2022年1月17日、ホンダが「400X」の2022年モデルを発売しました。今回のモデルチェンジでは主に足まわりをグレードアップ!

ホンダ新型「400X」の特徴

画像: Honda 400X 国内仕様・2022年モデル 総排気量:399cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:800mm 車両重量:199kg 発売日:2022年1月17日(月) 税込価格:85万8000円

Honda 400X
国内仕様・2022年モデル

総排気量:399cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:800mm
車両重量:199kg

発売日:2022年1月17日(月)
税込価格:85万8000円

ホンダ「400X」は2013年に初代モデルがデビュー。これまでにも大小のモデルチェンジを重ねながら、400ccクラスでは希少なアドベンチャースタイルのオンロードモデルとして継続販売されてきました。

今回登場した新型は、倒立フォークを新採用。SHOWA製のSFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)を装備。さらにフロントブレーキをダブルディスク化。スイングアームの剛性最適化やフロントホイールの軽量化を図るなど、足まわりを中心に改良が施されています。

また、ヘッドライトは光量を上げ、発光パターンも変更。視認性・被視認性をアップ。ウインカーにはポジションランプ機能も搭載されています。

画像: 【参考】Honda 400X 従来モデル

【参考】Honda 400X
従来モデル

ホンダ新型「400X」のカラーバリエーション・価格

今回のモデルチェンジに合わせて、カラー&グラフィックも変更。ブルーの差し色が爽やかな「パールグレアホワイト」と、アドベンチャーモデルらしいタフネスさをアピールする「マットバリスティックブラックメタリック」の2色を用意。

価格はいずれも税込85万8000円(従来型から+3万1900円)となっています。

画像: パールグレアホワイト

パールグレアホワイト

画像: マットバリスティックブラックメタリック

マットバリスティックブラックメタリック


【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ホンダ新型「400X」発売! 2022年型で倒立フォーク採用&ダブルディスク化、灯火類も改良されて、グラフィックは一新
    パールグレアホワイト
  • 画像2: ホンダ新型「400X」発売! 2022年型で倒立フォーク採用&ダブルディスク化、灯火類も改良されて、グラフィックは一新
    マットバリスティックブラックメタリック
  • 画像3: ホンダ新型「400X」発売! 2022年型で倒立フォーク採用&ダブルディスク化、灯火類も改良されて、グラフィックは一新
    パールグレアホワイト
    72
    2777
  • 画像4: ホンダ新型「400X」発売! 2022年型で倒立フォーク採用&ダブルディスク化、灯火類も改良されて、グラフィックは一新
    マットバリスティックブラックメタリック
    28
    1062

投票ありがとうございました!

ホンダ新型「400X」の主なスペック

全長×全幅×全高2140×830×1380mm
ホイールベース1435mm
最低地上高150mm
シート高800mm
車両重量199kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量399cc
ボア×ストローク67.0×56.6mm
圧縮比11.0
最高出力34kW(46PS)/9000rpm
最大トルク38N・m(3.9kgf・m)/7500rpm
燃料タンク容量17L
変速機形式6速リターン
キャスター角27゜30′
トレール量108mm
タイヤサイズ(前・後)110/80R19M/C 59H・160/60R17M/C 69H
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格85万8000円(消費税10%込)

まとめ:西野鉄兵

This article is a sponsored article by
''.