Kawasaki「Ninja 1000SX」
税込価格:151万8000円

画像: 全長×全幅×全高:2100×830×1190mm ホイールベース:1440mm シート高:820mm 車両重量:236kg

全長×全幅×全高:2100×830×1190mm
ホイールベース:1440mm
シート高:820mm
車両重量:236kg

人気のスポーツツアラーであるニンジャ1000が2020年モデルでフルモデルチェンジ。車名も変更されSXとなった。最も進化したのは電子制御デバイスで、従来もトラクションコントロールやパワーモードなどを備えていたが、新たにライディングモードクイックシフター、クルーズコントロールが追加装備され、今まで以上の快適性、安全性をプラス。

装備類も進化し、中でもカラー液晶メーターはBluetoothを介してスマホとの連携が可能な多機能なものを採用。この他にも、シート、スクリーン、マフラーが改良され、灯火類もフルLED化。スタイリングもシャープにリファインされるなど、完成度がさらに高まった。

1月14日に発売された2022年モデルでは、カラー&グラフィックが変更されている。

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: カワサキ「ニンジャ1000SX」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック
  • 画像2: カワサキ「ニンジャ1000SX」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックディアブロブラック
  • 画像3: カワサキ「ニンジャ1000SX」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック
    56
    361
  • 画像4: カワサキ「ニンジャ1000SX」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックディアブロブラック
    44
    280

投票ありがとうございました!

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量:1043cc
ボア×ストローク:77.0×56.0mm
圧縮比:11.8
最高出力:104kW(141PS)/10000rpm
最大トルク:111N・m(11.3kg-m)/8000rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量:19L
キャスター角:24°00'
トレール量:98mm
変速機形式:6段リターン
ブレーキ前・後:ダブルディスク・シングルディスク
タイヤサイズ前・後:120/70ZR17M/C(58W)・190/50ZR17M/C(73W)

This article is a sponsored article by
''.