いよいよその全貌が明らかになったニンジャZX-25R。今回はカラーとグレード構成を紹介しよう。装備内容の違いで、スタンダードと上級グレードのSE、そしてワークスカラーをまとったKRTエディションの3タイプが用意される。あらゆる角度からスタイリングもチェック!

四半世紀ぶりに登場した4気筒250ccのグレード構成は?

画像: 四半世紀ぶりに登場した4気筒250ccのグレード構成は?

レーサーレプリカブームを彩ったかつての4気筒マシン・ZXR250から25年。250ccスポーツクラスをリードする最高峰モデルとして、カワサキが再び投入する4気筒スーパースポーツ。それがニンジャZX-25Rだ。

ZXという名の通り、この25RはZX-10R、ZX-6Rの流れを汲んだスーパースポーツらしいデザインを採用。センターラムエアシステムの吸気口が、このバイクがただ者ではないことを雄弁に物語っている。

今回設定されたラインアップは、スタンダードとSEの2種類。価格はスタンダードが82万5000円、SEが91万3000円と、噂されていたものよりも安い価格設定で登場した。SEはクイックシフターや各種アクセサリーが標準装備された上位グレードで、価格差は8万8000円。KRTエディションはSEをベースに、SBKを戦うカワサキのワークスチームカラーを採用したグレードだ。

発売予定日は2020年9月10日となっている。

※写真は海外仕様で、サイドカウルにある「4CYLINDER」の文字は国内仕様には入らない。

Ninja ZX-25R/税込82万5,000円

カラー:メタリックスパークブラック(BK1)

Ninja ZX-25R SE/税込91万3,000円

カラー:メタリックスパークブラック×パールフラットスターダストホワイト(BK2)

Ninja ZX-25R SE KRT EDITION/税込91万3,000円

カラー:ライムグリーン×エボニー(GN1)

【アンケート】あなたがもし買うならどのZX-25Rを選びますか?

画像10: カワサキ「Ninja ZX-25R」のグレード構成とスタイリングを解説! スタンダードモデルと上級「SE」の価格差は8万8000円

あなた好みの一台はどれですか? ポチっとお選びください。
投票後、集計結果をご覧いただけます!

  • 画像11: カワサキ「Ninja ZX-25R」のグレード構成とスタイリングを解説! スタンダードモデルと上級「SE」の価格差は8万8000円
    Ninja ZX-25R SE
  • 画像12: カワサキ「Ninja ZX-25R」のグレード構成とスタイリングを解説! スタンダードモデルと上級「SE」の価格差は8万8000円
    Ninja ZX-25R SE KRT EDITION
  • 画像13: カワサキ「Ninja ZX-25R」のグレード構成とスタイリングを解説! スタンダードモデルと上級「SE」の価格差は8万8000円
    Ninja ZX-25R
  • 画像14: カワサキ「Ninja ZX-25R」のグレード構成とスタイリングを解説! スタンダードモデルと上級「SE」の価格差は8万8000円
    Ninja ZX-25R SE
    36
    347
  • 画像15: カワサキ「Ninja ZX-25R」のグレード構成とスタイリングを解説! スタンダードモデルと上級「SE」の価格差は8万8000円
    Ninja ZX-25R SE KRT EDITION
    46
    434
  • 画像16: カワサキ「Ninja ZX-25R」のグレード構成とスタイリングを解説! スタンダードモデルと上級「SE」の価格差は8万8000円
    Ninja ZX-25R
    18
    172

投票、ありがとうございました!

Ninja ZX-25Rシリーズ スタイリング解説

画像: スタイリングは兄貴分のZX-6Rに近い、カワサキのスーパースポーツらしいデザイン。

スタイリングは兄貴分のZX-6Rに近い、カワサキのスーパースポーツらしいデザイン。

画像: ベースグレードとなるスタンダードはソリッドブラックのみの設定。SEに標準のクイックシフターやスライダー、スモークスクリーンなどのパーツはオプション扱いとなる。

ベースグレードとなるスタンダードはソリッドブラックのみの設定。SEに標準のクイックシフターやスライダー、スモークスクリーンなどのパーツはオプション扱いとなる。

画像: ニンジャ250に対して全長は10mm短いが、ホイールベースは10mm長く、全高は15mm、最低地上高は20mm低い。やはり4気筒だけに、スタンダードだと車重は17kg増となる。

ニンジャ250に対して全長は10mm短いが、ホイールベースは10mm長く、全高は15mm、最低地上高は20mm低い。やはり4気筒だけに、スタンダードだと車重は17kg増となる。

ZXシリーズらしいフロントビュー。グラマラスに張り出したサイドカウルの下部に設けられた左右のエアダクトは、エンジンの冷却性能を高めるために設けられたもの。

テールカウルはスッキリと絞り込まれており、サイドパネルの張り出しがなければ、ボディワークは全体的にスリム。ちなみに、全幅はニンジャ250より40mm広い750mm。

画像: 4気筒エンジンを搭載するため、フロントカウルはボリューミーだが、ライダーがニーグリップするタンク後半部分からはしっかり絞り込まれており、足つきは良好そうだ。

4気筒エンジンを搭載するため、フロントカウルはボリューミーだが、ライダーがニーグリップするタンク後半部分からはしっかり絞り込まれており、足つきは良好そうだ。

まとめ:オートバイ編集部

Ninja ZX-25Rシリーズ 主なスペックと価格

全長×全幅×全高1980mm×750mm×1110mm
ホイールベース1380mm
最低地上高125mm
シート高785mm
車両重量183kg(SE・SE KRTは184kg)
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量249cc
ボア×ストローク50.0×31.8mm
圧縮比11.5
最高出力33kW(45PS)/15500rpm ラムエア加圧時:34kW(46PS)/15500rpm
最大トルク21N・m(2.1kgf・m)/13000rpm
燃料タンク容量15L
変速機形式6速リターン
キャスター角24.2゜
トレール量99mm
タイヤサイズ(前・後)110/70R17M/C 54H・150/60R17M/C 66H
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク 310mm (外径)・シングルディスク 220mm (外径)
メーカー希望小売価格税込82万5000円(SE・SE KRTは税込91万3000円)

This article is a sponsored article by
''.