ホンダは2021年4月22日に新型車「GB350」を発売した。往年のシングルスポーツの名を冠してはいるが、現代に蘇ったGBは流麗なクラシック・ロードスター。果たしてその走りのテイストはどんなものなのだろうか。記事後半では、「GB350 S」とアクセサリーパーツも紹介!
文:太田安治/写真:南 孝幸/モデル:梅本まどか

ホンダ「GB350」カラーバリエーション

マットジーンズブルーメタリック

画像1: ホンダ「GB350」カラーバリエーション

キャンディークロモスフィアレッド

画像2: ホンダ「GB350」カラーバリエーション

マットパールモリオンブラック

画像3: ホンダ「GB350」カラーバリエーション

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果がご覧いただけます!

  • 画像1: 【インプレ】ホンダ「GB350」徹底解説|一般道と高速道路で走行性能をテスト!「GB350S」やカスタムパーツも紹介
    マットジーンズブルーメタリック
  • 画像2: 【インプレ】ホンダ「GB350」徹底解説|一般道と高速道路で走行性能をテスト!「GB350S」やカスタムパーツも紹介
    キャンディークロモスフィアレッド
  • 画像3: 【インプレ】ホンダ「GB350」徹底解説|一般道と高速道路で走行性能をテスト!「GB350S」やカスタムパーツも紹介
    マットパールモリオンブラック
  • 画像4: 【インプレ】ホンダ「GB350」徹底解説|一般道と高速道路で走行性能をテスト!「GB350S」やカスタムパーツも紹介
    マットジーンズブルーメタリック
    36
    1336
  • 画像5: 【インプレ】ホンダ「GB350」徹底解説|一般道と高速道路で走行性能をテスト!「GB350S」やカスタムパーツも紹介
    キャンディークロモスフィアレッド
    28
    1058
  • 画像6: 【インプレ】ホンダ「GB350」徹底解説|一般道と高速道路で走行性能をテスト!「GB350S」やカスタムパーツも紹介
    マットパールモリオンブラック
    36
    1353

投票ありがとうございました!

ホンダ「GB350」足つきチェック

シート高:800mm
ライダーの身長:164cm

画像1: ホンダ「GB350」足つきチェック

梅本まどかの感想

手前にセットされたハンドルとステップのおかげで、ポジションはリラックスできるもの。シート高は800mmですが、サイドカバーの張り出しで足つきはかかとが浮きます。車体が軽いので取り回しには不安はありません。

画像2: ホンダ「GB350」足つきチェック

ホンダ「GB350」各部装備・ディテール解説

画像: 国内仕様は全て単色で、レッドのみがキャンディカラー。ブルーとブラックはつや消しのマットカラーとなる。

国内仕様は全て単色で、レッドのみがキャンディカラー。ブルーとブラックはつや消しのマットカラーとなる。

画像: ボア70×ストローク90.5mmというロングストロークで、2軸1次バランサーを採用。スリッパークラッチも装備する。

ボア70×ストローク90.5mmというロングストロークで、2軸1次バランサーを採用。スリッパークラッチも装備する。

画像: 靴を汚すことなくシフトアップ/シフトダウンができる、便利なシーソー式のチェンジペダルを採用。

靴を汚すことなくシフトアップ/シフトダウンができる、便利なシーソー式のチェンジペダルを採用。

画像: 入念なサウンドチューニングが施されたマフラー。シングルエンジンらしい、歯切れのいいサウンドを発する。

入念なサウンドチューニングが施されたマフラー。シングルエンジンらしい、歯切れのいいサウンドを発する。

画像: キャストホイールは細身のY字スポークが特徴の軽快なデザイン。フロントディスク径は310mm。

キャストホイールは細身のY字スポークが特徴の軽快なデザイン。フロントディスク径は310mm。

画像: リアホイール径は18インチ。サスペンションはオーソドックスな2本ショックだ。装着タイヤはダンロップのGT601。

リアホイール径は18インチ。サスペンションはオーソドックスな2本ショックだ。装着タイヤはダンロップのGT601。

画像: ヘッドライトには上下2段式のLEDを採用。ウインカーもクラシカルなデザインで、リング状に光るLEDを使用したもの。

ヘッドライトには上下2段式のLEDを採用。ウインカーもクラシカルなデザインで、リング状に光るLEDを使用したもの。

画像: 160km/hスケールのアナログ速度計の盤面に補助液晶をプラス。燃料計、ギアポジション、トリップなどを表示する。

160km/hスケールのアナログ速度計の盤面に補助液晶をプラス。燃料計、ギアポジション、トリップなどを表示する。

画像: シートは前端を絞り込んだ形状で足着き性にも配慮している。グラブバーには荷掛けフックも付いている。

シートは前端を絞り込んだ形状で足着き性にも配慮している。グラブバーには荷掛けフックも付いている。

画像: CB1100のものにも似た、クラシカルなデザインのテールランプを採用。灯火類は全てLEDで統一されている。

CB1100のものにも似た、クラシカルなデザインのテールランプを採用。灯火類は全てLEDで統一されている。

ホンダ「GB350」主なスペック・価格

全長×全幅×全高2180×800×1105mm
ホイールベース1440mm
最低地上高166mm
シート高800mm
車両重量180kg
エンジン形式空冷4ストOHC単気筒
総排気量348cc
ボア×ストローク70.0×90.5mm
圧縮比9.5
最高出力15kW(20PS)/5500rpm
最大トルク29N・m(3.0kgf・m)/3000rpm
燃料タンク容量15L
変速機形式5速リターン
キャスター角27゜30′
トレール量120mm
タイヤサイズ(前・後)100/90-19M/C 57H・130/70-18M/C 63H
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格55万円(消費税10%込)

This article is a sponsored article by
''.