2020年モデルはヘッドライトにポジションランプを搭載!

画像: 2020年モデルはヘッドライトにポジションランプを搭載!

2月6日(木)、ヤマハが水冷・4ストローク・DOHC・並列3気筒・4バルブ・845ccエンジンを搭載するロードスポーツモデル「XSR900 ABS」のマイナーチェンジを発表しました。

発売日は2020年2月25日(火)。メーカー希望小売価格は106万1500円です。

この2020年モデルは、ポジションランプを追加したヘッドライトの採用。さらにカラーバリエーションにホワイトが新登場しました。

ラジカルホワイト(ホワイト)

「ラジカルホワイト」をベースに塗装塗り分けによるレッドとブラックの鮮やかなラインをあしらい、1980年代に人気を博したスポーツモデルのイメージを再現しています。

なお「マットグレー」のカラーリングを継続して販売されます。

マットグレーメタリック3(マットグレー)

画像: マットグレーメタリック3(マットグレー)

【アンケート】2色の「XSR900 ABS」あなたはどっち派?

画像9: マイナーチェンジをとげたヤマハ「XSR900 ABS」が2月25日発売! 1980年代をイメージさせる新色が登場

乗りたい! と思ったカラーをポチっとお選びください。
回答後、集計結果をご覧いただけます。
このアンケートはオリジナルサイトで参加できます。

  • 画像10: マイナーチェンジをとげたヤマハ「XSR900 ABS」が2月25日発売! 1980年代をイメージさせる新色が登場
    新色:ラジカルホワイト(ホワイト)
  • 画像11: マイナーチェンジをとげたヤマハ「XSR900 ABS」が2月25日発売! 1980年代をイメージさせる新色が登場
    マットグレーメタリック3(マットグレー)
  • 画像12: マイナーチェンジをとげたヤマハ「XSR900 ABS」が2月25日発売! 1980年代をイメージさせる新色が登場
    新色:ラジカルホワイト(ホワイト)
    74
    1110
  • 画像13: マイナーチェンジをとげたヤマハ「XSR900 ABS」が2月25日発売! 1980年代をイメージさせる新色が登場
    マットグレーメタリック3(マットグレー)
    26
    394

ご回答ありがとうございました!

また数時間後にご覧いただくと、集計数が増えていて、人気が分かりやすくなりますよ!

YAMAHA XSR900 ABS 主なスペックと価格

全長×全幅×全高2075×815×1140mm
ホイールベース1440mm
最低地上高135mm
シート高830mm
車両重量195kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
総排気量845cc
ボア×ストローク78.0×59.0mm
圧縮比11.5
最高出力85kW(116PS)/10000rpm
最大トルク87N・m(8.9kgf・m)/8500rpm
燃料タンク容量14L
変速機形式6速リターン
キャスター角25.00゜
トレール量103mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17M/C (58W)・ 180/55ZR17M/C (73W)
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格(消費税10%込)106万1500円

ヤマハ XSR900 2019年モデルのカラー情報

ヤマハ XSR900 試乗インプレ(宮崎敬一郎)

【写真コラム】ヤマハ XSR900(カメラマン柴田直行)

EICMA2019に登場したXSR900も渋い!

タイでは「XSR155」もラインナップ

This article is a sponsored article by
''.