2021年9月17日、カワサキは「Z900」の国内向け2022年モデルを発表した。そして上級モデル「Z900 SE」が今後国内に導入されることも明らかとなった。

カワサキ「Z900」2022年モデルの特徴

カワサキの個性的スーパーネイキッド・Zシリーズの中でも、「エキサイティング&イージー」な走りをコンセプトに、アグレッシブな「Sugomi」デザインと、スポーティでバランスの良い走りを兼ね備えたオールラウンドに楽しめるモデルとして高く評価されている「Z900」。

画像: Kawasaki Z900 総排気量:948cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 シート高:800mm 車両重量:213kg

Kawasaki Z900

総排気量:948cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
シート高:800mm
車両重量:213kg

そんな「Z900」の、国内向け2022年モデルが登場。鋭いレスポンスと最高出力125PSという力強さを備える水冷並列4気筒エンジンをはじめ、フレームやサスペンション、そしてKTRCとパワーモードを組み合わせたインテグレーテッドライディングモードによって、ワインディングから街乗りまで安心して操る喜びを堪能できる点や、TFTカラー液晶メーター、スマートフォン接続機能、フルLED化された灯火類、ETC2.0車載器といった充実装備については従来モデルと同様。

2022年モデルで変更されたのは、基本的にカラーとグラフィックのみ。新たに採用されたボディカラーは「パールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー」の1色。1ヶ月目点検に加え、3年間の定期点検とオイル交換を無償で受けられる「カワサキケアモデル」でもある。

この国内向け2022年モデル「Z900」の税込価格は114万4000円。発売日は2021年11月26日の予定だ。


「Z900 SE」も国内導入に向けて調整中

また、2021年9月16日に海外で発表されたサスペンションなどをグレードアップした上級グレード「Z900SE」も国内導入に向けて調整中であることも発表。こちらは2022年春頃の発売の可能性が高そうだ。

画像: Kawasaki Z900 SE (欧州仕様車・2022年モデル) www.autoby.jp

Kawasaki Z900 SE (欧州仕様車・2022年モデル)

www.autoby.jp

【アンケート】 あなたは「Z900」と「Z900 SE」、どちらが好きですか?

画像3: カワサキ「Z900」2022年国内モデルは新色を採用! 上級グレード「Z900 SE」より一足早く発売

お好きなモデルをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像4: カワサキ「Z900」2022年国内モデルは新色を採用! 上級グレード「Z900 SE」より一足早く発売
    Z900 SE
  • 画像5: カワサキ「Z900」2022年国内モデルは新色を採用! 上級グレード「Z900 SE」より一足早く発売
    Z900
  • 画像6: カワサキ「Z900」2022年国内モデルは新色を採用! 上級グレード「Z900 SE」より一足早く発売
    Z900 SE
    55
    297
  • 画像7: カワサキ「Z900」2022年国内モデルは新色を採用! 上級グレード「Z900 SE」より一足早く発売
    Z900
    45
    246

投票ありがとうございました。

カワサキ「Z900」2022年モデルの主なスペック

全長×全幅×全高2070×825×1080mm
ホイールベース1455mm
シート高800mm
車両重量213kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量948cc
ボア×ストローク73.4×56mm
圧縮比11.8
最高出力125PS/9500rpm
最大トルク10.0kgf・m/7700rpm
燃料タンク容量17L
変速機形式6速リターン
キャスター角24.9°
トレール110mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17・280/55ZR17
ブレーキ形式(前・後)φ300mmダブルディスク・φ250mmディスク

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.