80年代のパリダカマシンを想わせる印象的なスタイルと、信頼性の高さと力強さを併せ持つモトグッツィ伝統の853cc縦置き空冷Vツインエンジンを組み合わせた「クラシック・トラベル・エンデューロ」として注目されるアドベンチャーツアラーがV85TTだ。

撮影:松川 忍 文:濱矢文夫/小松信夫/編集部

悪路を突き進むだけがアドベンチャーではない !

MOTO GUZZI V85TT

「上品でラグジュアリーな走りを生む独自のパッケージ」

画像: 悪路を突き進むだけがアドベンチャーではない !

道無き道を進む砂漠での旅、まさに冒険というべきシーンを想定してデザインされた、かつてモトグッツィも挑戦していたパリ・ダカールラリー黄金時代を思い起こさせるクラシカルなラリーマシン風スタイルに、ライダーをサポートするライディングモードをはじめとする電子制御デバイスや軽量で大光量のLEDヘッドライトといった、最新のアドベンチャーツアラーのテクノロジーを融合。

そのバックボーンには、モトグッツィが半世紀にわたり開発を重ねてきた空冷Vツインエンジンを中核とする、信頼性抜群のメカニズムがあるのだ。

豊かなトルクとアドベンチャースタイルの化学反応で生まれた乗り味

画像: 豊かなトルクとアドベンチャースタイルの化学反応で生まれた乗り味

「ジャンルを超えたラグジュアリーモード!」

快適さに活路を見出しアドベンチャーモデルで具現化

他メーカーからリリースされるアドベンチャーモデルは、スポーツモデルの様な一線級のハイパフォーマンス&ハイスペックエンジンを搭載するモデルが多い中、モトグッツィは伝統の空冷縦置きVツインエンジンを採用している。

我が道を行くモトグッツィならではの、揺るぎない空冷縦置きVツインへの拘りをひしひしと感じるが、アドベンチャーモデルとの相性はどうなのか興味を惹かれるところだ。

画像1: 快適さに活路を見出しアドベンチャーモデルで具現化

ハイスペックな最新モデルは、排気量を感じさせないほど軽量化を果たしているものも見受けられるが、V85TTに搭載される空冷縦置きVツインエンジンの存在感は、お世辞にも「軽やか」「軽快」といった形容はし難い重量感のあるものとなっている。

また、その重量感をより一層感じやすくさせるかのように、大幅なストローク量を有するショックアブサーバーによるハイト化された車高が大きく影響を与えている。

どうしてもフルパニア装着時にはサイドスタンドを出し停車している状態から、跨ったままで車体を起こすというのは、177cmの身長をもってしても労力を要し、スタート前からその重量感を感じずにはいられなかった。

ネガとも思えるエンジンを含めた車体構成も、それ凌駕する魅力があるからこそ、と信じてスタートしてみた。

画像2: 快適さに活路を見出しアドベンチャーモデルで具現化

進化し続ける空冷縦置きVツインは、環境性能や出力の向上を果たすものの、エンジン回転の上昇下降などの〝ツキ〟で変動するジャイロ効果による、車体を左右に揺らす挙動はV85TTでもハッキリと存在し、アドベンチャーモデルとはいえ「これぞモトグッツィ」といったフィーリングが残されている。

ホンの少ししか味わえないハイパフォーマンスより、信号待ちなど日常で感じて楽しめるフィーリングを大切にしているというのが良くわかり、乗り手としても嬉しく感じる一瞬である。

画像3: 快適さに活路を見出しアドベンチャーモデルで具現化

現在、ストリートユースに照準を当てたアドベンチャーモデルというジャンルにおいて、過度なエンジンパフォーマンスや高い最低地上高&シート高となる足まわりなどを有する車両では、尖った性質上ネガな面だけが浮き彫りとなった評価となってしまうこともあるだろう。

