2021年新型車7機種の紹介

それぞれの機種に関しては個別の記事でご覧ください。

SH MODE 125

SH350i

PCX125

X-ADV

NC750X

CB1000R

CB125R

ホンダが2020年9月~10月に発表した2021年ニューモデル

上記の7機種以外に、9月から10月にかけてもホンダは大注目のニューモデルを各地で発表してきました。日本で販売される可能性が高そうなものと、すでに販売が確定しているものをまとめましたので、合わせてご覧ください!

CRF250L

CRF250ラリー

ハイネス CB350

MSX125 GROM

フォルツァ750

ADV150

CBR650R/CB650R

CRF1100Lアフリカツイン

まとめ:西野鉄兵

This article is a sponsored article by
''.