「GSX-S125 ABS」の2020年モデルが2/27に登場!

スズキのスポーツネイキッドGSX‐Sシリーズのエントリーモデルとなる原付二種バイク「GSX-R125 ABS」の2020年モデルが2月27日から発売されました!

画像: 「GSX-S125 ABS」の2020年モデルが2/27に登場!

「ハザードスイッチ」が追加され「メーター表示」も視認性の高いものに!

2020年モデルの「GSX-S125 ABS」はカラーリングが新しくなった他、これまでなかった「ハザードスイッチ」が追加され、「メーター表示」もより見やすいものに変更されました。

スペックについてはこれまでと大きな変更はありませんが、スズキのスポーツバイク「GSX-S」シリーズの技術を投入した高出力の124ccエンジンと、軽量でコンパクトな車体で、街乗りからワインディングまで幅広く楽しめる原付二種スポーツバイクになっています。

GSX‐Sシリーズ共通のイメージとなる低く構えたアグレッシブなスタイリングで、前後に17インチの大径ホイールと花弁形状のブレーキディスクを備えています。

また、ワンアクション式シャッター付ステアリングロックや、ABSを標準装備し、兄弟モデルに負けないほどのマシンクオリティです。

ボタンを押し続けなくてもセルが回る「スズキイージースタートシステム」

画像: エンジン始動はセルボタンを押し続けなくてもワンプッシュで始動が可能になる「スズキイージースタートシステム」を装備。エンジンがかかると、ECM(Engine Control Module)が始動状況を認識してスターターモーターを止める仕組みになっています。

エンジン始動はセルボタンを押し続けなくてもワンプッシュで始動が可能になる「スズキイージースタートシステム」を装備。エンジンがかかると、ECM(Engine Control Module)が始動状況を認識してスターターモーターを止める仕組みになっています。

2020年モデルは「タイタンブラック 」「トリトンブルーメタリック」の2カラーがラインアップされ、価格は据え置きの36万800円(税込)です。

タイタンブラック

画像1: タイタンブラック (YVU)

タイタンブラック (YVU)

画像2: タイタンブラック (YVU)

タイタンブラック (YVU)

トリトンブルーメタリック

画像1: トリトンブルーメタリック(YSF)

トリトンブルーメタリック(YSF)

画像2: トリトンブルーメタリック(YSF)

トリトンブルーメタリック(YSF)

【主なスペック】
全長×全幅×全高 2000×700×1035㎜
ホイールベース 1300㎜
最低地上高 165㎜
シート高 785㎜
車両重量 133kg
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
排気量 124cc
最高出力 15PS/10000rpm
最大トルク 1.1kg-m/8000rpm
ボアストローク 62×41.2㎜
圧縮比 11.0:1
燃料供給 FI
タンク容量 11L
キャスター/トレール 25°30′/93㎜
ミッション 6速リターン
ブレーキ前・後 シングルディスク/シングルディスク
タイヤ前・後 90/80-17/130/70-17
車両価格:36万800円(税込)
発売日:2020年2月27日

「GSX-S125 ABS」あなたはどのカラーがお好きですか?

「もし乗るならこっち!」と思ったカラーをお選びください。
回答後、みなさんの集計結果をご覧いただけます。
このアンケートはオリジナルサイトで参加できます。

  • 画像1: スズキ「GSX-S125 ABS」がマイナーチェンジ! 街乗りからスポーツランまで楽しめる原付二種ネイキッドが2月27日発売
    タイタンブラック
  • 画像2: スズキ「GSX-S125 ABS」がマイナーチェンジ! 街乗りからスポーツランまで楽しめる原付二種ネイキッドが2月27日発売
    トリトンブルーメタリック
  • 画像3: スズキ「GSX-S125 ABS」がマイナーチェンジ! 街乗りからスポーツランまで楽しめる原付二種ネイキッドが2月27日発売
    タイタンブラック
    63
    318
  • 画像4: スズキ「GSX-S125 ABS」がマイナーチェンジ! 街乗りからスポーツランまで楽しめる原付二種ネイキッドが2月27日発売
    トリトンブルーメタリック
    37
    190

投票ありがとうございました!

スズキ二輪公式ホームページ

スズキ「GSX-S125 ABS」の関連記事はこちら

スズキの関連記事はこちら

This article is a sponsored article by
''.