「ドゥカティ」=「イタリアンレッド」揺らぐことのないその方程式は、モーターサイクルスポーツ界に於いて大きな意味を持ち、連綿と永きに渡るスーパースポーツカルチャーの歴史に於いても重要な存在であることは確かだ。
 
そんなドゥカティのイタリアンレッドを纏わない、正当派ロードスポーツモデルとは異なるモデルラインアップをご存知だろうか? 圧倒的な存在感を放ち、どこまでも自由で、どこまでも突進できる冒険心を駆り立てる、そんな魅力的なモデルをピックアップする。

極みに至ったLツインエンジンが生む悪魔的超常現象は、神をも震撼させる!

圧倒的な存在感に後ずさりする……。

低く長いスタイルに筋骨隆々なボディデザイン、装飾で誤魔化した演出は一切なく、質実剛健を地で行くキャラクターに冠せられた名は、ボローニャの方言で禁断の悪魔を意味する「ディアベル」。

純粋にスポーツ性能を追求し、無垢の機能美に気高さを漂わすドゥカティレッドをまとうスポーツモデルを天使や神に例えれるならば、ディアベルは正しく悪魔的存在か?

ドゥカティならではのレーシングスペック直系のエクイップメントや様式にブレはないのだが、軽快さをウリにするスポーツモデルに対しあまりにも重厚感が桁違いに増しているといえる。

その存在感が放つ圧力は、スーパースポーツモデルを前にしての威圧感とは異なる、直感的に感じる獰猛さによるものなのかもしれない。ある意味、悪びれたり、ワルを演出する隙がないワン・アンド・オンリーの造り込みに、本物の凄みが存在すると言える。

画像: グラマラスな美しさと共に圧倒的なパワーの象徴として、ディアベルのスタイリングのキーポイントとなっている大きなサイズが目を引く燃料タンク。モデルチェンジで形状を一新し、一体になっている吸気ダクト廻りと合わせて、これまでよりシャープな仕上がりになっている。タンク容量は17L。

グラマラスな美しさと共に圧倒的なパワーの象徴として、ディアベルのスタイリングのキーポイントとなっている大きなサイズが目を引く燃料タンク。モデルチェンジで形状を一新し、一体になっている吸気ダクト廻りと合わせて、これまでよりシャープな仕上がりになっている。タンク容量は17L。

ストレート加速重視のドラッガーモデルでも、チョップドライクなバックヤードカスタムでも、またロングフォークに代表されるようなアメリカンでもない、ドゥカティが独自に提案するクルーザーとしてのこだわりが凝縮されたカタチなのだ。

ディアベルを前にすると、どのように乗りこなせば良いのか? どんなシチュエーションで走行すれば良いのか? どれぐらいのペースで? 等々と、要らぬ思考に翻弄されてしまうが、実は、チカラを抜いて付き合える、その名に反しているともいえる。

画像: レーシーさを感じさせる片持ちスイングアームも従来のディアベル同様。片持ち故にむき出しになった10本スポークホイール、240/45という極太で低扁平率のリアタイヤが、スリムなテールと対照的で強烈な印象を残す。

レーシーさを感じさせる片持ちスイングアームも従来のディアベル同様。片持ち故にむき出しになった10本スポークホイール、240/45という極太で低扁平率のリアタイヤが、スリムなテールと対照的で強烈な印象を残す。

窮屈さと縁遠い大らかなライディングポジションは、癖のない自然なもので、足着きにも配慮されたボディシェイプとシート高の設定で、身長160㎝に満たないライダーでも座ったままで取り回しが可能となっている。

ゆったり優雅な姿勢と視界が得られるライディングビューがすでにフレンドリーである。上半身の自由度の高さは、極低速走行が強いられる街乗りから、積極的な体重移動が必要な峠のワインディングまで幅広く対応。

大型な車体を翻すUターン時などでは極めてナーバスになりがちだが、アップライトなハンドルポジションのおかげで思いのままに出来ることは、ベテランであっても喜ばしいことである。

画像: 大柄な車体ではあるが、フラット&ワイドなハンドルの位置が意外に近いなど、リラックスした体勢でクルージングや街乗り、スポーツライディングまでこなせるフレキシブルなライディングポジション設定。世界中で非常に評価が高いこともあって、従来モデルのものが基本的に踏襲されている。

大柄な車体ではあるが、フラット&ワイドなハンドルの位置が意外に近いなど、リラックスした体勢でクルージングや街乗り、スポーツライディングまでこなせるフレキシブルなライディングポジション設定。世界中で非常に評価が高いこともあって、従来モデルのものが基本的に踏襲されている。

さらに今回試乗した「S」は、上級上質なショックユニットを採用することで、体格や走り方に合わせ好みのセッティングを可能にし、ライダーに寄り添う気遣いさを感じることができる。また気候や路面状況によってパワーデリバリーやアンチロックブレーキシステム、トラクションコントロール等々も好みに応じて設定できるので、ダイナミックかつシビアに目眩く道を自分のライディングスキルに合わせ攻略することが可能だ。

