SUZUKI「GSX-S1000」
税込価格:143万円

画像: 全長×全幅×全高:2115×810×1080mm ホイールベース:1460mm シート高:810mm 車両重量:214kg

全長×全幅×全高:2115×810×1080mm
ホイールベース:1460mm
シート高:810mm
車両重量:214kg

GSX-R1000譲りの強力なエンジンによる優れた動力性能、専用アルミフレームなどで実現した軽快なハンドリング、そして個性的なスタイリングを併せ持つモデルとして人気だったスズキの高性能ネイキッド・GSX-S1000が2021年8月に初のモデルチェンジ。

最も大きな変更は従来モデルの曲面によって構成されていたスタイリングが、ラジエターシュラウド付近にウイングレットまで装備して、シャープなイメージの直線的スタイリングに一新されたこと。基本的なメカニズム面は従来モデルがベースとなる。しかしエンジンは最高出力をアップ。電子制御スロットルを採用し、ドライブモードやトラクションコントロールも高機能化している。

カラーバリエーションは3色の設定となる。

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: スズキ「GSX-S1000」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    トリトンブルーメタリック(YSF)
  • 画像2: スズキ「GSX-S1000」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    グラスマットメカニカルグレー(QT7)
  • 画像3: スズキ「GSX-S1000」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    グラススパークルブラック(YVB)
  • 画像4: スズキ「GSX-S1000」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    トリトンブルーメタリック(YSF)
    33
    72
  • 画像5: スズキ「GSX-S1000」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    グラスマットメカニカルグレー(QT7)
    47
    102
  • 画像6: スズキ「GSX-S1000」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    グラススパークルブラック(YVB)
    20
    43

投票ありがとうございました!

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量:998cc
ボア×ストローク:73.4×59.0mm
圧縮比:12.2
最高出力:110kW(150PS)/11000rpm
最大トルク:105N・m(10.7kg-m)/9250rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量:19L
キャスター角:25°00'
トレール量:100mm
変速機形式:6段リターン
ブレーキ前・後:ダブルディスク・シングルディスク
タイヤサイズ前・後:120/70ZR17M/C(58W)・190/50ZR17M/C(73W)

This article is a sponsored article by
''.