2022年11月1日、ヤマハがオフロード重視のミドルアドベンチャーモデル「テネレ700」シリーズのヨーロッパ向け2023年モデルを発表した。

ヤマハ「テネレ700」「テネレ700ラリーエディション」の特徴

画像: YAMAHA Ténéré 700 2023年モデル・欧州仕様車 総排気量:689cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:875mm 車両重量:204kg

YAMAHA Ténéré 700
2023年モデル・欧州仕様車

総排気量:689cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:875mm
車両重量:204kg

画像: YAMAHA Ténéré 700 Rally Edition 2023年モデル・欧州仕様車 総排気量:689cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:875mm 車両重量:204kg

YAMAHA Ténéré 700 Rally Edition
2023年モデル・欧州仕様車

総排気量:689cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:875mm
車両重量:204kg

カラー液晶メーターと3モードABSを新たに採用

ヤマハ「テネレ700」は2019年にデビュー、本格的なオフロード走行に耐えうるラリーレイドマシン的なスタイリング、堅牢な造りのボディやストロークの長いサスペンション、MT-07系の力強くコントローラブルな690cc水冷並列2気筒エンジンの組み合わせによるオールラウンドなアドベンチャーモデル。アクラポヴィッチ製マフラーやスタンダードより強固なアンダーガードを標準装備する上級モデル「テネレ700 ラリーエディション」と合わせ、これまで4万台以上を販売してきた。

今回発表された2023年モデルの「テネレ700」と「テネレ700 ラリーエディション」では、定評のあるエンジンや車体の基本構成などはそのままに、アドベンチャーモデルとしての完成度を高めるためのアップグレードと改良が施された。

画像1: ヤマハ「テネレ700」「テネレ700ラリーエディション」の特徴

大きく変わったのは、新しい縦長5インチサイズのTFTカラー液晶メーターが装備されたこと。ライディングする状況に合わせて2つの画面表示モードを選択できるこのメーター、「Explorer」モードは、バーグラフ式のタコメーター表示中心のデザインで、ライダーがダート走行に求められるトルクを維持することに集中できる。もう一つの「Street」モードでは、アナログ表示風のなじみやすいデザイン。

画像2: ヤマハ「テネレ700」「テネレ700ラリーエディション」の特徴

どちらの表示モードも、分かりやすいアイコンと警告灯を巧みに組み合わせてあり、ライダーは道路状況や前方を走る車に集中しながら必要な情報を得ることが可能。また、ABSの設定などにも活用される。

加えて、MyRide アプリをインストールしたスマートフォンとBluetooth接続によって連携するための通信制御ユニットも新たに装備。アプリを起動すると液晶メーター上で電話、電子メールなどの着信通知を確認したり、アプリを介して走行中のデータ確認、走行ルートの追跡などが可能。データをSNSで共有したり、他のライダーと比較したりもできる。

画像3: ヤマハ「テネレ700」「テネレ700ラリーエディション」の特徴

従来の「テネレ700」のABSシステムは動作オンまたはオフの選択のみが可能だったが、今回発表された2023年モデルでは3モードABSに進化。この改良されたシステムは、ABSの動作を舗装路走行向けの前後輪オン、グリップが一定しない中程度のオフロード走行向けな前輪オン・後輪オフ、ハードな条件のオフロード走行に適している前後輪オフの3モードから選択ができる。

画像4: ヤマハ「テネレ700」「テネレ700ラリーエディション」の特徴

また新たに、純正オプションのクイックシフターシステムを取り付けるための配線も追加。

画像5: ヤマハ「テネレ700」「テネレ700ラリーエディション」の特徴

その他には、新しいフロントブレーキレバー、12V充電用USBポート、コンパクトなLEDウインカーも新しく装備。「テネレ700」のみだが、ヨーロッパの免許制度に合わせ、A2ライセンス向けに最高出力を制限した35kWバージョンも用意された。

ヤマハ「テネレ700」「テネレ700ラリーエディション」のカラー

2023年モデルの「テネレ700」のボディカラーは、いずれも新色のアイコンブルーとテックカモの2タイプ設定。

「テネレ700 ラリーエディション」は、従来モデルから引き続きヘリテージホワイトの1タイプのみの設定となっている。

画像: テネレ700 アイコンブルー

テネレ700

アイコンブルー

画像: テネレ700 テックカモ

テネレ700

テックカモ

画像: テネレ700 ラリーエディション ヘリテージホワイト

テネレ700 ラリーエディション

ヘリテージホワイト

【アンケート】 あなたはどのモデルが好きですか?

お好きなモデルをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ヤマハ「テネレ700」の2023年モデルが欧州で登場! TFT液晶メーターを新採用、ABSも進化
    アイコンブルー
  • 画像2: ヤマハ「テネレ700」の2023年モデルが欧州で登場! TFT液晶メーターを新採用、ABSも進化
    テックカモ
  • 画像3: ヤマハ「テネレ700」の2023年モデルが欧州で登場! TFT液晶メーターを新採用、ABSも進化
    ラリーエディション|ヘリテージホワイト
  • 画像4: ヤマハ「テネレ700」の2023年モデルが欧州で登場! TFT液晶メーターを新採用、ABSも進化
    アイコンブルー
    26
    226
  • 画像5: ヤマハ「テネレ700」の2023年モデルが欧州で登場! TFT液晶メーターを新採用、ABSも進化
    テックカモ
    25
    221
  • 画像6: ヤマハ「テネレ700」の2023年モデルが欧州で登場! TFT液晶メーターを新採用、ABSも進化
    ラリーエディション|ヘリテージホワイト
    50
    439

投票ありがとうございました。

ヤマハ「テネレ700」「テネレ700ラリーエディション」の公式動画

画像: 2023 Yamaha Ténéré 700: The Next Horizon is Yours www.youtube.com

2023 Yamaha Ténéré 700: The Next Horizon is Yours

www.youtube.com

ヤマハ「テネレ700」「テネレ700ラリーエディション」の主なスペック

全長×全幅×全高2370×905×1455mm
ホイールベース1420mm
シート高875mm
キャスター角27°
トレール105mm
車両重量204kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量689cc
ボア×ストローク80×68.6mm
圧縮比11.5
最高出力73.4PS/8750rpm
最大トルク6.8 kg-m/6500rpm
燃料タンク容量16L
変速機形式6速リターン
タイヤサイズ(前・後)90/90-21・150/70R18
ブレーキ形式(前・後)φ282mmダブルディスク・φ245mmディスク

まとめ:小松信夫

ヤマハ「テネレ700」関連のおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.