とはいえ、特殊であり突出した機能を備えていることは、所有欲を満たすためにはなくてはならないファクターとなっている。

では、V85TTにおいての他車をも凌ぐハイライトはというと、実は思い浮かばない。いや、むしろ普遍的な構成とチャレンジングなセッティングは、古くからのファンも初めてモトグッツィに乗る方も新鮮であることは間違いないはず。

画像4: 快適さに活路を見出しアドベンチャーモデルで具現化

テイスティな鼓動感が特徴のエンジンは、低速域から中速域までの豊かで太いトルクを生み、アドベンチャーモデルとしてのキャラクター作りに深みを増している。

エンジン高回転域で最高出力を発揮しパフォーマンスする車両とは対照的な、スタートから巡航に至るまで淀みない太いトルクは、きめ細やかに動き大幅なストローク量のある前後ショックとのセットにより、それこそラグジュアリーモデルの様な質の高い乗り心地を提供してくれる。

もちろん一度走り出してしまえば、走り出す前に感じたエンジンや車体の重さによる重量感はなくなり、ただひたすら上品かつ快適な走行フィールに浸ってしまうこと請け合いだろう。

画像5: 快適さに活路を見出しアドベンチャーモデルで具現化

正直、悪路を突き進むイメージの強いアドベンチャーモデルで、ここまでラグジュアリーモデルのような上質な走りを味わえるとは思わなかった。アドベンチャーモデルならではの大らかなポジションは自由度も高くストレスが少ないため、長時間走行も快適。

しかも、程よい反発力でコシのあるシートは、どっしり腰を据えることができるほか、グリップ力のある表皮によって安定したコントロールのアシストに一役かってくれる。また、二段構えのタンデムシートは、ソロシート同様のクオリティのため、タンデムでのロングツーリングにも十分耐え得る仕様となっている。

確かに、一人で乗るには贅沢過ぎるラグジュアリーさなので、「是非タンデムで!」というメッセージを感じずにはいられなかった。

画像6: 快適さに活路を見出しアドベンチャーモデルで具現化

MOTO GUZZI V85TT detail

画像: 排気量850㏄、空冷縦置OHV2バルブV型2気筒エンジンと聞くとV9系がベースと思われそうだが、V85TT用のエンジンはシリンダーヘッドからクランクケースまで完全なる新設計。レーシングマシンに使われるチタンなどの素材も使用して最高出力80HPという強力なパワーを発揮。クランクケースはフレームの強度メンバーとして利用することを前提にデザインされ、潤滑系も信頼性を高める贅沢な造りを採用。

排気量850㏄、空冷縦置OHV2バルブV型2気筒エンジンと聞くとV9系がベースと思われそうだが、V85TT用のエンジンはシリンダーヘッドからクランクケースまで完全なる新設計。レーシングマシンに使われるチタンなどの素材も使用して最高出力80HPという強力なパワーを発揮。クランクケースはフレームの強度メンバーとして利用することを前提にデザインされ、潤滑系も信頼性を高める贅沢な造りを採用。

画像: このクラスのアドベンチャーツアラーとしては唯一シャフトドライブを採用する。右側スイングアーム内には、ドライブシャフトとミッションが収められていてる。車体右側にオフセットしてマウントされているモノショックのリアサスは、プリロードと減衰力の調整が可能。ホイールトラベルは前後共に約170mmを確保。

このクラスのアドベンチャーツアラーとしては唯一シャフトドライブを採用する。右側スイングアーム内には、ドライブシャフトとミッションが収められていてる。車体右側にオフセットしてマウントされているモノショックのリアサスは、プリロードと減衰力の調整が可能。ホイールトラベルは前後共に約170mmを確保。

画像: テールランプには印象的な二眼デザインを採用していて、光源はウインカーも合わせて全てLED。頑丈なスチールパイプ製のタンデムグリップは、リアキャリアも兼ねたもの。さらにオプションのパニアケースやトップケースを装着するためのマウントも備えていて、積載能力を拡張可能。

