カワサキらしさが導く250スポーツの新たな個性

カワサキが自信を持って送り出す「最高の4気筒」

画像: Kawasaki Ninja ZX-25R 総排気量:249cc エンジン:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 メーカー希望小売価格(税込):82万5,000円/SE、SE KRT EDITIONは、91万3,000円 発売予定日:2020年9月10日 ※写真のモデルは、Ninja ZX-25R SE KRT EDITION

Kawasaki Ninja ZX-25R

総排気量:249cc
エンジン:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
メーカー希望小売価格(税込):82万5,000円/SE、SE KRT EDITIONは、91万3,000円
発売予定日:2020年9月10日

※写真のモデルは、Ninja ZX-25R SE KRT EDITION

ZXR250以来、25年ぶりに復活した4気筒エンジンを持つNinja ZX-25R。250ccスポーツが活況を呈している東南アジア、特にインドネシアをメインとした地域からの熱いリクエストが開発の背景にあったそうだが、他社にはない、高性能で独創的なものを追求する「カワサキらしさ」に満ちたモデルであることも大きな理由のひとつだろう。

画像: 山本哲路 氏(開発リーダー、中央) 川崎重工業 モーターサイクル&エンジンカンパニー 技術本部 第一設計部 第三課 山東雅弥 氏(車体設計、左) 川崎重工業 モーターサイクル&エンジンカンパニー 技術本部 第二設計部 第三課 野崎浩司 氏(開発ライダー、右) 株式会社ケイテック ケイテック実験部 製品評価課

山本哲路氏(開発リーダー、中央)
川崎重工業
モーターサイクル&エンジンカンパニー
技術本部 第一設計部 第三課

山東雅弥氏(車体設計、左)
川崎重工業
モーターサイクル&エンジンカンパニー
技術本部 第二設計部 第三課

野崎浩司氏(開発ライダー、右)
株式会社ケイテック
ケイテック実験部 製品評価課

「もちろんプレッシャーはありましたが、4気筒のカワサキらしいエンジンのバイクを開発できる、ということで、それ以上にワクワクしていました」と、開発リーダーの山本さんは当時を振り返る。

目指すのはいつでも最強・最速。ものづくりに真っ直ぐなカワサキとしてこだわったのは「高回転域ではもちろん、低中回転域でもパワフルなエンジン」というものだった。

「ZXR250を上回るスペックを実現するのはもちろんのこと、高揚感のあるサウンド、上質なフィーリングというのも大切にしました。高回転域と低中回転域の性能を両立させるのには非常に苦労しましたし、クイックシフターにもずいぶん手を焼きましたが、その分、非常にスムーズで、乗って気持ちのいいモデルに仕上がったと思っています」

ZX-10R、6Rというカワサキが誇るスーパースポーツたちのノウハウが活かされている車体の設計を担当したのは山東さん。「自分が乗りたい、と思えるバイクを造ろう」という想いで開発を担当したそうだ。

「高速域でも安定した性能を確保しつつ、軽快に楽しめる車体、というコンセプトだったのですが、フレームの剛性バランスの調整に苦労しました。25Rは10R譲りのホリゾンタルマウントリアサスを採用した、剛性の高いフレームですが、軽快なハンドリング、しなやかさをどう実現するかが大変でした」

画像1: カワサキが自信を持って送り出す「最高の4気筒」

それまで250cc4気筒のマシンに乗ったことがなかった、という開発ライダーの野崎さん。25Rで初めて超高回転型ユニットに触れ、開発に際して「気合が入った」と振り返ってくれた。

「精密な部品たちが回っている。そんな印象のエンジンでした。高回転域でのサウンドもやる気にさせてくれるものでした。開発は長いコースのオートポリスを中心に行いましたが、250ccでも手に余ることなく、十分に楽しめました。コーナーもかなり面白いし、何よりアクセルを開けるのが楽しいです。剛性バランスの確保には苦労しましたが、いいところでまとまったと自負しています」

構想自体はかなり前からあって「市場の動向を見ながら、ずっとベストな機会を伺っていた」というZX-25R。満を持してカワサキが放つ「最高の250cc4気筒」を味わえる日も、もうすぐだ。

「4気筒エンジンならではの、胸のすくようなフィーリングをぜひ味わって下さい!」

画像2: カワサキが自信を持って送り出す「最高の4気筒」

文:オートバイ編集部/写真:鶴身 健

カワサキ「Ninja ZX-25R」主なスペックと価格

全長×全幅×全高1980mm×750mm×1110mm
ホイールベース1380mm
最低地上高125mm
シート高785mm
車両重量183kg(SE・SE KRTは184kg)
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量249cc
ボア×ストローク50.0×31.8mm
圧縮比11.5
最高出力33kW(45PS)/15500rpm ラムエア加圧時:34kW(46PS)/15500rpm
最大トルク21N・m(2.1kgf・m)/13000rpm
燃料タンク容量15L
変速機形式6速リターン
キャスター角24.2゜
トレール量99mm
タイヤサイズ(前・後)110/70R17M/C 54H・150/60R17M/C 66H
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク 310mm (外径)・シングルディスク 220mm (外径)
メーカー希望小売価格税込82万5000円(SE・SE KRTは税込91万3000円)

This article is a sponsored article by
''.