今後も、ディアベルSに用意されたアクセサリーパーツを搭載したパッケージモデルとともに、ディアベルSの魅力に触れていきたい。

画像: 燃料タンクから流れるように伸びる吸気ダクトが、テスタストレッタDVTエンジンの強大なパワーを想像させる。その下に見えるコンパクトなラジエターシュラウドの前縁に、縦長のLEDウインカーを埋め込むというユニークで独創的なデザインが目を引く。

燃料タンクから流れるように伸びる吸気ダクトが、テスタストレッタDVTエンジンの強大なパワーを想像させる。その下に見えるコンパクトなラジエターシュラウドの前縁に、縦長のLEDウインカーを埋め込むというユニークで独創的なデザインが目を引く。

画像: シンプルでコンパクト、軽快にまとめられたシートからテールにかけてのデザイン。従来モデルのディアベルのイメージを残しながら、シートレールから見直してシャープでスポーティな雰囲気に。厚手のクッションも備え、ライダー、パッセンジャー共に快適な乗り心地を確保。シート高780mmで足着きも良好だ。

シンプルでコンパクト、軽快にまとめられたシートからテールにかけてのデザイン。従来モデルのディアベルのイメージを残しながら、シートレールから見直してシャープでスポーティな雰囲気に。厚手のクッションも備え、ライダー、パッセンジャー共に快適な乗り心地を確保。シート高780mmで足着きも良好だ。

画像: スパッと切り落とされたような、フラットなシート下面にテールランプを埋め込むことで、テール周辺のシンプル化を徹底して印象的なリアビューを実現。縦長で左右に分離した形状のテールランプの光源はもちろんLED。その間に見えているT字状のパーツが、引き出されていない状態のグラブバーだ。

スパッと切り落とされたような、フラットなシート下面にテールランプを埋め込むことで、テール周辺のシンプル化を徹底して印象的なリアビューを実現。縦長で左右に分離した形状のテールランプの光源はもちろんLED。その間に見えているT字状のパーツが、引き出されていない状態のグラブバーだ。

画像: トランスミッションは6速。1260 Sでは、まるで最新スーパースポーツように、クラッチ操作なしでのシフトアップ&ダウン操作の両方に対応できる、ドゥカティ・クイック・シフトが装備されていて、隠しきれない高いポテンシャルをさらに楽しめるようになっている。

トランスミッションは6速。1260 Sでは、まるで最新スーパースポーツように、クラッチ操作なしでのシフトアップ&ダウン操作の両方に対応できる、ドゥカティ・クイック・シフトが装備されていて、隠しきれない高いポテンシャルをさらに楽しめるようになっている。

画像: ドゥカティのスーパーバイクシリーズ譲りの、クルーザースタイルの中で異分子のようにレーシーさを感じさせる片持ちスイングアームも従来のディアベル同様。片持ち故にむき出しになった10本スポークホイール、240/45という極太で低扁平率のリアタイヤが、スリムなテールと対照的で強烈な印象を残す。

ドゥカティのスーパーバイクシリーズ譲りの、クルーザースタイルの中で異分子のようにレーシーさを感じさせる片持ちスイングアームも従来のディアベル同様。片持ち故にむき出しになった10本スポークホイール、240/45という極太で低扁平率のリアタイヤが、スリムなテールと対照的で強烈な印象を残す。

画像: ハンドルポスト手前にマウントされたTFTカラー液晶メーター。ハンドル前方には各種のインジケーターを集中配置する。液晶メーターは最小限の情報のみ表示する標準モードをはじめ、状況や好みに合わせて4つの表示モードを選択することができる。

ハンドルポスト手前にマウントされたTFTカラー液晶メーター。ハンドル前方には各種のインジケーターを集中配置する。液晶メーターは最小限の情報のみ表示する標準モードをはじめ、状況や好みに合わせて4つの表示モードを選択することができる。

画像: 極みに至ったLツインエンジンが生む悪魔的超常現象は、神をも震撼させる!

Ducati Diavel1260S 主なスペックと価格

ホイールベース:1600mm
シート高:780mm
車両重量:244kg
エンジン形式:水冷4ストロークL型2気筒DOHC4バルブ
総排気量:1262cc
ボア×ストローク:106×71.5mm
最高出力:159PS/9500rpm
最大トルク:13.2kgm/7500rpm
燃料供給方式:FI
燃料タンク容量:17L
変速機形式:6速リターン
タイヤサイズ前・後:120/70ZR17・240/45ZR17
価格:ディアベル1260/236万5000円(消費税10%込)、ディアベル1260S/275万5000円(消費税10%込)

画像: Ducati Diavel1260S 主なスペックと価格

撮影:松川 忍 モデル:葉月美優 文:小松信夫/編集部
ウエア協力:AraiHelmet /KADOYA / Alpinestars

ドゥカティ 公式サイト

9月24日発売の『ゴーグル』最新号はドゥカティ特集!

This article is a sponsored article by
''.