SUZUKI「KATANA」
税込価格:160万6000円

画像: 全長×全幅×全高:2130×820×1100mm ホイールベース:1460mm シート高:825mm 車両重量:215kg ※写真は2022年モデル

全長×全幅×全高:2130×820×1100mm
ホイールベース:1460mm
シート高:825mm
車両重量:215kg

※写真は2022年モデル

他のどんなオートバイにも似ていない独特な存在感と美しさを備えることで、1981年のデビューから、最終モデルの生産が終了して20年以上を経た現在でも、熱烈な人気を集め続けているGSX1100カタナ。そのスタイリングのエッセンスを活かした現代的デザインに、先代のGSX-S1000のメカニズムを組み合わせて、2019年に「KATANA」として復活を果たした。

2021年にベースモデルであるGSX-S1000がモデルチェンジを受けたのに伴い、2022年モデルではKATANAも初のモデルチェンジ。新型GSX-S1000のメカニズムを継承し、電子制御等が大幅にアップデートされた。

また、カタナ史上初となるマットカラー「マットステラブルーメタリック」が採用され「グラススパークルブラック」はラインナップから外れた。「ミスティックシルバーメタリック」はホイールやフォークカバー、ロゴのカラーを変更し継続してラインナップされる。2022年モデルの発売日は2022年2月25日。

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチッとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: スズキ「KATANA」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    ミスティックシルバーメタリック(2022年モデル)
  • 画像2: スズキ「KATANA」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    マットステラブルーメタリック(2022年モデル)
  • 画像3: スズキ「KATANA」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    ミスティックシルバーメタリック(2022年モデル)
    61
    170
  • 画像4: スズキ「KATANA」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    マットステラブルーメタリック(2022年モデル)
    39
    108

投票ありがとうございました!

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量:998cc
ボア×ストローク:73.4×59.0mm
圧縮比:12.2
最高出力:110kW(150PS)/11000rpm
最大トルク:105N・m(10.7kg-m)/9250rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション(FI)
燃料タンク容量:12L
キャスター角:25°00'
トレール量:100mm
変速機形式:6速リターン
ブレーキ前・後:ダブルディスク・シングルディスク
タイヤサイズ前・後:120/70ZR17M/C(58W) ・ 190/50ZR17M/C(73W)

This article is a sponsored article by
''.