欧州では3兄弟となるCB500シリーズ。このCB500Fは軽快なフットワークが光るスタンダードなネイキッドスポーツ。残念ながら日本では発売されていないが、そのパフォーマンスは日本の道にも似合うはずだ。
まとめ:オートバイ編集部

ホンダ「CB500F」の特徴

画像: Honda CB500F 欧州仕様車・2022年モデル 総排気量:471cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:789mm 車両重量:189kg

Honda CB500F
欧州仕様車・2022年モデル

総排気量:471cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:789mm
車両重量:189kg

精悍に、スポーティに生まれ変わったスタンダードスポーツ

CBR500R、CB500Xとメカニズムを共用するベーシックなミドルネイキッドがCB500F。日本向けモデルが存在しない点がCBR500R、CB500Xと異なる。このCB500F、9月に発表された2022年モデルで、大きな改良を施された。

2022年モデルの改良点のうち、SHOWA製のインナーチューブ径Φ41mmのSFF-BP USDフォークの装着、強化されたブレーキ、軽量なスイングアームと新型ホイール、PGM-FIの設定変更と新しいマフラーを得たエンジンなど、軽快な走りを生み出す部分はCBR500Rと共通だ。デビュー時にシリーズのフルカウル版、ネイキッド版として誕生したのだからこれは当然。

スタイリングは従来モデルのモダンでスポーティな面を活かしながら、新しいLEDヘッドライトを採用してリファイン。進歩した走りに見合った精悍さを際立たせている。

画像: 【公式動画】New 2022 CB500F Launch Film www.youtube.com

【公式動画】New 2022 CB500F Launch Film

www.youtube.com

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ホンダ「CB500F」とは? 欧州で新型が登場したミドルネイキッド、日本の道にもマッチしそうな一台
    マットアクシスグレーメタリック
  • 画像2: ホンダ「CB500F」とは? 欧州で新型が登場したミドルネイキッド、日本の道にもマッチしそうな一台
    グランプリレッド
  • 画像3: ホンダ「CB500F」とは? 欧州で新型が登場したミドルネイキッド、日本の道にもマッチしそうな一台
    パールスモーキーグレー
  • 画像4: ホンダ「CB500F」とは? 欧州で新型が登場したミドルネイキッド、日本の道にもマッチしそうな一台
    パールダスクイエロー
  • 画像5: ホンダ「CB500F」とは? 欧州で新型が登場したミドルネイキッド、日本の道にもマッチしそうな一台
    マットアクシスグレーメタリック
    23
    148
  • 画像6: ホンダ「CB500F」とは? 欧州で新型が登場したミドルネイキッド、日本の道にもマッチしそうな一台
    グランプリレッド
    20
    127
  • 画像7: ホンダ「CB500F」とは? 欧州で新型が登場したミドルネイキッド、日本の道にもマッチしそうな一台
    パールスモーキーグレー
    28
    175
  • 画像8: ホンダ「CB500F」とは? 欧州で新型が登場したミドルネイキッド、日本の道にもマッチしそうな一台
    パールダスクイエロー
    29
    184

投票ありがとうございました。

This article is a sponsored article by
''.