2020年末にCRF250Lとともにフルモデルチェンジを遂げたCRF250ラリー。かねてからツーリングバイクとして評価が高かったが、新型はさらに魅力を増している。CRF250Lとのちがいも含め、解説しよう。

ホンダ「CRF250ラリー」インプレ(太田安治)

画像: Honda CRF250RALLY (左) 総排気量:249cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒 シート高:830mm/〈s〉は885mm 車両重量:152kg 発売日:2020年12月17日 メーカー希望小売価格:税込74万1400円 ※(右)はCRF250L(税込59万9500円)

Honda CRF250RALLY(左)

総排気量:249cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
シート高:830mm/〈s〉は885mm
車両重量:152kg

発売日:2020年12月17日
メーカー希望小売価格:税込74万1400円

※(右)はCRF250L(税込59万9500円)

圧倒的なクルーズ性能を身につけた新型ラリー

オフロード性能を高めたCRF250Lと〈s〉に対し、ラリーではツーリング性能を意識した変更点が目立つ。特徴的な大型燃料タンクは前モデルのラリーから2.7Lも増やした12.8L容量。WMTCモード燃費が34.8㎞/Lだから、満タンで約445km走れる計算。ガソリンスタンドの数が減少し続けている現在、この航続距離はツーリングライダーに大きな安心感を与える魅力のひとつだ。

画像1: ホンダ「CRF250ラリー」インプレ(太田安治)

ラリーとLでは、高速道路クルージングの快適性にかなりの差がある。ラリーはハンドルバー内にウエイトを内蔵し、ステップもラバー付き。シートは座面を幅広・肉厚にし、さらにシートレールと接する部分にラバー製クッションを入れ、ライダーに伝わる振動を大幅に少なくしている。加えてウインドスクリーンとナックルガードの防風効果も大きく、120km/h以下のクルージング快適性はオフ車とは思えないほど高い。

フロント回りの重量が増え、車重も12kg重いのでオフロードでの運動性はLにかなわないが、それでもツーリング中に遭遇するダートを走るには充分過ぎる走破性だ。

画像2: ホンダ「CRF250ラリー」インプレ(太田安治)

聞いたところによると、Lとラリーそれぞれにスタンダードと〈s〉があり、合計4タイプから選べる国は日本だけらしい。それだけに車種選択は悩ましい。オフロード適性を最優先するならLの〈s〉、ツーリングならラリーが基本だが、荷物満載のキャンプツーリングなら、サスペンションの沈み込みを見越して、〈s〉という選択もアリ。

僕のように、街乗りと高速道路通勤がメインで、ときどき林道トレッキング、という使い方なら、シートが低くて乗り降りしやすく、ダートでベタベタ足を着けるスタンダードのLは魅力的。価格や重量も考えたらLが有力候補だが、Lにラリー用の大型タンクが付けば理想的。日帰りツーリングなら無給油で済み、林道トレッキングも気軽に楽しめるからだ。

画像: ダカールラリーを制したワークスマシン・CRF450ラリーをイメージした独特のフロントマスクは継承。ヘッドライトはLED。

ダカールラリーを制したワークスマシン・CRF450ラリーをイメージした独特のフロントマスクは継承。ヘッドライトはLED。

ホンダ「CRF250ラリー」主なスペックと価格

※ 《 》内は〈s〉タイプ

全長×全幅×全高2200×920×1355《2230×920×1415》mm
ホイールベース1435《1455》mm
最低地上高220《275》mm
シート高830《885》mm
車両重量152kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量249cc
ボア×ストローク76.0×55.0mm
圧縮比10.7
最高出力18kW(24PS)/9000rpm
最大トルク23N・m(2.3kgf・m)/6500rpm
燃料タンク容量12L
変速機形式6速リターン
キャスター角27゜30'
トレール量109mm
タイヤサイズ(前・後)80/100-21M/C 51P・120/80-18M/C 62P
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格74万1400円(消費税10%込)

This article is a sponsored article by
''.