125ccクラスでは不動の地位を誇るPCXの兄弟モデルがこの「PCX160」。4バルブヘッド採用の「eSP+」エンジンに新形状フレームと、走りの根幹を左右するパートを一新。HSTCなどのハイテクも惜しみなく投入して、オールラウンドに活躍するコミューターに仕上がっている。
文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:南 孝幸

ホンダ「PCX160」カラーバリエーション

2021年モデルのカラーは「パールジャスミンホワイト」、「キャンディラスターレッド」、「ポセイドンブラックメタリック」、「マットディムグレーメタリック」の4タイプ。

パールジャスミンホワイト

キャンディラスターレッド

ポセイドンブラックメタリック

マットディムグレーメタリック

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像6: ホンダ「PCX160」インプレ(2021年)高速道路にも乗れるPCXの兄貴分はどう進化を遂げたのか? 乗り心地をレビュー
    パールジャスミンホワイト
  • 画像7: ホンダ「PCX160」インプレ(2021年)高速道路にも乗れるPCXの兄貴分はどう進化を遂げたのか? 乗り心地をレビュー
    キャンディラスターレッド
  • 画像8: ホンダ「PCX160」インプレ(2021年)高速道路にも乗れるPCXの兄貴分はどう進化を遂げたのか? 乗り心地をレビュー
    ポセイドンブラックメタリック
  • 画像9: ホンダ「PCX160」インプレ(2021年)高速道路にも乗れるPCXの兄貴分はどう進化を遂げたのか? 乗り心地をレビュー
    マットディムグレーメタリック
  • 画像10: ホンダ「PCX160」インプレ(2021年)高速道路にも乗れるPCXの兄貴分はどう進化を遂げたのか? 乗り心地をレビュー
    パールジャスミンホワイト
    33
    762
  • 画像11: ホンダ「PCX160」インプレ(2021年)高速道路にも乗れるPCXの兄貴分はどう進化を遂げたのか? 乗り心地をレビュー
    キャンディラスターレッド
    17
    390
  • 画像12: ホンダ「PCX160」インプレ(2021年)高速道路にも乗れるPCXの兄貴分はどう進化を遂げたのか? 乗り心地をレビュー
    ポセイドンブラックメタリック
    13
    293
  • 画像13: ホンダ「PCX160」インプレ(2021年)高速道路にも乗れるPCXの兄貴分はどう進化を遂げたのか? 乗り心地をレビュー
    マットディムグレーメタリック
    38
    870

投票ありがとうございました!

ホンダ「PCX160」ライディングポジション・足つき性

シート高:764mm
ライダーの身長・体重:163cm・43kg

「シットイン」と呼ばれる、軽く車体に潜り込むようなライディングポジションはPCXの伝統。フットスペース前側に脚を伸ばし、ホールド性が高いシートバックに腰を当ててのクルージングは快適そのものだ。

画像: ホンダ「PCX160」ライディングポジション・足つき性

ホンダ「PCX160」タンデム(2人乗り)チェック

パッセンジャー 木川田ステラの感想

どんな靴でも安心して乗れる、大きめのタンデムステップがちょうどいい位置で踏ん張りやすく、しっかりと体を安定させられます。シートは幅広く、細やかな振動を吸収してくれる肉厚な物で、リラックスしながらライディングを楽しめました。グラブバーは停車時などで体を預けることができる上、しっかり握れて安心です。

ホンダ「PCX160」各部装備・ディテール解説

新設計の「eSP+」エンジンは新たに4 バルブヘッドを採用。ボア径を拡大して圧縮比をアップ、パワーを向上させている。

「ホンダセレクタブルトルクコントロール(HSTC)」を採用。滑りやすいコンディションにも強く、安全性を高めている。

画像: キャストホイールはデザインを一新。試乗車の装着タイヤはIRC製。ABSはフロントのみの1チャンネル設定だ。

キャストホイールはデザインを一新。試乗車の装着タイヤはIRC製。ABSはフロントのみの1チャンネル設定だ。

画像: 大きく視認性に優れたメーター。緑に光っている部分は左右のウインカーで、新採用のHSTCのON/OFF も表示される。

大きく視認性に優れたメーター。緑に光っている部分は左右のウインカーで、新採用のHSTCのON/OFF も表示される。

シートは肉厚のクッションで快適。独自の「シットイン」スタイルを演出するデザインで、足つき性にも優れている。(写真は125)

28L→30Lに拡大されたトランクスペースは、さまざまな形状のヘルメットや多彩な荷物を余裕を持って収納できる。

ホンダ「PCX160」主なスペック・価格

全長×全幅×全高1935×740×1105mm
ホイールベース1315mm
最低地上高135mm
シート高764mm
車両重量132kg
エンジン形式水冷4ストSOHC4バルブ単気筒
総排気量156cc
ボア×ストローク60.0×55.5mm
圧縮比12.0
最高出力12kW(15.8PS)/8500rpm
最大トルク15N・m(1.5kgf・m)/6500rpm
燃料タンク容量8.1L
変速機形式無段変速式(Vマチック)
タイヤサイズ(前・後)110/70-14M/C 50P・130/70-13M/C 63P
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格40万7000円(消費税10%込)

文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:南 孝幸

This article is a sponsored article by
''.