CT110へのリスペクトを感じるデザイン、ホンダ「CT125・ハンターカブ」

画像: Honda 「CT125・ハンターカブ」 総排気量:124cc 発売日:2020年6月26日(金)予定 価格:44万円(税込)

Honda 「CT125・ハンターカブ」

総排気量:124cc
発売日:2020年6月26日(金)予定
価格:44万円(税込)

ついに2020年6月の市販が決定したCT125・ハンターカブ。市販型は、昨年の東京モーターショーで衝撃のデビューを果たしたコンセプトモデルのスタイリングをほぼそのまま踏襲する形での登場となった。

スタイリングは1981年に発売された、先代モデルにあたるCT110のデザインを継承、現代版としてアップデートしたもので、随所にCT110へのリスペクトとオマージュを感じさせるものとなっている。

画像: Honda「CT110」(1981年)

Honda「CT110」(1981年)

前後のウインカーをあえて大きな角形デザインとしたり、ダウンチューブの「HONDA」ロゴや、サイドカバーの車名ロゴは往年のCT110を思わせるもの。

サイドに配したエアクリーナーの吸気をハイマウント方式とするなど「CTらしさ」にもこだわった造りは、昔からのCTファンも納得させるものだ。一方で、ヘッドライト、テールランプ、ウインカーの灯火類を全てLEDとするなど、最新モデルらしいアイテムもしっかり装備している。

画像: 東京モーターショーではレッドのみの公開だったが、市販型ではアウトドアイメージのマットブラウンも登場。ハンターカブらしい、魅力的なカラーバリエーションを展開する。

東京モーターショーではレッドのみの公開だったが、市販型ではアウトドアイメージのマットブラウンも登場。ハンターカブらしい、魅力的なカラーバリエーションを展開する。

165mmという余裕のある最低地上高を確保することで、ダート走行時などの走破性を一層高めている。アップハンドル採用で全幅は805mm、全高は1085mm。

大型のリアキャリアがタフなイメージを演出。実用性の高さが生み出す機能美を感じさせるリアビューとなっている。

ホンダ「CT125・ハンターカブ」は、行動半径を広げてくれるゆったりしたライポジが特徴

画像: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

「自然をゆったり楽しむ、トレッキングCub」をキーワードに、スーパーカブシリーズの魅力あふれる世界観をさらに広げるモデルとして誕生したCT125・ハンターカブ。

ストリートだけでなく、ちょっとしたツーリングやキャンプ、釣りなどのアウトドアシーンでも楽しめ、充実した休日のパートナーにもなる、CTの名にふさわしい完成度を誇る。

画像1: ホンダ「CT125・ハンターカブ」は、行動半径を広げてくれるゆったりしたライポジが特徴

ベースモデルのスーパーカブC125のホイールベースを10㎜延長し、シート高を20㎜アップ。ハンドルをアップタイプとすることで、大人でもゆったり乗れる、ゆとりあるライディングポジションを実現。最低地上高も165㎜に設定し、ちょっとしたダートも苦にならない走破性も手に入れている。

加えて、タンク容量を5.3リットルに拡大することで、さらなる行動半径の拡大を実現。もう少し走ってみよう、もっと奥まで足を踏み入れてみよう、とライダーに思わせるタフな相棒に仕上がっている。

画像2: ホンダ「CT125・ハンターカブ」は、行動半径を広げてくれるゆったりしたライポジが特徴

ホンダ「CT125・ハンターカブ」 カラーバリエーション

グローイングレッド

画像: グローイングレッド

マットフレスコブラウン

画像: マットフレスコブラウン

【人気カラー・アンケート】あなたはどっち派ですか?

レッドとブラウン、あなたはどちらのCT125・ハンターカブが好きですか?
投票後、集計結果をご覧いただけます。
※このアンケートはオリジナルサイトで参加できます。

  • 画像1: ホンダ「CT125・ハンターカブ」徹底解剖!〈スタイリング編〉
    グローイングレッド
  • 画像2: ホンダ「CT125・ハンターカブ」徹底解剖!〈スタイリング編〉
    マットフレ
  • 画像3: ホンダ「CT125・ハンターカブ」徹底解剖!〈スタイリング編〉
    グローイングレッド
    33
    946
  • 画像4: ホンダ「CT125・ハンターカブ」徹底解剖!〈スタイリング編〉
    マットフレ
    67
    1892

投票ありがとうございました!

ホンダ「CT125・ハンターカブ」主なスペックと価格

全長×全幅×全高1960×805×1085mm
ホイールベース1255mm
最低地上高165mm
シート高800mm
車両重量120kg
エンジン形式空冷4ストSOHC単気筒
総排気量124cc
ボア×ストローク52.4×57.9mm
圧縮比9.3
最高出力6.5kW(8.8PS)/7000rpm
最大トルク11N・m(1.1kgf・m)/4500rpm
燃料タンク容量5.3L
変速機形式常時噛合式4速リターン
キャスター角27°
トレール量80mm
タイヤサイズ(前・後)80/90-17M/C 44P・80/90-17M/C 44P
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
乗車定員2人
製造国タイ
メーカー希望小売価格(消費税10%込)44万円
画像6: ホンダ「CT125・ハンターカブ」徹底解剖!〈スタイリング編〉画像: ホンダ「CT125・ハンターカブ」主なスペックと価格

This article is a sponsored article by
''.