BMWから登場した新型車「M1000R」を紹介しよう。S1000Rをベースにしたレーシングマインドあふれるこのモデルは、ウイングレットをはじめとした「Mパーツ」をフル投入する本気の1台だ。

BMW「M1000R」の特徴

画像: BMW M 1000 R 総排気量:999cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 シート高:832mm 車両重量:199kg

BMW M 1000 R

総排気量:999cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
シート高:832mm
車両重量:199kg

「M」シリーズ2作目は大胆なウイング付きNK

BMWのプレミアムモデル・Mシリーズに、スポーツネイキッドの最高峰モデルとして「M1000R」が加わった。BMWの四輪高性能ブランドであるMシリーズだが、初の二輪モデルとなったM1000RRに続く第2弾ということになる。

高性能ネイキッドとして評価されてきたS1000Rの上位モデルでもあるM1000R最大の特徴は、フロントに装着された大型のウイングレット。999cc水冷直4エンジンは、最高出力をS1000Rの165PSから210PSへと大幅パワーアップ。ミッションや二次減速比変更と合わせて、豪快な加速を実現している。ライディングモードも専用設定だ。前後サスペンションはマルゾッキ製の電子制御タイプ。カーボン製ホイールなどを装備する「Mコンペティションパッケージ」も用意される。

画像: スタイリングはS1000Rがベース。しかしバーエンドミラーの採用や、質感や機能性を向上するためのパーツ変更でリファインされた。

スタイリングはS1000Rがベース。しかしバーエンドミラーの採用や、質感や機能性を向上するためのパーツ変更でリファインされた。

BMW「M1000R」カラーバリエーション

ライトホワイト / Mモータースポーツ

画像1: BMW「M1000R」カラーバリエーション

ブラックストームメタリック / Mモータースポーツ

画像2: BMW「M1000R」カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: BMWの新型車「M1000R」を解説|Mテクノロジーをフル投入、BMW史上最強のハイパーネイキッド!
    ライトホワイト / Mモータースポーツ
  • 画像2: BMWの新型車「M1000R」を解説|Mテクノロジーをフル投入、BMW史上最強のハイパーネイキッド!
    ブラックストームメタリック
    / Mモータースポーツ
  • 画像3: BMWの新型車「M1000R」を解説|Mテクノロジーをフル投入、BMW史上最強のハイパーネイキッド!
    ライトホワイト / Mモータースポーツ
    50
    249
  • 画像4: BMWの新型車「M1000R」を解説|Mテクノロジーをフル投入、BMW史上最強のハイパーネイキッド!
    ブラックストームメタリック
    / Mモータースポーツ
    50
    254

投票ありがとうございました。

This article is a sponsored article by
''.