2020年11月に北米・欧州で先行発表されてからおよそ3カ月半、いよいよ日本でもホンダ「レブル1100 DCT」が2021年3月11日に発売! 5月13日に発売されるMT車と合わせて、特徴を紹介する。

ホンダ「レブル1100」「レブル1100 DCT」はコンパクト

画像: Honda Rebel 1100/Rebel 1100 Dual Clutch Transmission 総排気量:1082cc エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒 シート高:700mm 車両重量:223kg(DCTは233kg) 発売予定日:2021年3月11日(MTは5月13日) メーカー希望小売価格:税込110万円(DCTは121万円)

Honda Rebel 1100/Rebel 1100 Dual Clutch Transmission

総排気量:1082cc
エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒
シート高:700mm
車両重量:223kg(DCTは233kg)

発売予定日:2021年3月11日(MTは5月13日)
メーカー希望小売価格:税込110万円(DCTは121万円)

レブルシリーズの魅力をリッタークラスでも体現

レブル250と500が大ヒットしている中で、満を持して登場する期待の「BIGレブル」がこのレブル1100シリーズだ。

軽量・コンパクトなボディが生み出す軽快なフットワークで、肩肘張らずに自由なスタイルで走りを楽しめるのがレブルの魅力。250、500ともにその自由さが大ヒットの理由でもあったが、今回の1100は見事なまでにそのコンセプトをリッタークラスに持ち込んでいる。

まず、実車が非常にコンパクトだ。さすがに押し歩きではリッターバイクなりの重さはあるが、サイズは250や500に近い印象だし、シンプルでクール、ある意味そっけなくもあるスタイリングも踏襲。「もっと大きい排気量のものがあったらいいのに」と思っていたライダーにはドンピシャの1台だろう。

DCT仕様車から先行して2021年3月11日に発売、スタンダード(MT車)は5月13日の発売予定だ。

実車を見て触れて感じた第一印象(太田安治)

画像: 実車を見て触れて感じた第一印象(太田安治)

レブルらしい軽快なフットワークにも期待

見慣れたレブルのルックスだが、近づくと大型車らしい重厚感が漂っている。かといってこれ見よがしな主張はない。レブル1100はある意味異色のオートバイだ。

車重は223kgあるが、ハンドルに力を入れやすく、押し歩きは意外に軽い。キャスター角が寝かされているクルーザーとは異なり、小回り時にハンドルが内側に切れ込む挙動も出ないから、市街地やタイトターンの続く峠道も楽々と走れるはず。

グリップヒーターとETC車載器が標準装備で、各種電子制御も備えているとなれば長距離ツーリングも快適。タンク容量と燃費データを見ると計算上の航続距離は約240km。個人的には最低300kmは走って欲しいが、実際はどうなのかも興味深い。

「レブル1100」シリーズ 足つき性・ライディングポジション

シート高:700mm
ライダーの身長:163cm

画像1: 「レブル1100」シリーズ 足つき性・ライディングポジション

積極的にオートバイを操れるオーソドックスなポジションだが、もう少しハンドル位置が手前にあれば小柄なライダーでも腕が伸びきらずに済みそう。シート高はレブル250より10mm高いだけなので足着き性は抜群にいい。

画像2: 「レブル1100」シリーズ 足つき性・ライディングポジション

「レブル1100」「レブル1100 DCT」主なスペック&価格

※《 》内はDCT仕様車

全長×全幅×全高2240×850《830》×1115mm
ホイールベース1520mm
最低地上高120mm
シート高700mm
車両重量223《233》kg
エンジン形式水冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒270°クランク
総排気量1082cc
ボア×ストローク92×81.4mm
圧縮比10.1
最高出力64kW(87PS)/7000rpm
最大トルク98N・m(10.0kgf・m)/4750rpm
燃料タンク容量13L
変速機形式6速リターン《6速DCT》
キャスター角28゜
トレール量110mm
タイヤサイズ(前・後)130/70B 18M/C・180/65B 16M/C
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク

文:太田安治、オートバイ編集部/写真:南 孝幸/モデル:国友愛佳

This article is a sponsored article by
''.