スズキ「Vストローム650 ABS / XT ABS」の特徴

画像: V-Strom 650 ABS / XT ABS ※写真はXT 総排気量:645cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒 シート高:835mm 車両重量:215kg 2021年モデルの発売日:2021年3月12日 税込価格:92万4000円 / XTは96万8000円

V-Strom 650 ABS / XT ABS
※写真はXT

総排気量:645cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
シート高:835mm
車両重量:215kg

2021年モデルの発売日:2021年3月12日 
税込価格:92万4000円 / XTは96万8000円

道を選ばず得られる軽快な走りと優れた実用性

スズキのアドベンチャーツアラー・VストロームシリーズのミドルモデルがVストローム650/XT。クチバシ形状マスクが目立つスタイルは兄貴分・Vストローム1050と共通のデザイン。

パワフルな645cc水冷Vツインを、軽快なハンドリングをもたらすアルミ製レームと組み合わせて軽快な走りを実現。そこに長い歴史の中で完成度を高めてきた実用的な装備をはじめ、2段階に調整、機能をカットすることもできるトラクションコントロール、ABS、ローRPMアシストといったライダーを支援する機能も充実。道を選ばず快適にツーリングを楽しめる。

スタンダードモデルと上級版であるXTの最大の違いは、スタンダードはキャストホイールなのに対し、XTではオフロード的なスポークホイールを採用している点。ハンドガード、エンジンアンダーカウルを装備しているのもXTのみ。

This article is a sponsored article by
''.