2020年12月11日、ホンダが国内で新たな電動バイクを発表しました。現在販売中のベンリィ イーとともに、法人向けのビジネス用として2021年春以降に発売される予定です。

日本の宅配・配達を担うホンダ「ジャイロ」シリーズの電動モデル

画像: (左) Honda GYRO CANOPY e: (中央) Honda GYRO e: (右) Honda BENLY e: (オプション装着車)

(左) Honda GYRO CANOPY e:
 
(中央) Honda GYRO e:
 
(右) Honda BENLY e:(オプション装着車)

今回発表されたのは、「ジャイロキャノピー イー」と、「ジャイロ イー」の2機種。2020年4月にリリースされた電動二輪車「ベンリィ イー」シリーズとともに、法人向けビジネス用電動バイクとして、2021年に発売される予定です。

発売予定時期
ジャイロ イー/2021年春
ジャイロキャノピー イー/2021年夏

いずれもベンリィ イーと同様に、交換式バッテリー「ホンダモバイルパワーパック」を使用した電動モデル。ベンリィ イーと大きく異なるのは、後ろ二輪を採用した三輪バイクだということです。

ガソリン車のジャイロ(ジャイロX)もジャイロキャノピーは宅配業務にはかかせないロングセラーモデルとなっており、身近な存在と感じる方も多いでしょう。

今回発表された電動版も、高い積載性や扱いやすさはそのままに、ビジネスバイクとしての優れた性能を確保しています。

画像: ジャイロキャノピー イー

ジャイロキャノピー イー

スペックや価格、登録区分などは未発表ですが、じきに明らかとなるでしょう。登録区分に関しては、ガソリン車のモデルを踏襲するのであれば2機種とも「原付一種」(50cc未満相当)のモデルとして発売されることが予想できます。

基本コンポーネントは、ベンリィ イーと共用しているように見え、電動モデルならではのバック機能も搭載。また、両モデルともにハンドル下に電源ソケットを装備する模様です。

画像: ジャイロ イー。ハンドル左側下に電源ソケットを装備。その上のポケットにはスマホが入りそう。充電しやすい工夫が施されています。

ジャイロ イー。ハンドル左側下に電源ソケットを装備。その上のポケットにはスマホが入りそう。充電しやすい工夫が施されています。

画像: 抜群の積載性能は電動モデルになっても健在。ジャイロキャノピー イーは、ガソリン車と同じく車体が傾くと荷台も傾く仕様。

抜群の積載性能は電動モデルになっても健在。ジャイロキャノピー イーは、ガソリン車と同じく車体が傾くと荷台も傾く仕様。

画像: ジャイロ イーの荷台は後輪の上にあり、位置も低くなっています。

ジャイロ イーの荷台は後輪の上にあり、位置も低くなっています。

画像: ロック機構が備わっていて、スタンドなしで自立可能。

ロック機構が備わっていて、スタンドなしで自立可能。

まとめ:西野鉄兵

This article is a sponsored article by
''.