人気のハンターカブの国内モデルに3色目のグリーンが新登場、セレクトする楽しみが増えた!
まとめ:オートバイ編集部

ホンダ「CT125・ハンターカブ」の特徴

画像: Honda CT125 HUNTER CUB 総排気量:124cc エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒 シート高:800mm 車両重量:120kg 発売日:2022年1月20日 税込価格:44万円

Honda CT125 HUNTER CUB

総排気量:124cc
エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒
シート高:800mm
車両重量:120kg

発売日:2022年1月20日
税込価格:44万円

キャンプツーリングにも似合う優しいグリーン

スーパーカブの優れた機能性を活かしながら、クラシカルなスタイリングやオフロード向けのディテールを組み合わせた「遊べるカブ」がCT125・ハンターカブ。昨今のアウトドアブームもあって、2020年のデビューから大人気だ。

そんなハンターカブ、ボディカラーはデビュー時からレッドとブラウンの2色だったが、初めて新色が追加されることが決定。それは、すでにタイ向けのモデルで発売されていたグリーン。自然の中に違和感なく溶け混むような優しい色調は、ハンターカブのコンセプトにぴったりだ。

ホンダ「CT125・ハンターカブ」カラーバリエーション

パールオーガニックグリーン

画像1: ホンダ「CT125・ハンターカブ」カラーバリエーション

グローイングレッド

画像2: ホンダ「CT125・ハンターカブ」カラーバリエーション

マットフレスコブラウン

画像3: ホンダ「CT125・ハンターカブ」カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ホンダ「CT125・ハンターカブ」の新色は2022年1月発売|カラーバリエーションは計3色の設定に
    パールオーガニックグリーン
  • 画像2: ホンダ「CT125・ハンターカブ」の新色は2022年1月発売|カラーバリエーションは計3色の設定に
    グローイングレッド
  • 画像3: ホンダ「CT125・ハンターカブ」の新色は2022年1月発売|カラーバリエーションは計3色の設定に
    マットフレスコ
    ブラウン
  • 画像4: ホンダ「CT125・ハンターカブ」の新色は2022年1月発売|カラーバリエーションは計3色の設定に
    パールオーガニックグリーン
    43
    1363
  • 画像5: ホンダ「CT125・ハンターカブ」の新色は2022年1月発売|カラーバリエーションは計3色の設定に
    グローイングレッド
    21
    684
  • 画像6: ホンダ「CT125・ハンターカブ」の新色は2022年1月発売|カラーバリエーションは計3色の設定に
    マットフレスコ
    ブラウン
    36
    1157

投票ありがとうございました。

ホンダ「CT125・ハンターカブ」主なスペック・価格

全長×全幅×全高1960×805×1085mm
ホイールベース1255mm
最低地上高165mm
シート高720mm
車両重量120kg
エンジン形式空冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量124cc
ボア×ストローク52.4×57.9mm
圧縮比9.3
最高出力6.5kW(8.8PS)/7000rpm
最大トルク11N・m(1.1kgf・m)/4500rpm
燃料タンク容量5.3L
変速機形式4速リターン
キャスター角27°
トレール量80mm
タイヤサイズ(前・後)80/90-17M/C 44P・80/90-17M/C 44P
ブレーキ形式(前・後)Φ220mmディスク・Φ190mmディスク
メーカー希望小売価格44万円(消費税10%込)

まとめ:オートバイ編集部

This article is a sponsored article by
''.