2022年はカワサキ「Z1」が登場して50年という節目の年。カワサキは数々のZブランド50周年記念車を用意した。この記事では、「Z650RS」のアニバーサリーモデルを紹介しよう。
まとめ:オートバイ編集部

カワサキ「Z650RS 50th Anniversary」の特徴

画像: Kawasaki Z650RS 50th Anniversary 総排気量:649cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:800mm 車両重量:190kg 発売日:2022年4月28日(木) 税込価格:110万円

Kawasaki Z650RS 50th Anniversary

総排気量:649cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:800mm
車両重量:190kg

発売日:2022年4月28日(木)
税込価格:110万円

Zファンの心をつかむ優美で上質な特別仕様

Zシリーズ50周年を記念して登場するアニバーサリーモデルは、Z900RSだけではなく、4月28日発売予定の期待のニューモデル・Z650RSにも「50th Anniversary」が用意される。

Z650RSは、Z900RSの流れを汲む、Z1をオマージュした流麗なボディに、Z650の並列2気筒エンジンを積んだレトロスポーツ。1970年代に「ザッパー」の愛称で人気を博したミドルスポーツ・Z650の再来と言えるモデルだ。

スタンダードと同時発売の「Z650RS 50th Anniversary」は、特別な工程で塗られたファイヤーボールカラーをはじめ、上質なシートや専用エンブレムなど「Z900RS 50th Anniversary」と同様の特別仕様。Zファンの心をくすぐる1台だ。

【アンケート】 あなたはどのモデルが好きですか?

お好きなモデルをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像2: カワサキ「Z650RS 50thアニバーサリー」を解説|スタンダードモデルと同時に2022年4月28日に発売される記念モデル
    Z650RS 50th Anniversary(キャンディダイヤモンドブラウン)
  • 画像3: カワサキ「Z650RS 50thアニバーサリー」を解説|スタンダードモデルと同時に2022年4月28日に発売される記念モデル
    Z650RS キャンディエメラルドグリーン
  • 画像4: カワサキ「Z650RS 50thアニバーサリー」を解説|スタンダードモデルと同時に2022年4月28日に発売される記念モデル
    Z650RS メタリックムーンダストグレー×エボニー
  • 画像5: カワサキ「Z650RS 50thアニバーサリー」を解説|スタンダードモデルと同時に2022年4月28日に発売される記念モデル
    Z650RS 50th Anniversary(キャンディダイヤモンドブラウン)
    51
    508
  • 画像6: カワサキ「Z650RS 50thアニバーサリー」を解説|スタンダードモデルと同時に2022年4月28日に発売される記念モデル
    Z650RS キャンディエメラルドグリーン
    29
    288
  • 画像7: カワサキ「Z650RS 50thアニバーサリー」を解説|スタンダードモデルと同時に2022年4月28日に発売される記念モデル
    Z650RS メタリックムーンダストグレー×エボニー
    21
    208

投票ありがとうございました。

カワサキ「Z650RS 50th Anniversary」の注目ポイント

画像: サイドカバーの専用エンブレムは、Z900RS記念モデルと共通のクラシカルなデザインで、排気量のみ「650」にしたものが装着されている。

サイドカバーの専用エンブレムは、Z900RS記念モデルと共通のクラシカルなデザインで、排気量のみ「650」にしたものが装着されている。

画像: 初代Z1に採用されたファイヤーボールカラーを、Z900RSの記念モデルと同様の特別な塗装手法によって上質にペイントしている。

初代Z1に採用されたファイヤーボールカラーを、Z900RSの記念モデルと同様の特別な塗装手法によって上質にペイントしている。

画像: かつてのZ1に装備されていたものを想わせる、メッキ仕上げのグラブバーが標準装備されているのもZ900RSの50周年車と同様だ。

かつてのZ1に装備されていたものを想わせる、メッキ仕上げのグラブバーが標準装備されているのもZ900RSの50周年車と同様だ。

高い路面追従性と快適性をもたらすΦ41mmの正立フロントフォーク。スポークホイール風のキャストホイールもよくマッチ。

画像: リアサスはZ900RS同様にホリゾンタルバックリンク構造。軽量なスイングアームとの組み合わせで軽快なハンドリングを実現。

リアサスはZ900RS同様にホリゾンタルバックリンク構造。軽量なスイングアームとの組み合わせで軽快なハンドリングを実現。

画像: 【動画】Z50th Brand History www.youtube.com

【動画】Z50th Brand History

www.youtube.com

カワサキ「Z650RS 50th Anniversary」の主なスペック・価格

全長×全幅×全高2065×800×1115mm
ホイールベース1405mm
シート高800mm
キャスター角24°
トレール100mm
車両重量190kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量649cc
ボア×ストローク83×60mm
圧縮比10.8
最高出力68PS/8000rpm
最大トルク6.4kgf・m/6700rpm
変速機形式6速リターン
燃料タンク容量12L
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17・160/60ZR17
ブレーキ形式(前・後)Φ300mmダブルディスク・Φ220mmディスク
メーカー希望小売価格(税込)110万円

まとめ:オートバイ編集部

This article is a sponsored article by
''.