Kawasaki「Ninja ZX-25R / SE / SE KRT EDITION」
税込価格:84万7000円(SE / SE KRT EDITIONは93万5000円)

画像: 全長×全幅×全高:1980×750×1110mm ホイールベース:1380mm シート高:785mm 車両重量:183《184》kg ※《》内はSE / SE KRT エディション ※写真カラーはメタリックマットトワイライトブルー×メタリックマットフュージョンシルバー(SEモデル)

全長×全幅×全高:1980×750×1110mm
ホイールベース:1380mm
シート高:785mm
車両重量:183《184》kg

※《》内はSE / SE KRT エディション
※写真カラーはメタリックマットトワイライトブルー×メタリックマットフュージョンシルバー(SEモデル)

軽量フレームにショーワ製倒立フォークなどハイグレードな足まわりを組み合わせ、水冷直4エンジンを搭載するスーパースポーツ。トラクションコントロールやパワーモードも備え、街乗りからサーキットまでをカバーする高いポテンシャルを実現し、スタイリングもシリーズの兄貴分・ZX-10Rにも似たアグレシッブな造形を採用。

上級モデルという位置付けのSEは、アップ/ダウン両対応のオートブリッパー付きクイックシフター、USB電源ソケット、スモークスクリーン、フレームスライダーなどを標準装備。

また、KRTエディションは、SEをベースにスーパーバイク世界選手権でのカワサキワークスチームのボディカラーを再現し、レーシーさを強調した1台となる。

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのモデルが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: カワサキ「ニンジャ ZX-25R」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    メタリックスパークブラック
  • 画像2: カワサキ「ニンジャ ZX-25R」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックスパークブラック(SE)
  • 画像3: カワサキ「ニンジャ ZX-25R」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    メタリックマットトワイライトブルー×メタリックマットフュージョンシルバー(SE)
  • 画像4: カワサキ「ニンジャ ZX-25R」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    ライムグリーン×エボニー(KRT エディション)
  • 画像5: カワサキ「ニンジャ ZX-25R」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    メタリックスパークブラック
    22
    85
  • 画像6: カワサキ「ニンジャ ZX-25R」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックスパークブラック(SE)
    26
    100
  • 画像7: カワサキ「ニンジャ ZX-25R」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    メタリックマットトワイライトブルー×メタリックマットフュージョンシルバー(SE)
    11
    42
  • 画像8: カワサキ「ニンジャ ZX-25R」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    ライムグリーン×エボニー(KRT エディション)
    42
    163

投票ありがとうございました!

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量:249cc
ボア×ストローク:50.0×31.8mm
圧縮比:11.5
最高出力:33kW(45PS)/15500rpm
※ラムエア加圧時:34kW(46PS)/15500rpm
最大トルク:21N・m(2.1kg-m)/13000rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量:15L
キャスター角:24.2°
トレール量:99mm
変速機形式:6段リターン
ブレーキ前・後:シングルディスク・シングルディスク
タイヤサイズ前・後:110/70R17M/C 54H・150/60R17M/C 66H

This article is a sponsored article by
''.