イタリア生まれの老舗ブランド・ベネリが125ccクラスに投入するスポーツモデルがこのTNT125。前後12インチホイール採用のコンパクトな車体ながら、そのスタイリングはなかなか戦闘的で、メカニズム面も非常に豪華だ。試乗インプレをお届けしよう。
文:太田安治、オートバイ編集部/写真:南 孝幸/モデル:木川田ステラ

ベネリ「TNT125」カラーバリエーション

レッド

画像1: ベネリ「TNT125」カラーバリエーション

グリーン

画像2: ベネリ「TNT125」カラーバリエーション

ホワイト

画像3: ベネリ「TNT125」カラーバリエーション

ブラック

画像4: ベネリ「TNT125」カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ベネリ「TNT125」インプレ・解説(2021年)グロムやZ125プロのライバルとなるか、注目の原付二種スポーツが日本上陸
    レッド
  • 画像2: ベネリ「TNT125」インプレ・解説(2021年)グロムやZ125プロのライバルとなるか、注目の原付二種スポーツが日本上陸
    グリーン
  • 画像3: ベネリ「TNT125」インプレ・解説(2021年)グロムやZ125プロのライバルとなるか、注目の原付二種スポーツが日本上陸
    ホワイト
  • 画像4: ベネリ「TNT125」インプレ・解説(2021年)グロムやZ125プロのライバルとなるか、注目の原付二種スポーツが日本上陸
    ブラック
  • 画像5: ベネリ「TNT125」インプレ・解説(2021年)グロムやZ125プロのライバルとなるか、注目の原付二種スポーツが日本上陸
    レッド
    16
    419
  • 画像6: ベネリ「TNT125」インプレ・解説(2021年)グロムやZ125プロのライバルとなるか、注目の原付二種スポーツが日本上陸
    グリーン
    26
    710
  • 画像7: ベネリ「TNT125」インプレ・解説(2021年)グロムやZ125プロのライバルとなるか、注目の原付二種スポーツが日本上陸
    ホワイト
    31
    837
  • 画像8: ベネリ「TNT125」インプレ・解説(2021年)グロムやZ125プロのライバルとなるか、注目の原付二種スポーツが日本上陸
    ブラック
    27
    727

投票ありがとうございました!

ベネリ「TNT125」ライディングポジション・足つき性

シート高:780mm
ライダーの身長・体重:163cm・42kg

780mm というシート高は車格の割に高めで、またががったときの前後サス沈み込み量も少ない。

ただ、この着座位置の高さがシャープな運動性能をもたらしてくれる要因のひとつで、同時に腰や膝関節への負担も減らしてくれている。

画像: ベネリ「TNT125」ライディングポジション・足つき性

ベネリ「TNT125」タンデム(2人乗り)チェック

タンデムシートが小ぶりなので、タンデムユースはどちらかというと近距離向き。ライダーに密着するかたちでのタンデムになるが、ヒザの曲がりはきつくはない。

ベネリ「TNT125」各部装備・ディテール解説

空冷のSOHC4バルブユニットは11.1PSを発揮。高回転域での伸びやかなパワーが、ライダーのスポーツマインドを刺激する。

倒立フォークに大径のディスクを採用するなど、足回りは豪華。ブレーキキャリパーはブラケットを介してマウントされる。

画像: 4連デザインのヘッドライトが精悍でインパクトあるフロントマスクを演出。ウインカーは小型のLEDを採用している。

4連デザインのヘッドライトが精悍でインパクトあるフロントマスクを演出。ウインカーは小型のLEDを採用している。

アナログ式タコメーターのレッドゾーンは1万回転から。デジタル式スピードメーターは文字表示も大きく、視認性に優れる。

画像: シートは前後分割式で、シート高は780mm。ライダー側は座面の広さもクッション厚も十分だが、タンデム部はやや小ぶり。

シートは前後分割式で、シート高は780mm。ライダー側は座面の広さもクッション厚も十分だが、タンデム部はやや小ぶり。

画像: テールランプ、ウインカーともにLEDを採用。左右ウインカーはテールカウルにビルトインされ、スッキリしたリアビューに貢献。

テールランプ、ウインカーともにLEDを採用。左右ウインカーはテールカウルにビルトインされ、スッキリしたリアビューに貢献。

ベネリ「TNT125」主なスペック・価格

全長×全幅×全高1770×760×1025mm
ホイールベース1215mm
最低地上高160mm
シート高780mm
車両重量124kg
エンジン形式空冷4ストOHC4バルブ単気筒
総排気量125cc
ボア×ストローク54×54.5mm
圧縮比9.8
最高出力8.2kW(11.1PS)/9500rpm
最大トルク10N・m(1.02kgf・m)/7000rpm
燃料タンク容量7.2L
変速機形式5速リターン
キャスター角NA
トレール量NA
タイヤサイズ(前・後)120/70-12・130/70-12
ブレーキ形式(前・後)ディスク・ディスク
メーカー希望小売価格32万8900円(消費税10%込)

文:太田安治、オートバイ編集部/写真:南 孝幸/モデル:木川田ステラ

This article is a sponsored article by
''.