スポーティで扱いやすい650cc直4フルカウルスポーツ

スポーティかつ扱いやすいCB650R譲りの車体と水冷直4エンジンに、レーシーさ満点のフルカウルを組み合わせたミドルサイズのスーパースポーツ・ホンダCBR650Rが、CB650Rと同時にモデルチェンジされた。

画像: スポーティで扱いやすい650cc直4フルカウルスポーツ

シートカウルからリアフェンダーにかけて、よりエッジの利いた形状とすることで、シャープで躍動感のあるスタイリングとされたのが目立つ変更点。さらに、精度の高いSHOWA(ショーワ)製SFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)を採用して走りにも磨きをかけた。フルフラットデザインのメーターは、文字サイズ拡大やバックライトの照射角度変更によって、視認性を向上させた。

画像: グランプリレッド

グランプリレッド

画像: マットバリスティックブラックメタリック

マットバリスティックブラックメタリック

カラーバリエーションは、ストライプがスポーティーな印象を強調する「グランプリレッド」と、マットブラックを基調にシルバーのアクセントを配した「マットバリスティックブラックメタリック」の2色が用意される。

CBR650Rの価格はカラーによって異なり、グランプリレッドが108万9000円、マットバリスティックブラックメタリックは105万6000円。発売開始はCB650Rと同じく1月28日が予定されている。

【アンケート】あなたはどちらのカラーが好きですか?

  • 画像1: ホンダCBR650Rが新型に!テール周りをシャープにリファイン、フロントフォークもグレードアップ【2021速報】
    グランプリレッド
  • 画像2: ホンダCBR650Rが新型に!テール周りをシャープにリファイン、フロントフォークもグレードアップ【2021速報】
    マットバリスティックブラックメタリック
  • 画像3: ホンダCBR650Rが新型に!テール周りをシャープにリファイン、フロントフォークもグレードアップ【2021速報】
    グランプリレッド
    55
    639
  • 画像4: ホンダCBR650Rが新型に!テール周りをシャープにリファイン、フロントフォークもグレードアップ【2021速報】
    マットバリスティックブラックメタリック
    45
    516

ご投票いただきありがとうございました。

ホンダCBR650Rの主なスペック

【全長×全幅×全高】2120×750×1150㎜
【ホイールベース】1450㎜
【シート高】810㎜
【車両重量】206㎏
【エンジン形式】水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
【総排気量】648㏄
【ボア×ストローク】67.0×46.0㎜
【圧縮比】11.6:1
【最高出力】95PS/12000rpm
【最大トルク】6.5kgm/8500rpm
【燃料供給方式】FI
【燃料タンク容量】15L
【ステアリングヘッド角/トレール量】25.3度/101mm
【変速機形式】6速リターン
【ブレーキ形式 前・後】ダブルディスク・ディスク
【タイヤサイズ 前・後】120/70ZR17・180/55ZR17

This article is a sponsored article by
''.