SYM「NH T 125」
税込価格:39万9300円

画像: 全長×全幅×全高:2068×860×1195mm ホイールベース:1405mm シート高:810mm ※写真カラーはレッド / ホワイト

全長×全幅×全高:2068×860×1195mm
ホイールベース:1405mm
シート高:810mm

※写真カラーはレッド / ホワイト

台湾のバイクメーカーであるSYM(エス・ワイ・エム)は、スクーターが有名だが、現在はMT車も日本に正規輸入されている。「NH T 125」は、原付二種では貴重なアドベンチャースタイルのモデルだ。

エンジンは空冷のOHCシングルで、フロントには19インチを採用し、ボディサイズもひとクラス上の堂々たるもの。前後ブレーキにはABSを搭載。大型のリアキャリアやUSBポートなどを標準装備しており、ツーリング適性も高い。

価格も魅力的で、カラーバリエーションも豊富に用意されている。また、軽二輪クラスとなる「NH T 200」もラインナップ。

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: SYM「NH T 125」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
    レッド / ホワイト
  • 画像2: SYM「NH T 125」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
    ブルー / ホワイト
  • 画像3: SYM「NH T 125」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
    ブラック / グレー
  • 画像4: SYM「NH T 125」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
    ブラック / ホワイト
  • 画像5: SYM「NH T 125」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
    レッド / ホワイト
    20
    63
  • 画像6: SYM「NH T 125」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
    ブルー / ホワイト
    23
    70
  • 画像7: SYM「NH T 125」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
    ブラック / グレー
    36
    110
  • 画像8: SYM「NH T 125」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
    ブラック / ホワイト
    21
    65

投票ありがとうございました!

エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量:124.1cc
ボア×ストローク:56.5×49.5mm
最高出力:8.0kW/9000rpm
最大トルク:9.3Nm/7500rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量:11L
変速機形式:5速リターン
ブレーキ前・後:Φ288mm油圧式シングルディスク・Φ222mm油圧式シングルディスク
タイヤサイズ前・後:110/90-17・130/80-17

This article is a sponsored article by
''.