「どこまでも走りたい」「山岳路でも自由にマシンを扱いたい」というライダーの要望に応え、長距離ツーリングをスポーティで快適に楽しめることを目指して開発された、スズキのスポーツアドベンチャー・Vストロームシリーズ。その最上級モデル「Vストローム1050/XT」の2021年モデルが3月16日に発売された。

スズキ「Vストローム1050XT」「Vストローム1050」2021年モデルの概要

画像: SUZUKI V-Strom1050XT ABS (2021年モデル) 総排気量:1036cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒 シート高:850mm 車両重量:247kg 発売日:2021年3月16日 メーカー希望小売価格:税込151万8000円

SUZUKI V-Strom1050XT ABS
(2021年モデル)

総排気量:1036cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
シート高:850mm
車両重量:247kg
発売日:2021年3月16日
メーカー希望小売価格:税込151万8000円

画像: SUZUKI V-Strom1050 ABS (2021年モデル) 総排気量:1036cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒 シート高:855mm 車両重量:236kg 発売日:2021年3月16日 メーカー希望小売価格:税込143万円

SUZUKI V-Strom1050 ABS
(2021年モデル)

総排気量:1036cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
シート高:855mm
車両重量:236kg

発売日:2021年3月16日
メーカー希望小売価格:税込143万円

弟分の「Vストローム650XT」と共通したイメージの、往年のパリダカマシン・DR-BIGをモチーフにした個性的なスタイリング。余裕のあるポジションをはじめ、高さを調整できる大きなウインドスクリーン、20Lという大容量燃料タンクなど、ツーリングでの使い勝手の良さも追求したもの。

熟成を重ねてきた1036cc水冷Vツインは、Vツインらしい乗り味と低中速域での力強さを備え、優れた燃費性能を実現した。3段階の出力特性を選択できるSDMSやトラクションコントロールなどのデバイスも搭載。このエンジンを積むアルミフレームに、KYB製の前後サスを装着して快適かつ爽快な乗り心地とするとともに、タンデムや荷物の量、路面状況に合わせた細かなセッティングを行うことも可能だ。

スタンダードな「Vストローム1050」がキャストホイール、上級モデルの「Vストローム1050XT」がスポークホイールという点は650と同様。さらに「Vストローム1050XT」には、長時間の高速走行には必須のクルーズコントロールをはじめ、安定性や安全性を高めるモーショントラックブレーキ、コンビネーションブレーキも採用。12V電源ソケット、シート高調整機能、センタースタンド、ナックルカバーなど、装備の充実が図られている。

画像: V-STROM 1050/XT 公式映像(カラーは2020年モデル) www.youtube.com

V-STROM 1050/XT 公式映像(カラーは2020年モデル)

www.youtube.com

スズキ「Vストローム1050XT」2021年モデル カラーバリエーション・価格

「Vストローム1050/XT」の2021年モデルは、諸元や価格などは従来通りで、カラーリングのみが新しくなった。「Vストローム1050XT」は「チャンピオンイエローNo.2/グラススパークルブラック」、「ブリリアントホワイト/グラスブレイズオレンジ」、「オールトグレーメタリック No.3/グラススパークルブラック」、「グラススパークルブラック」の4色が用意され、税込価格は151万8000円。

画像: Vストローム1050XT(チャンピオンイエローNo.2/グラススパークルブラック)

Vストローム1050XT(チャンピオンイエローNo.2/グラススパークルブラック)

画像: Vストローム1050XT(ブリリアントホワイト/グラスブレイズオレンジ)

Vストローム1050XT(ブリリアントホワイト/グラスブレイズオレンジ)

画像: Vストローム1050XT(オールトグレーメタリック No.3/グラススパークルブラック)

Vストローム1050XT(オールトグレーメタリック No.3/グラススパークルブラック)

画像: Vストローム1050XT(グラススパークルブラック)

Vストローム1050XT(グラススパークルブラック)

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: スズキが「Vストローム1050XT」「Vストローム1050」の2021年モデルを発売! ニューカラーを採用、XTは4色の設定に
    チャンピオンイエローNo.2/グラススパークルブラック
  • 画像2: スズキが「Vストローム1050XT」「Vストローム1050」の2021年モデルを発売! ニューカラーを採用、XTは4色の設定に
    ブリリアントホワイト/グラスブレイズオレンジ
  • 画像3: スズキが「Vストローム1050XT」「Vストローム1050」の2021年モデルを発売! ニューカラーを採用、XTは4色の設定に
    オールトグレーメタリックNo.3/グラススパークルブラック
  • 画像4: スズキが「Vストローム1050XT」「Vストローム1050」の2021年モデルを発売! ニューカラーを採用、XTは4色の設定に
    グラススパークルブラック
  • 画像5: スズキが「Vストローム1050XT」「Vストローム1050」の2021年モデルを発売! ニューカラーを採用、XTは4色の設定に
    チャンピオンイエローNo.2/グラススパークルブラック
    27
    144
  • 画像6: スズキが「Vストローム1050XT」「Vストローム1050」の2021年モデルを発売! ニューカラーを採用、XTは4色の設定に
    ブリリアントホワイト/グラスブレイズオレンジ
    28
    147
  • 画像7: スズキが「Vストローム1050XT」「Vストローム1050」の2021年モデルを発売! ニューカラーを採用、XTは4色の設定に
    オールトグレーメタリックNo.3/グラススパークルブラック
    25
    131
  • 画像8: スズキが「Vストローム1050XT」「Vストローム1050」の2021年モデルを発売! ニューカラーを採用、XTは4色の設定に
    グラススパークルブラック
    19
    102

投票ありがとうございました!

スズキ「Vストローム1050XT」2021年モデル カラーバリエーション・価格

「Vストローム1050」には、「グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド」と「グラススパークルブラック」の2色が用意され、税込価格は143万円。

画像: Vストローム1050(グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド)

Vストローム1050(グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド)

画像: Vストローム1050(グラススパークルブラック)

Vストローム1050(グラススパークルブラック)

【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像9: スズキが「Vストローム1050XT」「Vストローム1050」の2021年モデルを発売! ニューカラーを採用、XTは4色の設定に
    グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド
  • 画像10: スズキが「Vストローム1050XT」「Vストローム1050」の2021年モデルを発売! ニューカラーを採用、XTは4色の設定に
    グラススパークルブラック
  • 画像11: スズキが「Vストローム1050XT」「Vストローム1050」の2021年モデルを発売! ニューカラーを採用、XTは4色の設定に
    グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド
    74
    186
  • 画像12: スズキが「Vストローム1050XT」「Vストローム1050」の2021年モデルを発売! ニューカラーを採用、XTは4色の設定に
    グラススパークルブラック
    26
    66

投票ありがとうございました!

スズキ「Vストローム1050XT」「Vストローム1050」主なスペック

※( )内はVストローム1050

全長×全幅×全高2265×940×1465mm(2265×870×1515mm)
ホイールベース1555mm
シート高850mm (855mm)
車両重量247kg (236kg)
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
総排気量1036cc
ボア×ストローク100×66mm
圧縮比11.5
最高出力106PS/8500rpm
最大トルク10.1kgf・m/6000rpm
燃料タンク容量20L
変速機形式6速リターン
タイヤサイズ(前・後)110/80R19・150/70R17
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・ディスク

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.