250ccクラスの中でもずば抜けた人気の大ヒットモデル・レブル250シリーズ。ヘッドライトカウルなどのアクセサリーを装着し、精悍な雰囲気に仕立てた「Sエディション」もヒットし、その勢いはとどまるところを知らない。そんなレブル250の魅力を、スタンダード・Sエディションの2台に試乗しながら検証していく。
文:太田安治、オートバイ編集部/写真:赤松 孝、南 孝幸

ホンダ「レブル250」「レブル250Sエディション」インプレ(太田安治)

画像: Honda Rebel250 総排気量:249cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒 シート高:690mm 車両重量:170kg 税込価格:59万9500円

Honda Rebel250

総排気量:249cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
シート高:690mm
車両重量:170kg
税込価格:59万9500円

画像: Honda Rebel250 S Edition 総排気量:249cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒 シート高:690mm 車両重量:171kg 税込価格:63万8000円

Honda Rebel250 S Edition

総排気量:249cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
シート高:690mm
車両重量:171kg
税込価格:63万8000円

純粋に走りが気持ちいい、魅力満載のクルーザー

大ヒットモデルのレブル250は不思議な魅力のあるモデルだ。手軽で市街地での乗りやすさは抜群だが、「低くて長い」伝統的なアメリカンスタイルのモデルとは趣が異なるし、特段クラシック感やスポーティさを強調しているわけでもない。

デビュー当初は、ユーザー層は限定されるのではないかと思っていたが、面白いことに、このバイクには試乗するたびに新たな発見がある。クルージング中の穏やかな走行性能、峠道でも安心できるハンドリング、単気筒のパルス感が渾然一体となったキャラクターに体がなじむと、まるで意思が通じ合ったかのような感覚さえ生まれてくるほどだ。

画像: ▲レブル250

▲レブル250

エンジンはCBR250R用をベースに、常用回転域のトルクを重視したチューニング。力強く発進し、タタタッ! と軽く回って速度が乗り、単気筒エンジンに多い高回転での重ったるさもない。高速道路クルージングは難なくこなせ、120km/h巡航も可能。どの回転域でも振動に雑味がなく、歯切れのいい排気音と共に適度なパルスを感じさせるので、オートバイを駆る充実感がある。ただ、走行風はダイレクトに受けるから、最も快適なのは50~80km/hあたり。これはカウル付きのSエディションでも同じだった。

標準装備のアシストスリッパークラッチのおかげで、クラッチレバー操作は拍子抜けするほど軽い。レバーを握ったままの信号待ちが苦にならないし、シフト操作で手が疲れることもない。普通に乗っていればスリッパークラッチが作動することはまれだが、シフトダウン操作に不慣れなビギナーや、滑りやすい路面では間違いなく恩恵をもたらす。

画像: ▲レブル250Sエディション

▲レブル250Sエディション

前後タイヤは太めだが、身のこなしは驚くほど素直。シャープさこそないが、接地感がしっかり伝わってくる。低速ターンでフロントタイヤが内側に切れ込んだり、高速コーナーで接地感が薄れることもなく、ストレスを感じないハンドリングに仕上がっている。その代わり、サスペンションのスプリング設定はやや硬め。上体が直立するポジションなので、ギャップ通過時に腰から頭までが突き上げられる。ソロライドでの快適さを求めるなら、リアサスのプリロードを弱めにセッティングするといいだろう。

抜群の足つき性、手頃な価格もビギナーや小柄なライダーには大きな魅力。両車とも魅力は共通だから、迷ったらルックスの好みで選べばいいだろう。

ホンダ「レブル250」「レブル250Sエディション」カラーバリエーション

レブル250

レブル250 S エディション

【アンケート】あなたはどのモデルが好きですか?

画像1: ホンダ「レブル250」「レブル250Sエディション」インプレ(2022年)250ccクラスの大人気モデルを徹底解説

お好きなモデルをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像2: ホンダ「レブル250」「レブル250Sエディション」インプレ(2022年)250ccクラスの大人気モデルを徹底解説
    マットジーンズブルーメタリック
  • 画像3: ホンダ「レブル250」「レブル250Sエディション」インプレ(2022年)250ccクラスの大人気モデルを徹底解説
    マットアーマードシルバーメタリック
  • 画像4: ホンダ「レブル250」「レブル250Sエディション」インプレ(2022年)250ccクラスの大人気モデルを徹底解説
    マットフレスコブラウン
  • 画像5: ホンダ「レブル250」「レブル250Sエディション」インプレ(2022年)250ccクラスの大人気モデルを徹底解説
    Sエディション|パールスペンサーブルー
  • 画像6: ホンダ「レブル250」「レブル250Sエディション」インプレ(2022年)250ccクラスの大人気モデルを徹底解説
    Sエディション|マットアクシスグレーメタリック
  • 画像7: ホンダ「レブル250」「レブル250Sエディション」インプレ(2022年)250ccクラスの大人気モデルを徹底解説
    マットジーンズブルーメタリック
    19
    248
  • 画像8: ホンダ「レブル250」「レブル250Sエディション」インプレ(2022年)250ccクラスの大人気モデルを徹底解説
    マットアーマードシルバーメタリック
    16
    206
  • 画像9: ホンダ「レブル250」「レブル250Sエディション」インプレ(2022年)250ccクラスの大人気モデルを徹底解説
    マットフレスコブラウン
    14
    185
  • 画像10: ホンダ「レブル250」「レブル250Sエディション」インプレ(2022年)250ccクラスの大人気モデルを徹底解説
    Sエディション|パールスペンサーブルー
    13
    166
  • 画像11: ホンダ「レブル250」「レブル250Sエディション」インプレ(2022年)250ccクラスの大人気モデルを徹底解説
    Sエディション|マットアクシスグレーメタリック
    39
    510

投票ありがとうございました。

This article is a sponsored article by
''.