めっきり機種が少なくなったオフロードモデル。
空冷単気筒232ccエンジンを搭載し、扱いやすく走破性も高いKLX230は貴重な存在。
俊足かつ、長距離も苦にしない上、トレッキングでも頼れる相棒となってくれる。
文:中村浩史/写真:折原弘之

カワサキ「KLX230」カラーバリエーション

ライムグリーン

エボニー

【アンケート】あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像9: カワサキ「KLX230」ツーリング・インプレ(2021年)オフロードだけでなく高速道路の走行もじつは得意?【現行車再検証】
    ライムグリーン
  • 画像10: カワサキ「KLX230」ツーリング・インプレ(2021年)オフロードだけでなく高速道路の走行もじつは得意?【現行車再検証】
    エボニー
  • 画像11: カワサキ「KLX230」ツーリング・インプレ(2021年)オフロードだけでなく高速道路の走行もじつは得意?【現行車再検証】
    ライムグリーン
    49
    813
  • 画像12: カワサキ「KLX230」ツーリング・インプレ(2021年)オフロードだけでなく高速道路の走行もじつは得意?【現行車再検証】
    エボニー
    51
    863

投票ありがとうございました!

カワサキ「KLX230」ライディングポジション・足つき性

シート高:885mm
ライダーの身長:178cm

画像: カワサキ「KLX230」ライディングポジション・足つき性

シート高885mmと、セローより高く、CRF250Lのハイシート版<S>とほぼ同等。足つきは身長178cmのライダーで写真のとおり。シートはスリムだが、薄くクッションが固い印象だった。

カワサキ「KLX230」各部装備・ディテール解説

画像: 水冷DOHC4バルブエンジンのKLX250の後継として登場したKLX230は、新設計の空冷OHC2バルブを採用。250は24PSを発揮していたが、230は19PS。バランサーつきのフューエルインジェクション、6速仕様で、軽量コンパクトで力のあるダウンサイジングしたエンジンといった印象だった。

水冷DOHC4バルブエンジンのKLX250の後継として登場したKLX230は、新設計の空冷OHC2バルブを採用。250は24PSを発揮していたが、230は19PS。バランサーつきのフューエルインジェクション、6速仕様で、軽量コンパクトで力のあるダウンサイジングしたエンジンといった印象だった。

画像: レスポンスが鋭く、低回転からトルクのあるエンジンは、バランサー内蔵で高回転域の伸びもシャープ。19PSとは思えない力あるエンジンだ。

レスポンスが鋭く、低回転からトルクのあるエンジンは、バランサー内蔵で高回転域の伸びもシャープ。19PSとは思えない力あるエンジンだ。

画像: Φ265mmのペタルディスクに、片押し2ピストンキャリパーの組み合わせ。カワサキ初のダートでも使いやすいデュアルパーパスABSを標準装備。

Φ265mmのペタルディスクに、片押し2ピストンキャリパーの組み合わせ。カワサキ初のダートでも使いやすいデュアルパーパスABSを標準装備。

画像: スチール製角パイプを使用するスイングアーム。リアブレーキはΦ220mmで、ホイールサイズは前21/後18インチ。タイヤはIRC製トレールGP。

スチール製角パイプを使用するスイングアーム。リアブレーキはΦ220mmで、ホイールサイズは前21/後18インチ。タイヤはIRC製トレールGP。

画像: ヘッドライトは充分な光量を確保するため、ビッグサイズ。オーソドックスなハロゲンを採用している。

ヘッドライトは充分な光量を確保するため、ビッグサイズ。オーソドックスなハロゲンを採用している。

画像: 液晶メーターはタコメーターやギアポジション表示はなく、燃料計、時刻やスピードをデジタル表示。オド&ツイントリップメーターも表示する。

液晶メーターはタコメーターやギアポジション表示はなく、燃料計、時刻やスピードをデジタル表示。オド&ツイントリップメーターも表示する。

画像: フューエルタンクの容量は7.4L。今回の試乗での実燃費は約31km/Lで、フルタンク200kmをオーバー。燃料計では約140kmで最後の目盛り点滅が始まる。

フューエルタンクの容量は7.4L。今回の試乗での実燃費は約31km/Lで、フルタンク200kmをオーバー。燃料計では約140kmで最後の目盛り点滅が始まる。

画像: 前後への体重移動が容易なフラットシート。シートは高く、クッションも硬めだった。左サイドカバーはバッテリーと車載工具を内蔵。

前後への体重移動が容易なフラットシート。シートは高く、クッションも硬めだった。左サイドカバーはバッテリーと車載工具を内蔵。

画像: 今回の撮影車はETC車載器、リアキャリア、エンジン下のスキッドプレートやフレームカバーなどの純正アクセサリーを装着している。

今回の撮影車はETC車載器、リアキャリア、エンジン下のスキッドプレートやフレームカバーなどの純正アクセサリーを装着している。

カワサキ「KLX230」主なスペック・価格

全長×全幅×全高2105×835×1165mm
ホイールベース1380mm
最低地上高265mm
シート高885mm
車両重量134kg
エンジン形式水冷4ストSOHC2バルブ単気筒
総排気量232cc
ボア×ストローク67.0×66.0mm
圧縮比9.4
最高出力14kW(19PS)/7600rpm
最大トルク19N・m(1.9kgf・m)/6100rpm
燃料タンク容量7.4L
変速機形式6速リターン
キャスター角27.5°
トレール量116mm
タイヤサイズ(前・後)2.75-21・4.10-18
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格49万5000円(消費税10%込)

文:中村浩史/写真:折原弘之

This article is a sponsored article by
''.