Honda「CB125R」
税込価格:47万3000円

画像: 全長×全幅×全高:2040×820×1055mm ホイールベース:1345mm シート高:815mm 車両重量:130kg ※写真カラーはパールスモーキーグレー

全長×全幅×全高:2040×820×1055mm
ホイールベース:1345mm
シート高:815mm
車両重量:130kg

※写真カラーはパールスモーキーグレー

新世代CBシリーズの最小排気量モデル、CB125Rが2021年4月にモデルチェンジ。CB250Rと基本的に共通の車体という特徴は従来モデルそのまま、洗練されたカフェ・スタイルが与えられた。

エンジンはDOHC4バルブ化され、最高出力も13PSから15PSに向上。さらに倒立フロントフォークも、125ccクラス初のSFF-BPタイプにグレードアップ。

継続色の「キャンディークロモスフィアレッド」に「マットガンパウダーブラックメタリック」、「パールスモーキーグレー」が追加され、全3色のカラーバリエーションで展開。フロントフェンダーのカラーをタンク色と合わせるとともに、フロントフォークのアウターチューブやホイールをブラウン系の色調で統一するなど、外観上の質感アップも施された。

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ホンダ「CB125R」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
    マットガンパウダーブラックメタリック
  • 画像2: ホンダ「CB125R」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
    キャンディークロモスフィアレッド
  • 画像3: ホンダ「CB125R」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
    パールスモーキーグレー
  • 画像4: ホンダ「CB125R」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
    マットガンパウダーブラックメタリック
    22
    60
  • 画像5: ホンダ「CB125R」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
    キャンディークロモスフィアレッド
    44
    118
  • 画像6: ホンダ「CB125R」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
    パールスモーキーグレー
    34
    90

投票ありがとうございました!

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量:124cc
ボア×ストローク:57.3×48.4mm
圧縮比:11.3
最高出力:11kW(15PS)/10000rpm
最大トルク:12N・m(1.2kg-m)/8000rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量:10L
キャスター角:24°12'
トレール量:90mm
変速機形式:6速リターン
ブレーキ前・後:油圧式シングルディスク・油圧式シングルディスク
タイヤサイズ前・後:110/70R17M/C 54H・150/60R17M/C 66H

This article is a sponsored article by
''.