ヤマハは、2021年5月19日に新型車「YZF-R7」を発表した。日本国内でも2021年冬以降の発売が予定されている。この記事では、スタイリングを細かく見ていきたい。

ヤマハ「YZF-R7」のデザインと空力性能を考察

画像: YAMAHA YZF-R7 総排気量:689cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:835mm 車両重量:188kg

YAMAHA YZF-R7

総排気量:689cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:835mm
車両重量:188kg

「YZF-R7」は、「Skinny Proportion for Perfect Control」というコンセプトでデザインされた、レーシーなフルカウルをはじめとする専用の外装パーツが組み合わせられている。

画像1: ヤマハ「YZF-R7」のデザインと空力性能を考察

そのデザインは、メカニズムのベースとなっている「MT-07」用のフレームとエンジンが、非常にスリムでコンパクトで、慣性モーメントが小さいことを最大限に活かしている。その結果、単純にコンパクトなだけでなく、最高速などに大きく影響する前面投影面積も可能な限り小さくデザインされていて、「Skinny Proportion」=「極めて小さく細い形状」を具現化。

画像2: ヤマハ「YZF-R7」のデザインと空力性能を考察

これは単にレーシーさを感じさせるだけでなく、旋回時や切り返し時の軽快さ、空気抵抗の低減というスーパースポーツに求められる要素を満たし、スポーツライディングでの楽しさを実現することに繋がってくる。まさにこれは、YZF-RシリーズのDNAの継承といえる部分。

もっと直接的にRシリーズのDNAを感じさせるディテールも「YZF-R7」には散りばめられている。ホリゾンタルラインを基軸とするシルエットをはじめとして、独特な形状のエアマネジメントカウル、アッパーカウル正面のM字ダクト、個性的なテールカウルなどからは、R1やR6をイメージさせられる。

画像3: ヤマハ「YZF-R7」のデザインと空力性能を考察

しかしM字ダクトの中央に埋め込まれたバイファンクションLEDヘッドライトなど、「YZF-R7」らしさをアピールするデザインも盛り込まれている。

画像4: ヤマハ「YZF-R7」のデザインと空力性能を考察

ライダーとマシンを繋ぐポジションに関する部分にも、Rシリーズらしさが感じられる。セパレートハンドル化、バックステップ化、専用デザインのシートなどで、スーパースポーツらしい前傾気味のポジションへ変更。

画像5: ヤマハ「YZF-R7」のデザインと空力性能を考察

もちろん着座位置とフットレスト位置とのバランスに配慮してハンドルの絞り角や垂れ角を決定し、シートやタンクの形状にもこだわってポジションの自由度も高めている。

画像6: ヤマハ「YZF-R7」のデザインと空力性能を考察

情報を伝えるという意味でライダーとの大きな接点の1つであるメーターも、「YZF-R7」専用にデザインされたコンパクトな多機能フル液晶タイプが採用されている。こうした細かな変更を積み重ねることで、ネイキッドスポーツのMTの基本メカニズムを用いながら、「YZF-R7」をスーパースポーツとして成立させているのだ。

ヤマハ「YZF-R7」のカラーバリエーション

欧州と北米で発表された「YZF-R7」のカラーは、いずれもブルーベースのものとブラックベースのものとなった。日本国内では2021年冬以降の発売が予定されているが、販売されるカラーバリエーションは明らかになっていない。

チームヤマハブルー(北米仕様)

パフォーマンスブラック(北米仕様)

【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像10: ヤマハ「YZF-R7」のスタイリングをあらゆる角度からチェック! YZF-Rシリーズの伝統を受け継ぎながら新機構も採用
    チームヤマハブルー
  • 画像11: ヤマハ「YZF-R7」のスタイリングをあらゆる角度からチェック! YZF-Rシリーズの伝統を受け継ぎながら新機構も採用
    パフォーマンスブラック
  • 画像12: ヤマハ「YZF-R7」のスタイリングをあらゆる角度からチェック! YZF-Rシリーズの伝統を受け継ぎながら新機構も採用
    チームヤマハブルー
    68
    1135
  • 画像13: ヤマハ「YZF-R7」のスタイリングをあらゆる角度からチェック! YZF-Rシリーズの伝統を受け継ぎながら新機構も採用
    パフォーマンスブラック
    32
    539

投票ありがとうございました!

This article is a sponsored article by
''.