2022年6月28日、スズキがフラッグシップスポーツ「Hayabusa(ハヤブサ)」のカラーリングを変更した2022年モデルを発売した。

スズキ「ハヤブサ」の特徴

画像: SUZUKI Hayabusa 国内仕様・2022年モデル 総排気量:1339cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 シート高:800mm 車両重量:264kg 発売日:2022年6月28日 税込価格:215万6000円

SUZUKI Hayabusa

国内仕様・2022年モデル

総排気量:1339cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
シート高:800mm
車両重量:264kg

発売日:2022年6月28日
税込価格:215万6000円

「Hayabusa」は1999年の初代モデルから「Ultimate Sport(究極のスポーツバイク)」をコンセプトに、圧倒的な超高速を実現。しかも素直でバランスの良いこともあって、世界中でロングセラーとなった。2021年に14年ぶりにフルモデルチェンジした現行モデルも、基本構成は従来モデルから継承。しかし、流麗なフォルムを形作りながら、最新の空力技術を取り入れて空力特性を向上。

エンジン本体の改良に加え、電子制御スロットルを採用することで、トラクションコントロールやエンジンブレーキコントロールなどを統合、高性能を安心して発揮できるSDMS-α(スズキドライブモードセレクターアルファ)も採用するなど、あらゆる面での完成度をアップ。「Hayabusa」人気を再加速させた。

スズキ「ハヤブサ」2022年モデルの価格・発売日・標準カラー

今回のカラーリング変更では、標準モデルとして「サンダーグレーメタリック/キャンディダーリングレッド」、「グラススパークルブラック/マットブラックメタリックNo.2」 、「ブリリアントホワイト/パールビガーブルー」という、3タイプのカラーリングを設定。

車両価格は税込215万6000円。発売日は2022年6月28日。

画像: サンダーグレーメタリック/キャンディダーリングレッド (CJH)

サンダーグレーメタリック/キャンディダーリングレッド (CJH)

画像: グラススパークルブラック/マットブラックメタリック No.2(KGL)

グラススパークルブラック/マットブラックメタリック No.2(KGL)

画像: ブリリアントホワイト/パールビガーブルー(JWN)

ブリリアントホワイト/パールビガーブルー(JWN)

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: 【隼】スズキが「ハヤブサ」の2022年モデルを発売! 標準カラー3色+カラーオーダープラン18色の計21色が選択可能に
    サンダーグレーメタリック/キャンディダーリングレッド
  • 画像2: 【隼】スズキが「ハヤブサ」の2022年モデルを発売! 標準カラー3色+カラーオーダープラン18色の計21色が選択可能に
    グラススパークルブラック/マットブラックメタリックNo.2
  • 画像3: 【隼】スズキが「ハヤブサ」の2022年モデルを発売! 標準カラー3色+カラーオーダープラン18色の計21色が選択可能に
    ブリリアントホワイト/パールビガーブルー
  • 画像4: 【隼】スズキが「ハヤブサ」の2022年モデルを発売! 標準カラー3色+カラーオーダープラン18色の計21色が選択可能に
    サンダーグレーメタリック/キャンディダーリングレッド
    39
    842
  • 画像5: 【隼】スズキが「ハヤブサ」の2022年モデルを発売! 標準カラー3色+カラーオーダープラン18色の計21色が選択可能に
    グラススパークルブラック/マットブラックメタリックNo.2
    14
    307
  • 画像6: 【隼】スズキが「ハヤブサ」の2022年モデルを発売! 標準カラー3色+カラーオーダープラン18色の計21色が選択可能に
    ブリリアントホワイト/パールビガーブルー
    46
    994

投票ありがとうございました。

スズキ「ハヤブサ」2022年モデルのカラーオーダープラン

画像: SUZUKI Hayabusa 国内仕様・2022年モデル カラーオーダープラン例 写真のカラーは、グラススパークルブラック/パールビガーブルー/ホイール:ソリッドブラック 発売日:2022年6月28日 税込価格:221万1000円

SUZUKI Hayabusa

国内仕様・2022年モデル
カラーオーダープラン例
写真のカラーは、グラススパークルブラック/パールビガーブルー/ホイール:ソリッドブラック

発売日:2022年6月28日
税込価格:221万1000円

さらに標準モデルのボディカラーをベースに、ボディカラーの組み合わせと、前後ホイールのカラーを選択できるようにした「カラーオーダープラン」も設定(受注生産扱い)。

外装カウルがサンダーグレーメタリック、グラススパークルブラック、ブリリアントホワイトの3色あり、これに外装アクセントカラー3色、ホイール3色を組み合わせて選択することができ(一部組み合わせ不可能なものあり)、全18パターンを用意。

標準モデルの3パターンを加えた全21パターンの画像は、スズキホームページ内にある「Hayabusa カラーオーダープラン」サイトでも確認することが可能だ。

カラーオーダープランモデルの発売日は、標準モデルと同じく2022年6月28日。車両価格は、標準モデルからプラス5万5000円の税込221万1000円となる。

スズキ「ハヤブサ」2022年モデルの主なスペック

全長×全幅×全高2180×735×1165mm
ホイールベース1480mm
シート高800mm
キャスター角23°
トレール90mm
車両重量264kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量1339cc
ボア×ストローク81×65mm
圧縮比12.5
最高出力188PS/9700rpm
最大トルク15.2kg・m/7000rpm
変速機形式6速リターン
燃料タンク容量20L
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17・190/50ZR17
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・ディスク

まとめ:小松信夫

スズキ「ハヤブサ」関連のおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.