新世代CBシリーズのミドルバージョン

ホンダCBシリーズの伝統と最新デザインを融合させた、現代的なカフェスタイルが魅力の新世代CBシリーズ。そのミドルバージョンとして用意されている、力強く扱いやすい648cc水冷直4エンジンを搭載したホンダCB650Rがモデルチェンジした。

画像: 新世代CBシリーズのミドルバージョン

まず目を引く変更点はスタイリング。従来より躍動感を感じさせるスタイリングを狙って、シートカウルとリアフェンダーがシャープな形状に変更されたこと。

走りに関連するメカニズムでは、優れた路面追従性と軽量化を両立させたSHOWA製のSFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)を新採用し、さらにスポーティなハンドリングを追求した。また、ハンドル切れ角を従来モデルから増やすことで、取り回しやすさも改善されている。

フルフラットデザインの多機能液晶メーターは、文字サイズを拡大したのに加えてバックライトの照射角度も変更、視認性を高めたものとなった。

画像: マットバリスティックブラックメタリック

マットバリスティックブラックメタリック

画像: キャンディークロモスフィアレッド

キャンディークロモスフィアレッド

画像: マットジーンズブルーメタリック

マットジーンズブルーメタリック

カラーバリエーションは、「マットバリスティックブラックメタリック」「キャンディークロモスフィアレッド」「マットジーンズブルーメタリック」の3色を設定。

この新型CB650Rの税込価格は97万9000円。発売開始は1月28日の予定だ。

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

  • 画像1: ホンダCB650Rがモデルチェンジ!躍動感あふれるスタイル&新型フロントフォークも採用【2021速報】
    マットバリスティックブラックメタリック
  • 画像2: ホンダCB650Rがモデルチェンジ!躍動感あふれるスタイル&新型フロントフォークも採用【2021速報】
    キャンディークロモスフィアレッド
  • 画像3: ホンダCB650Rがモデルチェンジ!躍動感あふれるスタイル&新型フロントフォークも採用【2021速報】
    マットジーンズブルーメタリック
  • 画像4: ホンダCB650Rがモデルチェンジ!躍動感あふれるスタイル&新型フロントフォークも採用【2021速報】
    マットバリスティックブラックメタリック
    29
    225
  • 画像5: ホンダCB650Rがモデルチェンジ!躍動感あふれるスタイル&新型フロントフォークも採用【2021速報】
    キャンディークロモスフィアレッド
    33
    256
  • 画像6: ホンダCB650Rがモデルチェンジ!躍動感あふれるスタイル&新型フロントフォークも採用【2021速報】
    マットジーンズブルーメタリック
    39
    304

投票ありがとうございました。

ホンダCB650Rの主なスペック

【全長×全幅×全高】2120×780×1075㎜
【ホイールベース】1450㎜
【シート高】810㎜
【車両重量】201㎏
【エンジン形式】水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
【総排気量】648㏄
【ボア×ストローク】67.0×46.0㎜
【圧縮比】11.6:1
【最高出力】95PS/12000rpm
【最大トルク】6.5kgm/8500rpm
【燃料供給方式】FI
【燃料タンク容量】15L
【ステアリングヘッド角/トレール量】25.3度/101mm
【変速機形式】6速リターン
【ブレーキ形式 前・後】ダブルディスク・ディスク
【タイヤサイズ 前・後】120/70ZR17・180/55ZR17

This article is a sponsored article by
''.