KTM自慢のロードスポーツ・DUKEシリーズの末弟がこの125 DUKE。本格的な構成の車体にパワフルなDOHCシングルを搭載、先進技術も惜しみなく投入されたストリートファイターだ。その実力をチェックする。
文:太田安治/写真:南 孝幸

KTM「125 DUKE」カラーバリエーション

ブラック

シルバー

【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像3: KTM「125 DUKE」インプレ・解説(2021年)攻めの走りを楽しめる原付二種、クラスを超えた装備にも注目!
    ブラック
  • 画像4: KTM「125 DUKE」インプレ・解説(2021年)攻めの走りを楽しめる原付二種、クラスを超えた装備にも注目!
    シルバー
  • 画像5: KTM「125 DUKE」インプレ・解説(2021年)攻めの走りを楽しめる原付二種、クラスを超えた装備にも注目!
    ブラック
    57
    534
  • 画像6: KTM「125 DUKE」インプレ・解説(2021年)攻めの走りを楽しめる原付二種、クラスを超えた装備にも注目!
    シルバー
    43
    400

KTM「125 DUKE」ライディングポジション・足つき性

シート高:830mm
ライダーの身長・体重:176cm・62kg

上半身はアップライト、下半身はスーパースポーツのような独特のポジションで、オートバイを振り回す積極的な操作がやりやすい。見た目より良好な足着き性と軽い車重で、ビギナーや小柄なライダーでも安心して取り回せる。

画像: KTM「125 DUKE」ライディングポジション・足つき性

KTM「125 DUKE」各部装備・ディテール解説

水冷4バルブDOHC単気筒エンジンは中域からのシャープな吹け上がりが魅力。スポーツバイクらしい爽快な走りを実現する。

サイレンサーはスポーティなブラック仕上げ。プレチャンバーを備えるおかげで、サイズ自体も非常にコンパクトだ。

WP製倒立フロントフォークにバイブレ製ラジアルマウントキャリパー+ Φ300mmローターの組み合わせ。ABS も標準装備だ。

画像: 試乗車の装着タイヤはミシュランのロード5。リアサスはサスペンションストローク150mmを確保している。

試乗車の装着タイヤはミシュランのロード5。リアサスはサスペンションストローク150mmを確保している。

画像: このクラスとしては豪華なLEDヘッドライト。特徴的な縦2分割デザインは、KTMの共通イメージだ。

このクラスとしては豪華なLEDヘッドライト。特徴的な縦2分割デザインは、KTMの共通イメージだ。

TFT液晶のフルカラーメーターパネルを採用。ABSは2モードを選択可能で、ブルートゥースでスマホやインカムとのペアリングもできる。

シートは独立したデザインのセパレートタイプタイプで、滑りにくい表皮を採用。前端部の絞り込みも絶妙で、足つき性の向上に貢献。

画像: ユニークなヘッドライトと対をなすかのようにデザインされたテールランプはLED。ウインカーもLEDを使用している。

ユニークなヘッドライトと対をなすかのようにデザインされたテールランプはLED。ウインカーもLEDを使用している。

KTM「125 DUKE」主なスペック・価格

全長×全幅×全高NA
ホイールベース1357mm±15.5mm
最低地上高175mm
シート高830mm
車両重量139kg(乾燥)
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量124.7cc
ボア×ストローク58×47.2mm
圧縮比12.8
最高出力11kW(15PS)/10000rpm
最大トルク12N・m(1.2kgf・m)/6700rpm
燃料タンク容量13.4L
変速機形式6速リターン
キャスター角65゜
トレール量95mm
タイヤサイズ(前・後)110/70ZR17・150/60ZR17
ブレーキ形式(前・後)Φ300mmディスク・Φ230mmディスク
メーカー希望小売価格53万9000円(消費税10%込)

This article is a sponsored article by
''.