2021年9月1日、カワサキは2022年モデルとなる「Z900RS」「Z900RSカフェ」を全国のカワサキプラザで発売した。

カワサキ「Z900RS」「Z900RSカフェ」の特徴

画像: カワサキ「Z900RS」「Z900RSカフェ」の特徴

カワサキ製の近代的スポーツバイクの原点ともいうべき、往年の名車・Z1を現代に再現したレトロスポーツが「Z900RS」だ。

画像: Kawasaki Z900RS 2022年モデル 総排気量:948cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 シート高:800mm 車両重量:215kg

Kawasaki Z900RS
2022年モデル

総排気量:948cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
シート高:800mm
車両重量:215kg

単にその見た目を似せただけではなく、素直で軽快なハンドリングや力強く豪快なフィーリングのパワー特性、ライダーを高揚させるエキゾーストサウンドといった、Z1の魅力である力強い走り、そしてカワサキらしいスピリッツを、最新のメカニズム取り入れ、現代的な信頼性や扱いやすさをプラスしながら巧みに再現。

画像1: Z900RS (2022年モデル)メタリックディアブロブラック

Z900RS (2022年モデル)メタリックディアブロブラック

スタイリングもZ1の単なるコピーではなく、そのオリジナルイメージを取り入れながら、ティアドロップ形状のフューエルタンクや独特なテールカウル、ホイール、ボルト類に至るまで一からデザイン。現代のZ1として相応しい完成度の高いスタイルに仕上げられた。

画像: Kawasaki Z900RS CAFE 2022年モデル 総排気量:948cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 シート高:820mm 車両重量:217kg

Kawasaki Z900RS CAFE
2022年モデル

総排気量:948cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
シート高:820mm
車両重量:217kg

ビキニカウルやローポジションハンドルを装着、カフェレーサースタイルに仕上げたバリエーションモデルの「Z900RSカフェ」と共に、スタイルだけでなくスポーティなライディングを楽しめるネイキッドスポーツとして、根強い支持を集めている。

そんな「Z900RS」「Z900RSカフェ」の両モデルに、2022年モデルが登場。デビュー以来高く評価されているメカニズムとスタイルはそのままに、カラーリングのみが変更された。

カワサキ「Z900RS」「Z900RSカフェ」2022年モデルのカラー

画像: Z900RS (2022年モデル)キャンディートーンブルー

Z900RS (2022年モデル)キャンディートーンブルー

画像2: Z900RS (2022年モデル)メタリックディアブロブラック

Z900RS (2022年モデル)メタリックディアブロブラック

「Z900RS」は1975年モデルのZ1のグラフィックを再現し、北米市場向け2022年モデルとして公開されたものと同じ「キャンディートーンブルー」と、そのグラフィックのベースカラーを黒にした「メタリックディアブロブラック」の2色を設定。「メタリックディアブロブラック」はヨーロッパ向けにも存在するが、グラフィックが異なっている。

画像: Z900RSカフェ (2022年モデル)メタリックディアブロブラック

Z900RSカフェ (2022年モデル)メタリックディアブロブラック

「Z900RSカフェ」の2022年モデルは、ダークなブラックボディにシンプルなグラフィック、そしてブラウンの表皮を組み合わせたシートを組み合わせた「メタリックディアブロブラック」1色のみの設定。これもやはり北米向け2022年モデルと同様のものだ。

税込価格は「Z900RS」が138万6000円、「Z900RSカフェ」が141万9000円となる。

【アンケート】 あなたはどのモデルが好きですか?

お好きなモデルをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: カワサキが「Z900RS」「Z900RSカフェ」の2022年モデルを発売|1975年のZ1を再現したニューカラーが登場
    Z900RS/キャンディトーンブルー
  • 画像2: カワサキが「Z900RS」「Z900RSカフェ」の2022年モデルを発売|1975年のZ1を再現したニューカラーが登場
    Z900RS/メタリックディアブロブラック
  • 画像3: カワサキが「Z900RS」「Z900RSカフェ」の2022年モデルを発売|1975年のZ1を再現したニューカラーが登場
    Z900RS CAFE
  • 画像4: カワサキが「Z900RS」「Z900RSカフェ」の2022年モデルを発売|1975年のZ1を再現したニューカラーが登場
    Z900RS/キャンディトーンブルー
    44
    421
  • 画像5: カワサキが「Z900RS」「Z900RSカフェ」の2022年モデルを発売|1975年のZ1を再現したニューカラーが登場
    Z900RS/メタリックディアブロブラック
    21
    202
  • 画像6: カワサキが「Z900RS」「Z900RSカフェ」の2022年モデルを発売|1975年のZ1を再現したニューカラーが登場
    Z900RS CAFE
    35
    341

投票ありがとうございました!

カワサキ「Z900RS」「Z900RSカフェ」の主なスペック

全長×全幅×全高2100×865(845)×1150(1190)mm
ホイールベース1470mm
シート高800(820)mm
車両重量215(217)kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量948cc
ボア×ストローク73.4×56mm
圧縮比10.8
最高出力111PS/8500rpm
最大トルク10.0kgf・m/6500rpm
燃料タンク容量17L
変速機形式6速リターン
キャスター角25°
トレール98mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17・180/55ZR17
ブレーキ形式(前・後)φ300mmダブルディスク・φ250mmディスク
※()内はカフェ

上級グレードの「Z900RS SE」も登場

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.