手軽に扱えて不足のないパワーが楽しめる400ccクラスにおいて大きな存在感を放っている、ホンダCBR400R。2022年1月にモデルチェンジを受け、足まわりを中心に装備をグレードアップ。新型の魅力に迫る!
文:太田安治、オートバイ編集部/写真:赤松 孝、南 孝幸

ホンダ「CBR400R」インプレ(太田安治)

画像: Honda CBR400R 2022年モデル・国内仕様 総排気量:399cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:785mm 車両重量:192kg 発売日:2022年1月17日 税込価格:84万1500円

Honda CBR400R
2022年モデル・国内仕様

総排気量:399cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:785mm
車両重量:192kg

発売日:2022年1月17日
税込価格:84万1500円

力強くて十分に速い魅力的な2気筒CBR

ホンダにはCB400SF/SBという誰もが認める名車があるが、2013年に追加されたのがCBR400R。スーパースポーツ的なデザインのフルカウルでスポーティさを前面に出しながら、扱いやすさ重視のエンジンを搭載、現代流の中型スタンダードモデルにまとめられている。

『CBR=並列4気筒エンジン』というイメージを持っている人は多いだろう。だがCBR400Rのエンジンは並列2気筒。このクラスでは絶対的な速さよりも乗りやすさを重視するユーザーが多いだけに、低回転域から力強い2気筒の採用は現実に即したものだ。

実際、発進時にスロットル/クラッチ操作に気を使う必要はなく、4000回転以下でポンポンとシフトアップしても楽に交通の流れをリードできる。しかも、どの回転域でも振動が少なく、120km/hクルージングでも快適そのもの。回し込んだ時に明確なパワーバンドを感じることはないが、7000回転からは180度クランクらしい軽やかさでレッドソーンの1万回転までスムーズに伸びていく。2気筒特有の鼓動感は薄いが、ライダーにストレスを感じさせない特性だ。

付け加えておくと4気筒のCB400との加速性能差は、カタログスペックから想像するよりもはるかに少ない。つまりしっかり回せば充分過ぎるほど速い、というオートバイ。もちろん重厚感や加減速フィーリングのスムーズさという点では4気筒のCB400が上だが、普段使いで軽快さと力強さを実感できるのはこちらのほうだ。

画像: ホンダ「CBR400R」インプレ(太田安治)

新型はフロントフォークがショーワ製のSFF-BPとなり、前後サスのバランスが向上して急な加減速時の車体姿勢変化が穏やかになった。これが前後タイヤの接地感を高めていて、スロットルワークやリアブレーキを駆使しながらコーナーを立ち上がるときのコントロール性と安心感が上がりステップから火花が散るようなペースでの安定性も高い。乗り心地が良くなって市街地走行の快適さも増しているから、持ち前の軽快感を犠牲にすることなくスポーツ性も快適性も高めたという仕上がり。

ライダーの経験値や走行条件を問わず気軽に安心して走れるキャラクターがこのバイク最大の魅力で、スキルのあるライダーならパワーと旋回力を限界まで引き出しす楽しさも味わえる。メーカーも排気量もセグメントも同じながら、4気筒のCB400とは明確に異なる魅力を持っているのがCBR400Rだ。

ホンダ「CBR400R」カラーバリエーション

カラーは「グランプリレッド」、「マットジーンズブルーメタリック」、「マットバリスティックブラックメタリック」の3タイプ。

グランプリレッド

画像1: ホンダ「CBR400R」カラーバリエーション

マットジーンズブルーメタリック

画像2: ホンダ「CBR400R」カラーバリエーション

マットバリスティックブラックメタリック

画像3: ホンダ「CBR400R」カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ホンダ新型「CBR400R」インプレ|2022年モデルはダブルディスクブレーキや高性能倒立フォークSFF-BPを新採用
    グランプリレッド
  • 画像2: ホンダ新型「CBR400R」インプレ|2022年モデルはダブルディスクブレーキや高性能倒立フォークSFF-BPを新採用
    マットジーンズ
    ブルーメタリック
  • 画像3: ホンダ新型「CBR400R」インプレ|2022年モデルはダブルディスクブレーキや高性能倒立フォークSFF-BPを新採用
    マットバリスティック
    ブラックメタリック
  • 画像4: ホンダ新型「CBR400R」インプレ|2022年モデルはダブルディスクブレーキや高性能倒立フォークSFF-BPを新採用
    グランプリレッド
    36
    854
  • 画像5: ホンダ新型「CBR400R」インプレ|2022年モデルはダブルディスクブレーキや高性能倒立フォークSFF-BPを新採用
    マットジーンズ
    ブルーメタリック
    43
    1014
  • 画像6: ホンダ新型「CBR400R」インプレ|2022年モデルはダブルディスクブレーキや高性能倒立フォークSFF-BPを新採用
    マットバリスティック
    ブラックメタリック
    22
    513

投票ありがとうございました。

This article is a sponsored article by
''.