テールランプには印象的な二眼デザインを採用していて、光源はウインカーも合わせて全てLED。頑丈なスチールパイプ製のタンデムグリップは、リアキャリアも兼ねたもの。さらにオプションのパニアケースやトップケースを装着するためのマウントも備えていて、積載能力を拡張可能。

画像: TFTカラー液晶ディスプレイを採用したデジタルメーターは速度をはじめとするメーターとしての多彩な表示が可能な上に、さまざまな機能を操作することにも使用される。背景と色は、外部の環境が変化しても内蔵センサーの働きによって最適に調整。マルチメディアプラットフォームであるMIAは、オプションのECUを介してスマートフォンを接続し、機能を拡張することができる。

TFTカラー液晶ディスプレイを採用したデジタルメーターは速度をはじめとするメーターとしての多彩な表示が可能な上に、さまざまな機能を操作することにも使用される。背景と色は、外部の環境が変化しても内蔵センサーの働きによって最適に調整。マルチメディアプラットフォームであるMIAは、オプションのECUを介してスマートフォンを接続し、機能を拡張することができる。

ライダーを走行風による疲労から守る優れたウインドプロテクション性能を実現するために、風洞実験を繰り返して形状を決定したスモーク仕上げの大型ウインドスクリーン。往年のラリーマシンを想わせる大径の丸型ヘッドライトをデュアルで装備するが、中身は最新スペックのLEDヘッドライト。フロントフェンダーもパリダカ風味だ。

画像: パリダカを戦っていた往年のモトグッツィ製ラリーマシンを想わせる、容量21Lという大きなサイズの燃料タンクを装備していて、約400㎞の航続距離を想定している。ライダーとの一体感を重視した人間工学的なデザインに、フロントフォークとの干渉を避ける逃げや、シリンダーヘッドをクリアする凹みなどが加わった複雑な形状となっている。

パリダカを戦っていた往年のモトグッツィ製ラリーマシンを想わせる、容量21Lという大きなサイズの燃料タンクを装備していて、約400㎞の航続距離を想定している。ライダーとの一体感を重視した人間工学的なデザインに、フロントフォークとの干渉を避ける逃げや、シリンダーヘッドをクリアする凹みなどが加わった複雑な形状となっている。

画像: 着座時の快適性に加えて、オフロード走行時のスタンディング姿勢での動きやすさも両立させるために、ライダーとシートの接触範囲について幅広い研究を行って開発されたシート。シート高は830㎜に抑えられ、車体の形状にも配慮することで優れた足着き性を実現。シートの下には実用的な収納スペースも用意されている。

着座時の快適性に加えて、オフロード走行時のスタンディング姿勢での動きやすさも両立させるために、ライダーとシートの接触範囲について幅広い研究を行って開発されたシート。シート高は830㎜に抑えられ、車体の形状にも配慮することで優れた足着き性を実現。シートの下には実用的な収納スペースも用意されている。

画像: 無理なくグリップを握れる適切な腕の曲がり具合を得れるように、調整式のハンドルバーを装備。悪天候や寒さから手を保護するためにグリップガードも備えている。ハンドル左スイッチボックスには標準装備のクルーズコントロールのスイッチ、右スイッチボックスにはトリップモードの切り替えスイッチが配置されている。

無理なくグリップを握れる適切な腕の曲がり具合を得れるように、調整式のハンドルバーを装備。悪天候や寒さから手を保護するためにグリップガードも備えている。ハンドル左スイッチボックスには標準装備のクルーズコントロールのスイッチ、右スイッチボックスにはトリップモードの切り替えスイッチが配置されている。

リアブレーキは、260㎜ステンレス製ローターに2ピストンフローティングキャリパーという組み合わせ。サイレンサーの位置を高くするためにエキゾーストパイプを直線的に取り回す必要があり、スイングアームの左側は湾曲した形状にされて横方向への張り出しを抑えた。

