2022年1月28日、スズキが新型「KATANA」の国内モデルを発表した。価格・発売日・スペックも明らかに!

スズキ「KATANA」2022年モデルの特徴

1981年の衝撃的なデビューから現在まで、販売が終了しても長く圧倒的な人気を集めてきたGSX1100Sカタナ。その個性的スタイルをリファインし、現代のメカニズムを合体させて2019年に誕生した新世代の「KATANA」が、再び大人気となったのはご存知の通り。

そんな「KATANA」が2022年モデルで初のモデルチェンジを受け、メカニズム面を大きくアップデート。国内モデルも登場することが発表された。

画像: SUZUKI KATANA 2022年モデル・国内仕様 総排気量:998cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 シート高:825mm 車両重量:215kg

SUZUKI KATANA
2022年モデル・国内仕様

総排気量:998cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
シート高:825mm
車両重量:215kg

2022年モデルでモデルチェンジされた「KATANA」、最も進歩したのは最新スペックの電子制御デバイス。新たにスズキ・インテリジェント・ライド・システム(S.I.R.S.)と呼ばれる5モード+動作オフを選択できるトラクションコントロールを中心とした、高度なライダーサポートデバイスを採用。A・B・Cの3モードがあるドライブモードセレクター(SDMS)などと合わせ、豪快な走りをより安全に楽しめるようになった。

その他にもスムーズなスタートを実現するローRPMアシストや、シフトアップ、ダウンの双方に対応するクイックシフターも採用されている。これらの改良は「KATANA」のベースであるGSX-S1000が昨年モデルチェンジで採用されたもの。「KATANA」も新型GSX-S1000ベースになったというわけだ。

画像: ▲カラー:マットステラブルーメタリック

▲カラー:マットステラブルーメタリック

もう一つの特徴はボディカラー。唯一無二の個性的スタイリング自体は変わっていないが、歴代カタナの中で初めてのブルー系ボディカラーとなる「マットステラブルーメタリック」によって、新鮮なイメージを引き出している。

画像: ▲カラー:ミスティックシルバーメタリック

▲カラー:ミスティックシルバーメタリック

また、「KATANA」のイメージカラーともいえる「ミスティックシルバーメタリック」は継続して販売される。ただしタンクのSUZUKIロゴの色が黒くなり、ホイールのカラーも変更、フロントフォークのアウターチューブがゴールドになっているのは従来のモデルとの外観上の相違点だ。

この2022年モデルの「KATANA」の税込価格は160万6000円。発売日は2022年2月25日が予定されている。

【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: スズキが「KATANA」2022年モデルの国内仕様車を発表! 初のモデルチェンジでメカニズム面を大きくアップデート
    マットステラブルーメタリック
  • 画像2: スズキが「KATANA」2022年モデルの国内仕様車を発表! 初のモデルチェンジでメカニズム面を大きくアップデート
    ミスティックシルバーメタリック
  • 画像3: スズキが「KATANA」2022年モデルの国内仕様車を発表! 初のモデルチェンジでメカニズム面を大きくアップデート
    マットステラブルーメタリック
    43
    1281
  • 画像4: スズキが「KATANA」2022年モデルの国内仕様車を発表! 初のモデルチェンジでメカニズム面を大きくアップデート
    ミスティックシルバーメタリック
    57
    1685

投票ありがとうございました。

スズキ「KATANA」2022年モデルの主なスペック・価格・発売日

全長×全幅×全高2130×820×1100mm
ホイールベース1460mm
最低地上高140mm
シート高825mm
車両重量215kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量998cc
ボア×ストローク73.4×59.0mm
圧縮比12.2
最高出力110kW(150PS)/11000rpm
最大トルク105N・m(10.7kgf・m)/9250rpm
燃料タンク容量12L
変速機形式6速リターン
キャスター角25゜
トレール量100mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17M/C(58W)・190/50ZR17M/C(73W)
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格160万6000円(消費税10%込)
発売日2022年2月25日(金)

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.