2022年モデルで新登場したアプリリアのアドベンチャーツアラー、アプリリア「トゥアレグ660」。最新ミドルスーパースポーツ・RS660などに採用された、659㏄並列2気筒エンジンを中心とする新世代プラットフォームをベースにしながら、ロングツーリングでの快適さとファンなライディング感覚を楽しめて、そして過酷なオフロード走行にも耐えうるように開発された。
 
専用フレームにフロント21・リア18インチ径のスポークホイールとストロークの長いサスペンションを与え、ライディングモードやトラクションコントロールなどの電子制御デバイスを統合したAPRCも搭載。徹底してシンプルさを追求してデザインされた、スポーティで機能美にあふれるスタイリングは、大容量タンク、自然なポジション設定、優れた快適性など、アドベンチャーツアラーに要求される機能も高いレベルで仕上げられている。
文:山口銀次郎、アドベンチャーズ編集部/写真:柴田直行/モデル:葉月美優

アプリリア「トゥアレグ660」各部装備・ディテール解説

画像1: アプリリア「トゥアレグ660」各部装備・ディテール解説

スタイリング

専用フレームにフロント21・リア18インチ径のスポークホイールとストロークの長いサスペンションを与え、ライディングモードやトラクションコントロールなどの電子制御デバイスを統合したAPRCも搭載。

徹底してシンプルさを追求してデザインされた、スポーティで機能美にあふれるスタイリングは、大容量タンク、自然なポジション設定、優れた快適性など、アドベンチャーツアラーに要求される機能も高いレベルで仕上げられている。


画像2: アプリリア「トゥアレグ660」各部装備・ディテール解説

エンジン

RS660などにも採用されている、270度位相のクランクを採用する水冷並列ツインエンジンは、アプリリアのフラッグシップ・RSV4などに搭載される強力な水冷V4エンジンと多くの共通点がある最新スペック。

スーパースポーツのRS660より最高出力は100HPから80HPにダウンしているが、最大トルクは上積みされ発生回転数も下げられるなど、オフロードで扱いやすい特性に仕立て直されている。


フロント足まわり

倒立フロントフォークは240mmという長いストロークで、エンデューロマシンに匹敵する高いレベルのオフロード性能を実現している。ホイール径はフロント21インチ、スポークホイールながらもチューブレスタイヤを装着している。Φ300mmローターにブレンボ製の異径2ピストンキャリパーをダブルで装着。


画像3: アプリリア「トゥアレグ660」各部装備・ディテール解説

リアブレーキ・マフラー

リアブレーキもブレンボ製で、シングルピストンキャリパーにΦ260mmローターを組み合わせる。ダウンマフラーだがオフロード走行を想定してサイレンサー形状はコンパクトにされ、マウント位置も高めで跳ね上げの角度も大きくされている。

画像4: アプリリア「トゥアレグ660」各部装備・ディテール解説

リアサスペンション・ホイール

リアにもチューブレスのスポークホイールを装着していて、ホイール径は18インチ。スパンの長いアルミ製スイングアームにリンクを介して組み合わせられるKYB製のサスペンションは、フロントの倒立フォークと同様に240mmという長いストロークを備える。伸側・圧側の減衰力とプリロードも調整が可能だ。


ヘッドライト・スクリーン

個性的な逆三角形デザインのLEDヘッドライトユニットに、防風効果の高い大型スクリーンを組み合わせた、ラリーレイドマシンを想わせるスタイルのフロントマスク。極めてシンプルなデザインながらも、アドベンチャーツアラーとしての高い機能性を備えている。


メーター・電子制御装備

洗練されたデザインで視認性に優れる5インチサイズのカラー液晶メーター。表示される情報の内容や、盤面のデザインなどをライダーの好みや用途に合わせて選択することが可能だ。

そしてこのメーター上から、4モードを選択できるライディングモードやABS、トラクションコントロール、クルーズコントロール、エンジンマップ、エンジンブレーキコントロールなどを統合したAPRC電子制御パッケージを、細かく設定できるようにもなっている。扱いやすい特性に仕立て直されている。


画像5: アプリリア「トゥアレグ660」各部装備・ディテール解説

燃料タンク

本格的なオフロードライディングを楽しめるように、コンパクトで扱いやすい車体を実現するため、燃料タンクはライダーの脚が触れる部分を中心に、スリムさを徹底するために細心の注意を払ってデザイン。しかも18Lという容量も確保されていて、アドベンチャーツアラーに要求される長大な航続距離を実現した。


画像6: アプリリア「トゥアレグ660」各部装備・ディテール解説

シート

並列2気筒エンジンを搭載するミドルサイズのアドベンチャーだが、エルゴノミクスデザインを取り入れることで、シートはスリムでまたがりやすく、しかもタンデムも含めて快適な造り。まるでエンデューロモデルのように、オフロード走行で必要になる積極的なポジションチェンジをしやすいようにデザイン。シート高は860mmとやや高い。


画像7: アプリリア「トゥアレグ660」各部装備・ディテール解説

テールランプ・ウインカー

LEDテールランプは鋭く尖ったテールカウル後端から、左右側面に回り込むような独特のデザインで視認性も良好。コンパクトなLEDウインカーは独立して配置される。


画像8: アプリリア「トゥアレグ660」各部装備・ディテール解説

パニアケース

快適性、機能性を向上させるためのオプションも豊富に用意。長旅には欠かせない積載性能を拡張できる、信頼性の高いパニアケースももちろん設定されている。

アプリリア「トゥアレグ660」公式動画

画像: 【公式動画】アプリリア トゥアレグ 660 登場|公式プレゼンテーション|aprilia www.youtube.com

【公式動画】アプリリア トゥアレグ 660 登場|公式プレゼンテーション|aprilia

www.youtube.com

アプリリア「トゥアレグ660」主なスペック・価格

全長×全幅×全高2200×965×NAmm
ホイールベース1525mm
シート高860mm
車両重量204kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量659cc
ボア×ストローク81×63.93mm
圧縮比13.5
最高出力58.8kW(80HP)/9250rpm
最大トルク70N・m(7.13kgf・m)/6500rpm
変速機形式6速リターン
燃料タンク容量18L
キャスター角26.7°
トレール113.3mm
タイヤサイズ(前・後)90/90-21・150/70R18
ブレーキ形式(前・後)Φ300mmダブルディスク・Φ260mmディスク
メーカー希望小売価格154万円(マーシャンレッド・アシッドゴールド)
156万2000円(インディゴタゲルマスト)

文:山口銀次郎、アドベンチャーズ編集部/写真:柴田直行/モデル:葉月美優

This article is a sponsored article by
''.