インナーチューブ径Φ41㎜の倒立フロントフォークは、プリロードとリバウンドダンパーの調整が可能。フロントのブレーキは320㎜ステンレス製ローターと、Brembo製対向4ピストンラジアルマウントキャリパーをダブルで装備し、マルチマップタイプのコンチネンタル製ABSシステムでコントロールされる。

画像: 専用デザインされたオプションのサイドパニアセット。1.5mm厚のアルミ板で造られた本体を粉体塗装で仕上げていて、高い質感、優れた機能と耐久性を両立。容量は右側・38L、左側・33Lと余裕の収納力を備える。トップケースもサイドパニアと同様の造りで、こちらも48Lという充分な容量を確保。これらは専用のセーフティキーによってわずか数秒で簡単に脱着できる。

専用デザインされたオプションのサイドパニアセット。1.5mm厚のアルミ板で造られた本体を粉体塗装で仕上げていて、高い質感、優れた機能と耐久性を両立。容量は右側・38L、左側・33Lと余裕の収納力を備える。トップケースもサイドパニアと同様の造りで、こちらも48Lという充分な容量を確保。これらは専用のセーフティキーによってわずか数秒で簡単に脱着できる。

画像: イタリアのマフラーブランド・Arrow製のエグゾーストもオプションとして設定。ノーマルマフラーよりも軽量で、しかもVツインらしいアグレッシブなサウンドを強調できる。ヒートプロテクター、サポートクランプ、カーボン製エンドキャップなど、細かなディテールにもこだわった上質な仕上がりも特徴。

イタリアのマフラーブランド・Arrow製のエグゾーストもオプションとして設定。ノーマルマフラーよりも軽量で、しかもVツインらしいアグレッシブなサウンドを強調できる。ヒートプロテクター、サポートクランプ、カーボン製エンドキャップなど、細かなディテールにもこだわった上質な仕上がりも特徴。

SPECIFICATIONS V85TT
全長×全幅×全高 -×-×-mm
ホイールベース -mm
シート高 830mm
車両重量 229kg
総排気量 853cc
ボア×ストローク 84×77mm
最高出力 80HP/7750rpm
最大トルク 8.1㎏m/5000rpm
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 21L
変速機形式 6速リターン
タイヤサイズ前・後 110/80-19・150/70-17
価格 142万4500円〜145万2000円(税込)

【Debut!】MOTO GUZZI V85TT TRAVEL

アドベンチャーツーリングのアクセサリー類を多数標準装備した「トラベル」バージョンが登場!

画像3: 【試乗インプレ】モトグッツィ「V85TT」快適さに活路を見い出したアドベンチャーモデル<ADVenture's 2020>

個性的なV85TTをベースに、ロングツーリングのための装備を充実させたのがV85TTトラべルだ。スタンダードモデルより大型化され防風性能を高めたスクリーン、LEDフォグランプ、右側37L・左側27.5Lという大容量で専用デザインのパニアケース、グリップヒーターを装着するなど、利便性、快適性を高めるアクセサリーを標準装備。センタースタンドはオプション装備可能。砂漠をイメージした専用色のサッビアナミブと専用のグラフィックを採用。

SPECIFICATIONS V85TT TRAVEL

全長×全幅×全高:2240×950×1445㎜ ホイールベース:− シート高:830㎜ 車両重量:231㎏(サイドパニア除く) エンジン形式:空冷4ストロークV型2気筒OHV2バルブ 総排気量:853㏄ ボア×ストローク:84×77㎜ 最高出力:80hp/7750rpm 最大トルク:8.15㎏m/5000rpm 燃料供給方式:FI 燃料タンク容量:21L 変速機形式:6速リターン タイヤサイズ前・後:100/80-19・150/70-17 価格:159万5000円

This article is a sponsored article by
''.