タフでアクティブな外観と設計、ツーリングも存分に楽しめる

画像1: タフでアクティブな外観と設計、ツーリングも存分に楽しめる

「限界を超えていく都会の冒険者」を開発コンセプトに、快適性や利便性、機動力などスクーターの持つ魅力に加え、アドベンチャーモデルを思わせる個性的で力強い外観を持つホンダの新型スクーター、ADV150が2020年2月14日(金)に発売される。

専用設計の足まわりは、ストローク量130mmとクラス最長のフロントサスペンションと、120mmのストローク量を確保したリザーバー付きリアサスペンションにより、優れた路面追従性を発揮。未舗装路から高速道路までの様々なシチュエーションで快適な乗り心地を実現している。

画像2: タフでアクティブな外観と設計、ツーリングも存分に楽しめる

エンジンは、PCX150にも採用され高い評価を得ている軽量でコンパクトな水冷・4ストローク・149cc単気筒エンジン「eSP」を搭載。同様にスマートキー(Honda SMART Keyシステム)も採用されている。

画像: フラットなバーハンドルを採用。多機能なデジタルメーターを搭載。

フラットなバーハンドルを採用。多機能なデジタルメーターを搭載。

Honda ADV150 主なスペック・製造国・価格

全長×全幅×全高:1960×760×1150㎜
ホイールベース:1325㎜
最低地上高:165㎜
シート高:795㎜
車両重量:134㎏
エンジン形式:水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量:149㏄
ボア×ストローク:57.3×57.9㎜
圧縮比:10.6
最高出力:15PS/8500rpm
最大トルク:1.4㎏-m/6500rpm
燃料供給方式:PGM-FI
燃料タンク容量:8.0L
変速機形式:無段変速式(Vマチック)
ブレーキ形式 前・後:ディスク・ディスク
タイヤサイズ 前・後:110/80-14・130/70-13
製造国:タイ
メーカー希望小売価格(税込):45万1,000円

Honda ADV150 カラーバリエーション

マットメテオライトブラウンメタリック

マットガンパウダーブラックメタリック

ゲイエティ―レッド

【アンケート】あなたが好きなカラーはどの色ですか?

もしも買うならこの色! と思ったカラーをおひとつポチっとお選びください。
回答後、集計結果をご覧いただけます。
このアンケートはオリジナルサイトで参加できます。

  • 画像7: ホンダ「ADV150」の発売日は2月14日! 149ccのアドベンチャー・スクーターは未舗装路から高速道路まで想定された専用の足回りを採用
    マットメテオライトブラウンメタリック
  • 画像8: ホンダ「ADV150」の発売日は2月14日! 149ccのアドベンチャー・スクーターは未舗装路から高速道路まで想定された専用の足回りを採用
    マットガンパウダーブラックメタリック
  • 画像9: ホンダ「ADV150」の発売日は2月14日! 149ccのアドベンチャー・スクーターは未舗装路から高速道路まで想定された専用の足回りを採用
    ゲイエティ―レッド
  • 画像10: ホンダ「ADV150」の発売日は2月14日! 149ccのアドベンチャー・スクーターは未舗装路から高速道路まで想定された専用の足回りを採用
    マットメテオライトブラウンメタリック
    37
    376
  • 画像11: ホンダ「ADV150」の発売日は2月14日! 149ccのアドベンチャー・スクーターは未舗装路から高速道路まで想定された専用の足回りを採用
    マットガンパウダーブラックメタリック
    15
    151
  • 画像12: ホンダ「ADV150」の発売日は2月14日! 149ccのアドベンチャー・スクーターは未舗装路から高速道路まで想定された専用の足回りを採用
    ゲイエティ―レッド
    48
    479

ご回答ありがとうございました!

走行映像 3分5秒

画像: Video Product Honda ADV150 youtu.be

Video Product Honda ADV150

youtu.be

公式サイト

ホンダは小排気量車のニューモデルを続々発表!

This article is a sponsored article by
''.