オールラウンドなアドベンチャーツアラー的モデルとして、2003年からドゥカティが手がけているからムルティストラーダ・シリーズ。現行モデルの中で937cc水冷Lツインエンジンを搭載したシリーズのミドルバージョンが「ムルティストラーダ950 S」だ。
文:山口銀次郎、小松信夫/写真:柴田直行

ドゥカティ「ムルティストラーダ950 S」各部装備・ディテール解説

フェイスデザイン

バンク角に合わせ照明を最適化するコーナリング・ライト(DCL )を採用したデュアルヘッドライトや、クチバシのようなノーズが目立つムルティストラーダ950 Sのフロントマスク。大型スクリーンやハンドガードといったアドベンチャーモデルらしい装備も備えていて、ムルティストラーダ独特の個性に優れた機能性が融合させられている。


画像2: 【インプレ】ドゥカティ「ムルティストラーダ950 S」を徹底解説|街乗りからオフロードにまで対応する魅惑のライディングモード
画像3: 【インプレ】ドゥカティ「ムルティストラーダ950 S」を徹底解説|街乗りからオフロードにまで対応する魅惑のライディングモード

ウインドスクリーン

大きなサイズで効果的にライダーを走行風からプロテクトするウインドスクリーン。つまみを握ってスライドさせるという簡単な操作で60mmの範囲内で高さを調整することができるようになっている。


エンジン

ドゥカティの多くのモデルに採用されている、デスモドロミック機構を採用した937cc水冷Lツイン、テスタストレッタ11°エンジンを搭載。ユーロ4規制に適合し、最高出力は113 PS、最大トルクは9.8kg-m/ 7750rpm という強力なスペック。53mm径のスロットルボディを備え、最先端のフルライドバイワイヤシステムも採用されている。


マフラー・リア 足まわり

ムルティストラーダ950 Sの標準モデルはキャストホイールを採用するが、前後ホイールにオフロード走行にも対応できるワイヤースポークホイールを採用したモデルもラインナップ。右出しのマフラーのサイレンサーが、後方に大きく跳ね上げられているのもオフロード走行に向けてのデザイン。


フロント 足まわり

インナーチューブ径Φ48mmの倒立フロントフォーク。ブレーキキャリパーはブレンボ製のラジアルマウントタイプというスーパースポーツのようなハイスペックなもの。ムルティストラーダ950 SではこのフロントサスペンションもDSS EVOシステムでコントロール。


フレーム・スイングアーム・リアサスペンション

フレームはドゥカティ伝統のスチールパイプを組み合わせたトレリス構造を採用したもので、スイングアームはアルミ製。ムルティストラーダ950 Sで採用されたセミアクティブサスペンションシステムのドゥカティ・スカイフック・サスペンション(DSS)EVOシステムは、あらゆる路面や状況に対応。簡単な操作でセッティング変更もできる。


燃料タンク

燃料タンクは容量20Lという余裕のビッグサイズで、ロングツーリングに求められる長大な航続距離を実現。スペック上で公表されている燃費で計算すると約360km。タンク自体の形状はライダーがホールドしやすいような、人間工学に基づいたデザインとされている。


ハンドル

大柄なボディをコントロール、さらに快適性の高いライディングポジションとするための、フラットでワイドなハンドルバーはテーオアーバーを採用。多機能液晶メーターに加えて、ハンズフリーキーの採用もあって、ハンドルスイッチのデザインなども最新のものとなった。


メーター

昼間でも視認性の高い、高解像度のTFTカラー液晶メーターパネルは、優れたデザインというだけでなく、新しいヒューマン・マシン・インターフェイスを採用。メニューの検索や設定の変更などの多彩な機能を、直感的に操作できるようにされた。


ハンドガード・ウインカー

走行風から手をカバーして快適性を高める効果的な形状のハンドガードも標準装備されている。LEDウインカーも内蔵。


画像: ドゥカティ「ムルティストラーダ950 S」各部装備・ディテール解説

シート

ムルティストラーダの長年のノウハウを生かした、長距離ツーリングやタンデムでも快適なようにデザインされたシート。日本仕様のシート高は820mmだが、オプションで840mmのローシート、860mmのハイシートが用意されていて、ライダーの体格などに合わせて選択することも可能だ。


テールまわり

テールカウルの最後方、トップケースのマウントになるタンデムグリップの下に埋め込まれているテールランプも、光源に被視認性に優れ、信頼性も高いLEDを採用している。

画像: 【公式動画】New Multistrada 950 S GP White | Every road, a new world www.youtube.com

【公式動画】New Multistrada 950 S GP White | Every road, a new world

www.youtube.com

ドゥカティ「ムルティストラーダ950 S」カラーバリエーション

ボディカラーは「GPホワイト」と「ドゥカティレッド」の2タイプ用意されている。

画像: GPホワイト/税込価格:214万円

GPホワイト/税込価格:214万円

画像: ドゥカティレッド/税込価格:206万9000円

ドゥカティレッド/税込価格:206万9000円

【アンケート】あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像13: 【インプレ】ドゥカティ「ムルティストラーダ950 S」を徹底解説|街乗りからオフロードにまで対応する魅惑のライディングモード
    GPホワイト
  • 画像14: 【インプレ】ドゥカティ「ムルティストラーダ950 S」を徹底解説|街乗りからオフロードにまで対応する魅惑のライディングモード
    ドゥカティレッド
  • 画像15: 【インプレ】ドゥカティ「ムルティストラーダ950 S」を徹底解説|街乗りからオフロードにまで対応する魅惑のライディングモード
    GPホワイト
    53
    70
  • 画像16: 【インプレ】ドゥカティ「ムルティストラーダ950 S」を徹底解説|街乗りからオフロードにまで対応する魅惑のライディングモード
    ドゥカティレッド
    47
    61

投票ありがとうございました。


キャストホイール仕様もラインアップ

ドゥカティ「ムルティストラーダ950 S」主なスペックと価格

全長×全幅×全高NA×NA×NAmm
ホイールベース1594mm
シート高820mm
車両重量207kg
エンジン形式空冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
総排気量937cc
ボア×ストローク94.0×67.5mm
最高出力83kW(113PS)/9000rpm
最大トルク96N・m(9.8kg・m)/7750rpm
燃料供給方式FI
燃料タンク容量20L
変速機形式6速リターン
キャスター角25°
トレール106mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR19・170/60ZR17
ブレーキ形式(前・後)Φ320mmダブルディスク・Φ265mmディスク
メーカー希望小売価格199万円~214万円(消費税10%込み)

文:山口銀次郎、小松信夫/写真:柴田直行

This article is a sponsored article by
''.