2020年11月10日、ホンダが欧州で新型モデル7機種を一挙に発表しました。ここでは大型ATアドベンチャーモデルの新型X-ADVを紹介します!

多彩なライディングモードを搭載した「X-ADV」の2021年モデル

X-ADVは2016年に初代が欧州で発表され、日本国内では2017年4月に発売された大型アドベンチャーモデル。クラッチ操作不要のDCTエンジンを採用したATモデルとして登場。これまでの大型スクーターとは一線を画す冒険的なスタイリングで注目を浴びました。

画像: Honda X-ADV 現行型・国内仕様車

Honda X-ADV 現行型・国内仕様車

その後、2018年にはトルクコントロールを搭載するなど、装備仕様を充実させてマイナーチェンジ。今回発表された2021年モデルは、シリーズ2度目のモデルチェンジといえます。

画像: Honda X-ADV (2021年モデル・欧州仕様車)

Honda X-ADV (2021年モデル・欧州仕様車)

画像1: 多彩なライディングモードを搭載した「X-ADV」の2021年モデル

エンジンがパワーアップ

総排気量は745cc。エンジン形式は水冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒。これ自体は従来型と変更はありません。

しかし、新たな排ガス規制EURO5に対応するため、バルブタイミングと吸気・排気効率を改善。これにより最高出力が3kW(約4PS)向上。合わせて最高出力発生回転数が6250rpmから6750rpmに上昇しました。

画像2: 多彩なライディングモードを搭載した「X-ADV」の2021年モデル

電子制御システムが充実

新たにスロットルバイワイヤが採用されました。

そして、ライディングモードを初搭載! モードは、「スタンダード」「スポーツ」「レイン」「グラベル」の4種と、好みの設定を行なえる「ユーザー」の計5種。

モードの切り替えにより、エンジン出力、エンジンブレーキ、トラクションコントロール、ABS介入度を変更することができます。

CRF1100Lアフリカツインなど新型アドベンチャーモデルが搭載する、緻密な設定変更ができるようになったというわけです。

メーターは、5インチのTFT液晶ディスプレイを採用。スマートフォンとBluetoothで連携できるトレンドの機能も備えています。また、もともと備わっていたDCソケットはUSBタイプに変更されました。キーはこれまで同様にスマートキーとなっています。

画像3: 多彩なライディングモードを搭載した「X-ADV」の2021年モデル

スタイリングはスリムに

X-ADVのデザインはもともとイタリアのホンダR&Dによって考案されたもの。今回のモデルチェンジでは、よりシャープでスリムなスタイリングとなりました。ボディパネルは再設計されたとのことです。

さらにフェイスデザインは大きく変更! LEDヘッドライトもより視認性を向上させた新しいものになりました。灯火類はすべてLEDが採用されています。

ダイヤモンドフレームは1kgの軽量化に成功。タイヤは、前17・後15インチとサイズに変更はなく、パターンも軽いオフロード走行を想定したもので、従来型同様スポークホイールが採用されています。

画像4: 多彩なライディングモードを搭載した「X-ADV」の2021年モデル

ホンダ「X-ADV」(2021年モデル・欧州仕様車)カラーバリエーション

カラーは同時に4色発表されました。

グランプリレッド

画像1: ホンダ「X-ADV」(2021年モデル・欧州仕様車)カラーバリエーション

グラファイトブラック

画像2: ホンダ「X-ADV」(2021年モデル・欧州仕様車)カラーバリエーション

マットベータシルバーメタリック

画像3: ホンダ「X-ADV」(2021年モデル・欧州仕様車)カラーバリエーション

パールマッドグレー

画像4: ホンダ「X-ADV」(2021年モデル・欧州仕様車)カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

あなたが一番好きなカラーはどの色ですか? 投票後、集計結果をご覧いただけます!

  • 画像1: 【2021速報】ホンダが新型「X-ADV」を発表! 電子制御装備を満載しラグジュアリーさを増した大型ATアドベンチャー
    グランプリレッド
  • 画像2: 【2021速報】ホンダが新型「X-ADV」を発表! 電子制御装備を満載しラグジュアリーさを増した大型ATアドベンチャー
    グラファイトブラック
  • 画像3: 【2021速報】ホンダが新型「X-ADV」を発表! 電子制御装備を満載しラグジュアリーさを増した大型ATアドベンチャー
    マットベータシルバーメタリック
  • 画像4: 【2021速報】ホンダが新型「X-ADV」を発表! 電子制御装備を満載しラグジュアリーさを増した大型ATアドベンチャー
    パールマッドグレー
  • 画像5: 【2021速報】ホンダが新型「X-ADV」を発表! 電子制御装備を満載しラグジュアリーさを増した大型ATアドベンチャー
    グランプリレッド
    19
    886
  • 画像6: 【2021速報】ホンダが新型「X-ADV」を発表! 電子制御装備を満載しラグジュアリーさを増した大型ATアドベンチャー
    グラファイトブラック
    14
    680
  • 画像7: 【2021速報】ホンダが新型「X-ADV」を発表! 電子制御装備を満載しラグジュアリーさを増した大型ATアドベンチャー
    マットベータシルバーメタリック
    20
    932
  • 画像8: 【2021速報】ホンダが新型「X-ADV」を発表! 電子制御装備を満載しラグジュアリーさを増した大型ATアドベンチャー
    パールマッドグレー
    47
    2249

投票ありがとうございました!

ホンダ「X-ADV」(2021年モデル・欧州仕様車)の主なスペック

全長×全幅×全高2215×940×1370mm
ホイールベース1590mm
最低地上高165mm
シート高820mm
車両重量236kg
エンジン形式水冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒
総排気量745cc
ボア×ストローク77×80mm
圧縮比10.7
最高出力43.1kW/6750rpm
最大トルク69N・m/4750rpm
燃料タンク容量13.2L
変速機形式6速 DCT
キャスター角27゜
トレール量104mm
タイヤサイズ(前・後)120/70-R17M/C・160/60-R15M/C
ブレーキ形式(前・後)296mmダブルディスク・240mmシングルディスク

日本での発売時期・価格は未定

大きなモデルチェンジを遂げた新型「X-ADV」。X-ADVは現状、日本で正規ラインアップしているモデルであるため、国内で販売される可能性は非常に高いでしょう。

国内での価格や販売時期に関するアナウンスはまだありません。

画像: 再度にパニアケースが備わったオプション装着車も公開。今回純正オプションも充実しているようで楽しみです。

再度にパニアケースが備わったオプション装着車も公開。今回純正オプションも充実しているようで楽しみです。

ちなみに新型「X-ADV」は、先に発表されていた2021年新型車「フォルツァ750」と基本コンポーネントを共有しています。また、同型エンジンを搭載するNC750Xもニューモデルが同じく11月10日に欧州で発表されました。

続報や国内販売に関する情報が入り次第、都度可能な限り速報でお伝えします!

まとめ:西野鉄兵

This article is a sponsored article by
''.