ホンダは2022年11月2日に、欧州市場向け「CB125R」の2023年モデルを発表した。

ホンダ「CB125R」欧州仕様・2023年モデルの特徴

画像: Honda CB125R 欧州仕様・2023年モデル 総排気量:124.9cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒 シート高:816mm 車両重量:130kg

Honda CB125R
欧州仕様・2023年モデル

総排気量:124.9cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
シート高:816mm
車両重量:130kg

ホンダ「CB125R」は、2018年3月に新世代CBシリーズの最小排気量車としてデビュー。スタイリングのコンセプトは兄貴分のCB1000R、CB650R、CB250Rと共通し、モダンですっきりとしたネイキッドスタイルが魅力だ。

2021年4月にはモデルチェンジを受け、新型DOHC4バルブエンジンを搭載。同時に125ccクラスでは初となる高性能倒立フォーク・ショーワ製のSFF-BPを装着した。

そんな「CB125R」は、海外でも販売されている。欧州では日本未発表の2023年モデルが登場した。

欧州仕様の2023年モデルに、仕様や装備の大きな変更はない。カラーバリエーションは4色設定されており、いずれも日本の現行モデルとは異なる色使いとなっている。

ホンダ「CB125R」欧州仕様・2023年モデルのカラーバリエーション

マットガンパウダーブラックメタリック

マットクリプトンシルバーメタリック

キャンディクロモスフィアレッド

マットジーンズブルーメタリック

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

画像9: ホンダ「CB125R」の2023年モデルが欧州で登場! 日本未発表のカラー&グラフィック、計4色で展開

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像10: ホンダ「CB125R」の2023年モデルが欧州で登場! 日本未発表のカラー&グラフィック、計4色で展開
    キャンディクロモスフィアレッド
  • 画像11: ホンダ「CB125R」の2023年モデルが欧州で登場! 日本未発表のカラー&グラフィック、計4色で展開
    マットガンパウダーブラックメタリック
  • 画像12: ホンダ「CB125R」の2023年モデルが欧州で登場! 日本未発表のカラー&グラフィック、計4色で展開
    マットジーンズブルーメタリック
  • 画像13: ホンダ「CB125R」の2023年モデルが欧州で登場! 日本未発表のカラー&グラフィック、計4色で展開
    マットクリプトンシルバーメタリック
  • 画像14: ホンダ「CB125R」の2023年モデルが欧州で登場! 日本未発表のカラー&グラフィック、計4色で展開
    キャンディクロモスフィアレッド
    24
    200
  • 画像15: ホンダ「CB125R」の2023年モデルが欧州で登場! 日本未発表のカラー&グラフィック、計4色で展開
    マットガンパウダーブラックメタリック
    26
    214
  • 画像16: ホンダ「CB125R」の2023年モデルが欧州で登場! 日本未発表のカラー&グラフィック、計4色で展開
    マットジーンズブルーメタリック
    29
    238
  • 画像17: ホンダ「CB125R」の2023年モデルが欧州で登場! 日本未発表のカラー&グラフィック、計4色で展開
    マットクリプトンシルバーメタリック
    22
    182

投票ありがとうございました。

ホンダ「CB125R」欧州仕様・2023年モデルの主なスペック

全長×全幅×全高2015×820×1055mm
ホイールベース1345mm
最低地上高140mm
シート高816mm
車両重量130kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量124.9cc
ボア×ストローク57.3×48.4mm
圧縮比11.3
最高出力11.0kW/10000rpm
最大トルク11.6N・m/8000rpm
燃料タンク容量10.1L
変速機形式6速リターン
キャスター角24.2゜
トレール量90.2mm
タイヤサイズ(前・後)110/70R17M/C 54H・150/60R17M/C 66H
ブレーキ形式(前・後)Φ296mmシングルディスク・Φ220mmシングルディスク

まとめ:西野鉄兵

ホンダ「CB125R」関連のおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.