2024年2月22日、ホンダは国内で販売する「CBR1000RR-R FIREBLADE」「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」の仕様変更を発表した。3月1日に全国のホンダドリームで発売される。

ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE」2024年モデルの特徴

画像: Honda CBR1000RR-R FIREBLADE 2024年モデル 総排気量:999cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 シート高:830mm 車両重量:200kg 発売日:2024年3月1日(金) 税込価格:248万6000円

Honda CBR1000RR-R FIREBLADE
2024年モデル

総排気量:999cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
シート高:830mm
車両重量:200kg

発売日:2024年3月1日(金)
税込価格:248万6000円

画像: Honda CBR1000RR-R FIREBLADE SP 2024年モデル 総排気量:999cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 シート高:830mm 車両重量:201kg 発売日:2024年3月1日(金) 税込価格:284万9000円

Honda CBR1000RR-R FIREBLADE SP
2024年モデル

総排気量:999cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
シート高:830mm
車両重量:201kg

発売日:2024年3月1日(金)
税込価格:284万9000円

熟成を図る仕様変更、新機構2モーター式スロットルバイワイヤを採用

ホンダのスーパースポーツCBRシリーズのフラッグシップモデルとなる「CBR1000RR-R FIREBLADE」が2024年型で進化を遂げた。

2024年モデルでの主な変更点は、エンジン各部の仕様熟成による中速域の加速性能向上、ホンダ製二輪車初の2モーター式スロットルバイワイヤ(TBW)を採用、車体の軽量化、新設計したウイングレット、ミドルカウル、アンダーカウルの採用となる。

排気量999ccの4気筒エンジンは最高出力218PS・最大トルク11.5kgf・mを発揮する。この数値に変更はないが発生回転数はそれぞれ14000rpmから14000rpm、12500rpmから12000rpmに下がっている。

画像1: ホンダ新型「CBR1000RR-R FIREBLADE」正式発表! 2024年モデルはエンジン改良、2モーター式スロットルバイワイヤを新採用
画像2: ホンダ新型「CBR1000RR-R FIREBLADE」正式発表! 2024年モデルはエンジン改良、2モーター式スロットルバイワイヤを新採用

カムシャフトのバルブタイミングとリフト量が変更され、ピストン頭部形状変更によって圧縮比アップなどが図られた(圧縮比は13.4から13.6になった)。その結果、中速域の加速性能が向上したという。

新たにホンダの二輪車では初となる2モーター式スロットルバイワイヤ(TBW)を採用。これによりスロットルバルブの開閉を2個のモーターで行うことで2気筒ごとの独立制御を実現。加速時のスロットルグリップ低開度域のコントロール性や、減速時のエンジンブレーキ効力増加など扱いやすさが高まった。

画像1: ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE」2024年モデルの特徴
画像2: ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE」2024年モデルの特徴

さらにクランクシャフトの形状変更や軽量化も図られ、慣性マスを低減し、スロットル操作に対するエンジン回転の鋭いレスポンスと、スムーズな追従性の実現。トランスミッションなどのギア比も変更されている。

車体はフレームボディの構成部品を新設計し軽量化、同時に剛性バランスが見直された。旋回性と接地感の向上が目的で、ハンドリング性能の自由度を高めたという。ウイングレット、ミドルカウル、アンダーカウルは新設計され、空力性能のさらなる向上を図っている。

画像: CBR1000RR-R FIREBLADE SP

CBR1000RR-R FIREBLADE SP

電子制御装備はTBWの採用による出力特性とエンジンブレーキ特性の変更に伴って、ライディングモードの各パラメーターを再設定。上級グレードの「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」には、ライダーの体重をメーターに入力することで、体重に応じた前後サスペンションの推奨プリロード値を表示する機能が追加されている。

「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」は、これまでどおりスタンダードモデルをベースにオーリンズ製の電子制御サスペンションやブレンボ製のフロントブレーキキャリパー、クイックシフターを標準装備している。

2024年モデルの車両価格は「CBR1000RR-R FIREBLADE」は税込248万6000円、「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」は税込284万9000円。発売日は2024年3月1日。

ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE」2024年モデルのカラーバリエーション

「CBR1000RR-R FIREBLADE」はグランプリレッドの1色。「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」はグランプリレッドとともにマットパールモリオンブラックをラインナップする。

CBR1000RR-R FIREBLADE|グランプリレッド|税込248万6000円

CBR1000RR-R FIREBLADE SP|グランプリレッド|税込284万9000円

CBR1000RR-R FIREBLADE SP|マットパールモリオンブラック|税込284万9000円

【アンケート】 あなたはどのモデルが好きですか?

お好きなモデルをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像9: ホンダ新型「CBR1000RR-R FIREBLADE」正式発表! 2024年モデルはエンジン改良、2モーター式スロットルバイワイヤを新採用
    スタンダード|グランプリレッド
  • 画像10: ホンダ新型「CBR1000RR-R FIREBLADE」正式発表! 2024年モデルはエンジン改良、2モーター式スロットルバイワイヤを新採用
    SP|グランプリレッド
  • 画像11: ホンダ新型「CBR1000RR-R FIREBLADE」正式発表! 2024年モデルはエンジン改良、2モーター式スロットルバイワイヤを新採用
    SP|マットパールモリオンブラック
  • 画像12: ホンダ新型「CBR1000RR-R FIREBLADE」正式発表! 2024年モデルはエンジン改良、2モーター式スロットルバイワイヤを新採用
    スタンダード|グランプリレッド
    14
    65
  • 画像13: ホンダ新型「CBR1000RR-R FIREBLADE」正式発表! 2024年モデルはエンジン改良、2モーター式スロットルバイワイヤを新採用
    SP|グランプリレッド
    51
    247
  • 画像14: ホンダ新型「CBR1000RR-R FIREBLADE」正式発表! 2024年モデルはエンジン改良、2モーター式スロットルバイワイヤを新採用
    SP|マットパールモリオンブラック
    35
    168

投票ありがとうございました。

ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE」2024年モデルの動画・写真

画像: New 2024 CBR1000RR-R Fireblade SP: Born to Race | Supersport Motorcycle | Honda www.youtube.com

New 2024 CBR1000RR-R Fireblade SP: Born to Race | Supersport Motorcycle | Honda

www.youtube.com

ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE」2024年モデルの主なスペック・燃費・製造国・価格

全長×全幅×全高2100×740《750》×1140mm
ホイールベース1450《1455》mm
最低地上高130mm
シート高830mm
車両重量200《201》kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量999cc
ボア×ストローク81.0×48.5mm
圧縮比13.6
最高出力160kW(218PS)/14000rpm
最大トルク113N・m(11.5kgf・m)/12000rpm
燃料タンク容量16L(無鉛プレミアムガソリン指定)
変速機形式6速リターン
キャスター角24°07′
トレール量102mm
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17M/C(58W)・200/55ZR17M/C(78W)
燃料消費率 WMTCモード値15.4km/L(クラス3-2)1名乗車時
製造国日本
メーカー希望小売価格248万6000円《284万9000円》(消費税10%込)
※《 》内はSP

まとめ:西野鉄兵

ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE」関連のおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.