Honda「Rebel1100 / DCT」
税込価格 : 110万円 / 121万円(DCT)

画像: 全長×全幅×全高:2240×850《830》×1115mm ホイールベース:1520mm シート高:700mm 車両重量:223《233》kg 《 》内はDCTモデル ※写真はDCTモデル

全長×全幅×全高:2240×850《830》×1115mm
ホイールベース:1520mm
シート高:700mm
車両重量:223《233》kg

《 》内はDCTモデル
※写真はDCTモデル

250ccクラスで一番人気となっているクルーザー・レブルの特徴である、 低重心でスタイリッシュなデザインや、扱いやすさを重視したコンセプトを大排気量クルーザーに適応して新たに開発されたのがレブル1100。エンジンはアフリカツイン用がベースの1082cc水冷並列ツインで、270度クランクによって力強さとフレキシブルさを両立。

そしてボタンでシフト操作ができ、オートマチックモードではイージーライドが可能なDCT仕様もラインナップ。ライディングモードなどの電子制御デバイスも備え、 グリップヒーターやETC2.0車載器も標準装備。街乗りからツーリングまでの様々な用途に対応が可能で、しかも力強く快適に走りが楽しめるオールラウンドモデル。

モデルバリエーション

【アンケート】あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチッとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ホンダ「レブル1100 / DCT」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    ガンメタルブラックメタリック
  • 画像2: ホンダ「レブル1100 / DCT」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    ボルドーレッドメタリック
  • 画像3: ホンダ「レブル1100 / DCT」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    ガンメタルブラックメタリック
    55
    177
  • 画像4: ホンダ「レブル1100 / DCT」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    ボルドーレッドメタリック
    45
    145

投票ありがとうございました!

エンジン形式:水冷4ストOHC4バルブ並列2気筒
総排気量:1082cc
ボア×ストローク:92.0×81.4mm
圧縮比:10.1
最高出力:64kW(87PS)/7000rpm
最大トルク:98N・m(10.0kg-m)/4750rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション(PGM-FI)
燃料タンク容量:13L
キャスター角:28°00'
トレール量:110mm
変速機形式:6段リターン / 電子式6段変速(DCT)
ブレーキ前・後:シングルディスク・シングルディスク
タイヤサイズ前・後:130/70B 18M/C 63H・180/65B 16M/C 81H

This article is a sponsored article by
''.