ホンダは2021年4月22日に新型車「GB350」を発売した。往年のシングルスポーツの名を冠してはいるが、現代に蘇ったGBは流麗なクラシック・ロードスター。果たしてその走りのテイストはどんなものなのだろうか。記事後半では、「GB350 S」とアクセサリーパーツも紹介!
文:太田安治/写真:南 孝幸/モデル:梅本まどか

ホンダ「GB350 S」カラーバリエーション・各部装備・ディテール解説

スポーティに仕立てられた「もうひとつのGB」

GB350の発表からほどなくして追加登場したGB350Sは、クラシックロードスターのスタンダードとは異なる、スポーティスタイルが特徴。発売は2021年7月15日の予定となっている。

画像: Honda GB350 S 総排気量:348cc エンジン形式:空冷4ストOHC単気筒 シート高:800mm 車両重量:178kg 発売日:2021年7月15日(木) 税込価格:59万4000円

Honda GB350 S

総排気量:348cc
エンジン形式:空冷4ストOHC単気筒
シート高:800mm
車両重量:178kg

発売日:2021年7月15日(木) 
税込価格:59万4000円

画像: 左がGB350S。右がGB350。

左がGB350S。右がGB350。


【GB350Sのカラーバリエーション】

パールディープマッドグレー

画像1: 【GB350Sのカラーバリエーション】

ガンメタルブラックメタリック

画像2: 【GB350Sのカラーバリエーション】

【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果がご覧いただけます!

  • 画像7: 【インプレ】ホンダ「GB350」徹底解説|一般道と高速道路で走行性能をテスト!「GB350S」やカスタムパーツも紹介
    パールディープマッドグレー
  • 画像8: 【インプレ】ホンダ「GB350」徹底解説|一般道と高速道路で走行性能をテスト!「GB350S」やカスタムパーツも紹介
    ガンメタルブラックメタリック
  • 画像9: 【インプレ】ホンダ「GB350」徹底解説|一般道と高速道路で走行性能をテスト!「GB350S」やカスタムパーツも紹介
    パールディープマッドグレー
    58
    1328
  • 画像10: 【インプレ】ホンダ「GB350」徹底解説|一般道と高速道路で走行性能をテスト!「GB350S」やカスタムパーツも紹介
    ガンメタルブラックメタリック
    42
    963

投票ありがとうございました!


【GB350Sの各部装備・ディテール解説】

画像: メガホン形状なのは同じだが、メッキ仕上げのGB350に対してGB350Sはブラック仕上げ。ヒートガード形状も異なる。

メガホン形状なのは同じだが、メッキ仕上げのGB350に対してGB350Sはブラック仕上げ。ヒートガード形状も異なる。

画像: リアホイールは17インチとなり、標準装着タイヤもラジアルとなる。タイヤサイズは150/70R17。

リアホイールは17インチとなり、標準装着タイヤもラジアルとなる。タイヤサイズは150/70R17。

画像: ヘッドライトユニットはスタンダードと同じだが、ケースにリングを装着。フォークブーツも装備する。

ヘッドライトユニットはスタンダードと同じだが、ケースにリングを装着。フォークブーツも装備する。

画像: ハンドルはトップブリッジのクランプ形状が異なり、スタンダードよりも奥にセットされ、ライダーは弱前傾姿勢となる。

ハンドルはトップブリッジのクランプ形状が異なり、スタンダードよりも奥にセットされ、ライダーは弱前傾姿勢となる。

画像: レッドのステッチやタックロールの入ったスポーティなデザインのシートを採用。タンデムグリップもGB350S専用のモダンなデザイン。

レッドのステッチやタックロールの入ったスポーティなデザインのシートを採用。タンデムグリップもGB350S専用のモダンなデザイン。

画像: リアフェンダーは樹脂製でLEDのテールランプもシート後端に埋め込まれる。LEDウインカーはバータイプ。

リアフェンダーは樹脂製でLEDのテールランプもシート後端に埋め込まれる。LEDウインカーはバータイプ。

ホンダ「GB350 S」主なスペック・価格

全長×全幅×全高2175×800×1100mm
ホイールベース1440mm
最低地上高168mm
シート高800mm
車両重量178kg
エンジン形式空冷4ストOHC単気筒
総排気量348cc
ボア×ストローク70.0×90.5mm
圧縮比9.5
最高出力15kW(20PS)/5500rpm
最大トルク29N・m(3.0kgf・m)/3000rpm
燃料タンク容量15L
変速機形式5速リターン
キャスター角27゜30′
トレール量120mm
タイヤサイズ(前・後)100/90-19M/C 57H・150/70R17M/C 69H
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格59万4000円(消費税10%込)

ホンダ「GB350」「GB350 S」純正カスタムアクセサリーパーツ

画像: ホンダ「GB350」「GB350 S」純正カスタムアクセサリーパーツ

GB350シリーズには、ツーリング性能を高める純正アクセサリーパーツが数々用意されている。ちなみに、フロントフォークブーツは、GB350Sは標準装備だが、スタンダードのGB350はオプション設定となる(税込4400円)。

画像: メーター右側にスマートにセットできるUSBコネクター。5V1.5Aまで使用可能なUSB-Cタイプで、スマホの充電がしっかりできるのも魅力。ほこりや水の侵入を防ぐキャップ付き。 ■USBソケット:税込7150円

メーター右側にスマートにセットできるUSBコネクター。5V1.5Aまで使用可能なUSB-Cタイプで、スマホの充電がしっかりできるのも魅力。ほこりや水の侵入を防ぐキャップ付き。

■USBソケット:税込7150円

画像: SWモーテック製のサドルバッグは左右とも約10L容量で、バリスティックナイロン製。取付には専用ステーが必要。一方のシートバッグは約15L容量でレインカバー付き。リアキャリアはSTD用で、Sには装着不可。 ■サドルバッグ:税込1万7600円(左右別売) ■サドルバッグステー:税込1万4300円(左右別売) ■リアキャリア:税込3万3000円 ■リアシートバッグ:税込1万7050円

SWモーテック製のサドルバッグは左右とも約10L容量で、バリスティックナイロン製。取付には専用ステーが必要。一方のシートバッグは約15L容量でレインカバー付き。リアキャリアはSTD用で、Sには装着不可。

■サドルバッグ:税込1万7600円(左右別売)
■サドルバッグステー:税込1万4300円(左右別売)
■リアキャリア:税込3万3000円
■リアシートバッグ:税込1万7050円

文:太田安治/写真:南 孝幸/モデル:梅本まどか

This article is a sponsored article by
''.