ライダーなら一度は憧れるビッグバイクの代名詞的存在、CB1300シリーズが電子制御デバイスを導入して大幅アップデートを果たした。スロットルバイワイヤをはじめとしたライダーエイドシステムの採用で、扱いやすさが大幅に向上した。2021年3月18日より全国のホンダドリームで発売!
画像: (左手前) Honda CB1300 SUPER FOUR 税込156万2000円 (右手前) Honda CB1300 SUPER BOL D’OR SP 税込204万6000円 (左奥) Honda CB1300 SUPER BOL D’OR 税込167万2000円 (右奥) Honda CB1300 SUPER FOUR SP 税込193万6000円 発売日:2021年3月18日(木)

(左手前)Honda CB1300 SUPER FOUR 税込156万2000円

(右手前)Honda CB1300 SUPER BOL D’OR SP 税込204万6000円

(左奥)Honda CB1300 SUPER BOL D’OR 税込167万2000円

(右奥)Honda CB1300 SUPER FOUR SP 税込193万6000円

発売日:2021年3月18日(木)

ホンダ「CB1300」シリーズ 2021年モデルの解説(太田安治)

クイックシフターも付ければ最高の一台に

睨み付けるような顔つきと車体前側にボリュームを持たせたマスフォワードデザインのオートバイが増えている現在、オーソドックスなCB1300シリーズのフォルムを見ると心が穏やかになる。

堂々たる車格、穏やかなエンジン特性と併せ、「これぞ大排気量ロードスポーツ」といった仕上がりだ。新型はスロットルバイワイヤシステムを採用し、ライディングモードとクルーズコントロール、トラクションコントロールがプラスされ、クルージング適性がさらに高められた。

となればオプション設定のアップ/ダウン両対応シフターはぜひ付けておきたい。高速道路で遠くまで一気に移動し、現地のワインディングを堪能、といった使い方がベストだと思う。

ホンダ「CB1300」シリーズ 2021年モデルの特徴・各部装備

画像: 熟成を重ねてきた1284㏄水冷直4エンジン。今回のモデルチェンジでスロットルバイワイヤを採用し、スムーズかつ力強い走りを実現している。

熟成を重ねてきた1284㏄水冷直4エンジン。今回のモデルチェンジでスロットルバイワイヤを採用し、スムーズかつ力強い走りを実現している。

画像: 高級感を感じさせ、視認性も高い自発光盤面を採用するアナログ2連メーター。ライディングモードは、中央の液晶パネルに表示される。 モードの種類は「SPORT」「STANDARD」「RAIN」の3種と、任意の設定が行なえる「USER」の計4種。

高級感を感じさせ、視認性も高い自発光盤面を採用するアナログ2連メーター。ライディングモードは、中央の液晶パネルに表示される。

モードの種類は「SPORT」「STANDARD」「RAIN」の3種と、任意の設定が行なえる「USER」の計4種。

画像: 冬季のライディングを快適にするグリップヒーターを標準装備する。5段階の温度調節が可能なため、寒さに合わせて長い期間にわたり使用可能だ。 また、高速道路の巡航時に役立つクルーズコントロールが新たに標準装備された。

冬季のライディングを快適にするグリップヒーターを標準装備する。5段階の温度調節が可能なため、寒さに合わせて長い期間にわたり使用可能だ。

また、高速道路の巡航時に役立つクルーズコントロールが新たに標準装備された。

画像: フロントブレーキキャリパーは従来モデル譲り。新作のホイールは軽量で質感も高く、剛性バランスを追求し、左右にクロスするスポークデザイン。

フロントブレーキキャリパーは従来モデル譲り。新作のホイールは軽量で質感も高く、剛性バランスを追求し、左右にクロスするスポークデザイン。

画像: 2段スプリングを採用、伸び側15段、圧側4段のダンピング調整が可能なツインショックユニットを、アルミ製スイングアームと組み合わせた。

2段スプリングを採用、伸び側15段、圧側4段のダンピング調整が可能なツインショックユニットを、アルミ製スイングアームと組み合わせた。

ホンダ「CB1300SF」2021年モデルの足つき性

シート高:780mm(CB1300SBは790mm)
ライダーの身長・体重:176cm・62kg

画像1: ホンダ「CB1300SF」2021年モデルの足つき性

タンク後部とシート前部の絞り込みが効いて人車一体感のあるライディングポジション。入力しやすい広めのハンドル幅でタイトターンの連続する峠道では車重の割に軽く感じる。足着き性は車格から想像するより良好だ。

画像2: ホンダ「CB1300SF」2021年モデルの足つき性

ホンダ「CB1300SF」2021年モデルの主なスペックと価格

※《 》内はCB1300 SUPER FOUR SP

全長×全幅×全高2200×795×1125《1135》mm
ホイールベース1520mm
最低地上高130《140》mm
シート高780《790》mm
車両重量266kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量1284cc
ボア×ストローク78.0×67.2mm
圧縮比9.6
最高出力83kW(113PS)/7750rpm
最大トルク112N・m(11.4kgf・m)/6250rpm
燃料タンク容量21L
変速機形式6速リターン
キャスター角25゜
トレール量99mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17M/C(58W)・180/55ZR17M/C(73W)
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格税込156万2000円《193万6000円》

ホンダ「CB1300SB」2021年モデルの主なスペックと価格

※《 》内はCB1300 SUPER BOL D’OR SP

全長×全幅×全高2200×825×1205《1215》mm
ホイールベース1520mm
最低地上高130《140》mm
シート高780《790》mm
車両重量272kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量1284cc
ボア×ストローク78.0×67.2mm
圧縮比9.6
最高出力83kW(113PS)/7750rpm
最大トルク112N・m(11.4kgf・m)/6250rpm
燃料タンク容量21L
変速機形式6速リターン
キャスター角25゜
トレール量99mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17M/C(58W)・180/55ZR17M/C(73W)
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格税込167万2000円《204万6000円》

文:太田安治、オートバイ編集部/写真:南 孝幸

This article is a sponsored article by
''.