デビュー以来好評のVストローム800DEに続いて、スタンダードのVストローム800が追加発売となった。前後キャストホイールを装備してチューブレスタイヤを装備、オンロード主体のロングツーリングで威力を発揮するモデルとなっている。
まとめ:オートバイ編集部

スズキ「Vストローム800」特徴

画像: SUZUKI V-STROM 800 総排気量:775cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:825mm 車両重量:223kg 発売日:2023年10月25日 税込価格:123万2000円

SUZUKI V-STROM 800

総排気量:775cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:825mm
車両重量:223kg

発売日:2023年10月25日
税込価格:123万2000円

ロードでの快適性を大きく高めて新登場

海外で先に発表されていたVストローム800の国内仕様が登場した。オフロードに軸足を置いたDEに対して、スタンダードの800はオンロードでの快適性を重視した、従来のVストロームらしい仕様となっている。最大のポイントはフロントの19インチ化で、DEが21インチのチューブタイヤなのに対し、こちらはチューブレスを装着。前後ホイールもキャストを採用して、ロードでより快適にツーリングを楽しめる仕様としている。

装備面で目を惹くのは大型スクリーンの採用で、ロングツーリングを視野に入れた仕様であることが分かる。またDE独自のグラベルモードは省略される一方で、フロントフォークはSFF-BPに変更、ブレーキキャリパーもラジアルマウントとするなど、ロード寄りの変更が施されている。価格はDEより8万8000円安い設定となっている。

スズキ「Vストローム800」カラーバリエーション

画像: パールビガーブルー

パールビガーブルー

画像: マットスティールグリーンメタリック

マットスティールグリーンメタリック

画像: グラススパークルブラック

グラススパークルブラック

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: スズキ「Vストローム800」解説|ロングツーリングも快適にこなすスタンダードグレードを追加
    パールビガーブルー
  • 画像2: スズキ「Vストローム800」解説|ロングツーリングも快適にこなすスタンダードグレードを追加
    マットスティールグリーンメタリック
  • 画像3: スズキ「Vストローム800」解説|ロングツーリングも快適にこなすスタンダードグレードを追加
    グラススパークルブラック
  • 画像4: スズキ「Vストローム800」解説|ロングツーリングも快適にこなすスタンダードグレードを追加
    パールビガーブルー
    28
    150
  • 画像5: スズキ「Vストローム800」解説|ロングツーリングも快適にこなすスタンダードグレードを追加
    マットスティールグリーンメタリック
    58
    315
  • 画像6: スズキ「Vストローム800」解説|ロングツーリングも快適にこなすスタンダードグレードを追加
    グラススパークルブラック
    14
    76

投票ありがとうございました。

This article is a sponsored article by
''.