従来型の「F」ではなく「R」へと進化したCBR650Rは、その名の通り、走りの愉しさを追求した本格フルカウルスポーツ。兄貴分のCBR1000RRの流れを汲んだスタイリングにふさわしい、爽快な走りとクイックなフットワークを実現している。まずは発売直後の1台をとことん試乗チェックしてみた!

スポーティな「色気」を増した魅惑の進化!

CBR650Fはこの2019年型からCBR650Rと名前を変えた。

いや、生まれかわったと言った方がいいだろう。

基本的には細かいリファインを積み重ねたモデルなんだが、走ってみると大違い。

画像1: スポーティな「色気」を増した魅惑の進化!

なかなか面白いスポーツバイクに仕上がっている。

主な変更点だが、RはFのフレームレイアウトやエンジンをベースに、ピボットプレートの構造を変更して剛性をコントロールしたり、シートレールを短くして、テールの短い流行りのフォルムに変えたりしている。

エンジンはエアクリーナーボックスやマフラーなど、吸排気系を大幅に見直している。

画像2: スポーティな「色気」を増した魅惑の進化!

当然、それに関わるFIのマネージメントも変わっているだろう。

また、駆動輪スリップを抑えるトルクコントロール機構も装備した。

メーカーの資料には色々なコトが書いてあったが、要は高揚感溢れるスポーティな走りを実現できるように…ということで、そのためのポイントを押さえた変更なのだが、従来型の構成を色濃く残している。

画像3: スポーティな「色気」を増した魅惑の進化!

従来型のCBR650Fは、徹底的な優等生であったがゆえに、バイクとしての「色気」が薄いのがネックだった。

今度はRになったが、基本的には大改変ではないだけに、正直、大きな進化は期待していなかった。
しかし、その予想は大間違いだった。

走り出してみるとエンジンは基本的に「まったり」とレスポンスする。同じCBRの400ほどではないが、優しくて穏やか。前と同じだ。と思っていたら、6000回転を過ぎるあたりから吹けの勢いが増してきて、明らかにパワー感が変わる。

さらに8000回転以上になるとトルクにコシが出る。

画像4: スポーティな「色気」を増した魅惑の進化!

ココからがパワーバンドの中心。力の核は9000〜1万2500回転。

スペックはFから5馬力アップの95馬力だが、その力量よりも出力特性の変化の方がインパクトが大きい。

こういった特性の実現に留意したとホンダが説明していたが、確かにそれは実を結んでいる。

サーキットをストイックに走るSS600たちほどの、強烈なトルク変動やパワーの扱いにくさはないし、ピークパワーは30馬力ほど抑えてあるから「使い切る」ためのスキルはFと同じ程度でいい。

画像5: スポーティな「色気」を増した魅惑の進化!

つまり、ビキナーに優しく、ベテランは気楽に使えるのだが、力量感と活気が増し、程よくスポーティな「色気」が加わっていたのだ。

もうひとつ驚いたのが、ソフトな動きで快適な乗り心地を生む前後サス。

フロントはプリロードのみ、リアはプリロードと伸び側の減衰調整ができるだけのシンプルなものだが、スタンダードセッティングのまま、かなりのハイペースでスポーティな機動に耐えるし、非常に快適なままなのだ。

高価で高級なパーツ、電動ライディングアシスト群を満載する600SSたちと競走をすればさすがにかなわないが、Fではできなかった速いペースで、気持ちよく走ることができる。

それに、限界を抑えているせいで、外乱や不意のスライドなどでの挙動が穏やかなのもいい。

この安心感は大きな魅力だ。

ホンダの「トルクコントロール」とは、俗に「トラクションコントロール」と呼ばれる機構。

これが効きすぎるセッティングになっていると加速も抑えられてしまう。

パワフルなリッターSSの中には、これがどこでも作動してしまうモデルもある。

だが、CBRの効きは本当のエマージェンシー対策のようだ。

フルバンクで少々乱暴な走りをしても作動しないし、荒れた路面でタイヤが跳ねながらスライドする場面でも、意識してスロットルを大きく開けない限り効かない。

一方で、直進時に砂やコケ、流水などを踏むとよく作動する。

CBR650Rは、スポーツバイクの雰囲気をエンジンやハンドリングで楽しめるモデル。

走りは決して遅くはないが、操るのに神経質になる必要がないのが魅力だ。

SPECIFICATION
全長×全幅×全高 2130×750×1150㎜
ホイールベース 1450㎜
最低地上高 130㎜
シート高 810㎜
乾燥重量 207㎏
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 648㏄
ボア×ストローク 67×46㎜
圧縮比 11.6
最高出力 95PS/12000rpm
最大トルク 6.5㎏-m/8500rpm
燃料供給方式 PGM-FI
燃料タンク容量 15L
キャスター角/トレール 25度30分/101㎜
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ310㎜ダブルディスク・φ240㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 120/70ZR17・180/55ZR17
メーカー希望小売価格(税込):マットバリスティックブラックメタリック103万6800円/グランプリレッド:106万9200円

RIDING POSITION 身長:176㎝ 体重:68㎏

画像: RIDING POSITION  身長:176㎝  体重:68㎏

後ろめに座るとかなりの前傾に感じる。

バックステップに慣れているライダーだと、ステップ位置が少々前に感じるかもしれないが、踏ん張りが効いて機動させやすいし、街乗りでの上体の支えにもなって実用的だ。

DETAILS

画像1: DETAILS

シャープなフォルムのカウルと、兄貴分のCBR1000RRの流れを汲むグラフィックの採用で、全体の雰囲気はまさしくCBRと呼ぶにふさわしいもの。

エキパイの集合部をさりげなく見せるエアアウトレットもポイント。

セパレートハンドルはトップブリッジ下にマウントすることで若干位置を低くし、ライダーの前傾姿勢をやや強めている。

画像2: DETAILS

スポーツライディングの楽しさに大きく貢献するクイックシフター(アップ側のみ)は純正オプションパーツ。

反転表示液晶の一体型デジタルメーターを採用。

ギアポジション、シフトアップインジケーターのほか、HSTCも表示する。

COLOR VARIATIONS

グランプリレッド

マットバリスティックブラックメタリック

PHOTO:赤松 孝、南 孝幸 TEXT:宮崎敬一郎、本誌編集部

公式サイト

最新モデルの試乗インプレッションは、オートバイ本誌でご覧ください!

This article is a sponsored article by
''.